木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< コメコメ@コメコメ@ウチナンチュの皆様 なんで・・・・ | main | ゲンキー記・動画&茶髪 >>
鳩山由紀夫を招いた顔ぶれが分かった
五月十五日に「ウチナンチュの皆様、なんで鳩山由紀夫を招いたのですか」というブログを書いたその日のうちにどういう人たちが彼を招いたのかが少し分かった。すぐにそのことを書き始めたのだが思いもかけずコメントを頂いたのでそちらへのコメコメを先にした。

ただいま当地時間は五月二十一日、十五日に書き始めたブログの続きを終わらせる。


「ウチナンチュの皆様、なんで鳩山由紀夫を招いたのですか」というブログを書いたが、鳩山を懇談会に招いた顔ぶれが分かった。大した話ではないが小さな疑問が晴れたので書いておきたい。


かつて「噂の眞相」という雑誌があった。1979年から2004年まで続いた雑誌であるが、その名から察するに、芸能界のスキャンダルでも売り物にしているのだろうとおのまは手にしたことがなかった。

2005年「噂の眞相 25年戦記」(岡留安則・集英社新書)という本がでた。岡留安則は「噂の眞相」の発行人・編集長である。

雑誌がスキャンダルを売り物にしていたことはそうであるのだが、それは芸能界にとどまらず官界、政界、メディア界も対象したとある。

たとえば、佐藤栄佐久(前福島県知事)に対する収賄疑惑事件で佐藤栄佐久の弁護人になっている宗像紀夫弁護士が検察特捜部長時代にパチンコ業者からゴルフ接待や赤坂の韓国クラブや銀座の高級クラブで接待されていたり、ベトナム観光に行ったというスキャンダルを暴いたという。佐藤栄佐久の弁護人として宗像紀夫が適格なのだろうかと疑問に思っているおのまとしては「噂の眞相」の記事を読みたいと思った。神田の本屋街にいくたびに探している。


「噂の眞相」を休刊にしたその年沖縄に移住した岡留安則はほどなく「東京ーアジアー沖縄 幻視行日記」というブログサイトを始めた。

一週間に一、二度更新される岡留のブログは読み応えがあり、ときどきおのまはトラックバックしており、今までのところすべてが公開されている。

http://okadome.cocolog-nifty.com/blog/

「東京ーアジアー沖縄 幻視行日記」 の記事を中心とした「沖縄から撃つ!」という本が2011年10月に集英社から発売されている。2009年6月から2011年4月までのブログが中心になっている本ゆえ、岡留の沖縄に対する知見が深化していく様がわかり面白い。
 

以上は岡留安則についての簡単な紹介である。話を元にもどす。

五月十五日、鳩山由紀夫を懇談会に招いたひとりが岡留安則であった。五月十六日付「東京ーアジア・沖縄 幻視行日記」の抜粋を以下に貼る。

5・15で、復帰式典に来賓として招待された鳩山由紀夫元総理に式典前に時間を取ってもらい、沖縄の有識者懇談会ともいうべき、内輪の懇談会を開いた。喜納昌吉元参議院議員が鳩山氏に声をかけ、その人選と司会・進行は筆者が務めた。

沖縄の新聞社幹部、大学教授、文化人、企業人ら20名程度で、鳩山氏が普天間基地の県外・国外移設を掲げたにも関わらず、その後挫折したいきさつ、普天間問題や民主党の現状を本人から直接聞こうという試みである。

建前上はオフレコなので詳しくは書かないが(苦笑)、鳩山氏自身が「自分は政治家に向かない」と語るように、実直な人柄だった。

なぜ、最初から県内移設で突っ走った北沢俊美氏を防衛大臣に起用したのか。米軍基地抑止論を言い始めたのは岡本行夫氏の影響ではないか。東アジア共同体を掲げたことで、米国から圧力を直に受けたことはないのか、などの真意を聞いた。鳩山氏は今でも普天間基地の県外移設は正しかったが、私の力が及ばなかったということを率直に詫びていた。

鳩山氏に対する大手メディアの論調は一様に批判的だが、少普天間基地の県外・国外移設を堂々と主張した総理は初めてである。


上のブログから岡留安則の鳩山由紀夫に対する評価は判然としない。

普天間基地の県外・国外移設を堂々と主張した総理は初めてであると書いているが、それをもって鳩山由紀夫を高く評価しているということでもないのであろうと思う。

普天間基地の移転先は国外、県外と主張していたころの鳩山由紀夫を岡留安則と同様、おのまは評価していたが、あるひ突然変節、知れば知るほど海兵隊は抑止力、日米合意尊重と言って職を放り投げた瞬間に鳩山由紀夫の欺瞞性が分かったし、二年たった今、わずか二十名という小さな懇談会とはいえ、臆面もなく「最低でも県外という気持ちを果たさなければ(ならない)」と言ってのけたことをもって鳩山由紀夫の救いがたさを再認識させられた。

岡留安則はジャーナリストに欠かせないバランス感覚があって、あるいは鳩山由紀夫本人に接して武士の情けのような気分が生じて、書かなかったことがあるのだろうとおのまは推測している。

185
| おのまのプロフィール | 沖縄 | 02:11 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:11 | - | - |
お久しぶりです。私は鳩山さんについては執行猶予付き有罪で許したいと思います。鳩山さんのちゃぶ台返し発言で結局、現実は辺野古の実現は遥か遠くになりました。また、あの当時の騒動で米軍のグアム移転計画が本当にあったのだということが周知され、実際に動き始めてきました。これも、辺野古移転したい人々にとってはひた隠しにしておきたかった情報だったと思います。鳩山さんの変節罪は重いけれども功の部分は今、生きている部分もあろうかと思います。
 ただし、仰せの通り、私も鳩山さんの変節と言い訳に大変失望しました。おもえば、民主党が骨抜きになった瞬間でしたね。屋台骨さえ変節させてしまえば、後はご覧の通りの変節大将ばかりと成り果てましたから。約束したことを曲げない政治を期待し民主党に入れたのに、いまでは約束は守らないけど税を重くする民主党ですから。つくづく、あのとき、鳩山さんには負けないでほしかった。
| ドクトル硝子 | 2012/05/24 8:34 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/4006
「谷垣サン・・会期終了後に、内閣改造・・副総理で入閣ってことで・・お互い手を打ちませんか?」 ド〜ジョウもない野田
昨日の・・金環日食。 テレビでご覧になったかたも多いでしょうし・・ 「直接見たよ!」ってかたも・・ 相当いらっしゃるかも知れません。 気弱な地上げ屋? 地上げ屋ってのは・・ですね。 日陰な商売ですよ。 言っ...
| ラ・ターシュに魅せられて | 2012/05/24 6:34 PM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters