木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ひたすら走る | main | 秋ちかし >>
記憶から消える景色・消えない景色

三十年前のアメリカ旅行を思い出してよみがえってくる景色、人々はアジア旅行のそれにくらべて淡白な印象があります。どこを走っても同じような景色がでてくるからでしょう。時間をさらにさかのぼった子供のときに見た景色でも鮮明によみがえってくるものがあります。

旅行記録はまだ見つかっていませんが、みつかって読み直したところでさして面白いことはみつからないかもしれません。

あたらしい世界に飛び込んだ瞬間の印象は強いものですが、そのあとに同じような時間が過ぎていくと記憶にもとどまらない。淡々とすぎていく時間のなかにあるというのは退屈なことでもあり、ありがたいことでもあります。



| おのまのプロフィール | ’70年 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:13 | - | - |
http://onomar.jugem.jp/trackback/403
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters