木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 映画・Village | main | めまいの特効薬? >>
ブルージェイの気持ち
木の枝にぶらさげた餌箱は小さいし、揺れるのでブルージェイはとまるのに苦労しています。そこで直径二十センチ、深さ五センチほどの竹かごをバルコニーの手すりに紐でくくりつけ、ブドウパンのちぎったのをいれておきました。ブルージェイが気が付くまでの時間は三日。

今日、バルコニーで本を読んでいると、やってきました。ブルージェイと私の距離はわずか数十センチです。ギャ-ギャ-という悪声だけではなく、やさしくかたりかけるような、うたいかけるような声でなくこともあります。餌をくれたことに対するお礼を言っているようでもあります。

かごに止まってそのまま食べたり、足場のよい屋根や木の枝までパンくずを運んだりします。木の枝から戻ってきたブルージェイは私の真上の屋根にとまり、なにかしているなと思っていると、目の前に苔のかたまりが落ちてきました。樋のなかにある苔をついばんで落としたのです。

はてさて、どうしてそういうことをするのだろう。ははあ、もしかするとお返しのつもりかなとおとぎ話のようなことを考えました。と、ブルージェイは手すりの右端に舞い降り、ギャ-ギャ-なきながら数メートルをピョンピョン跳びながら目の前まできました。今度はダンスをみせてくれたか、と思ったのですが、いやまてよ、そうではない、餌を食べるのだからお前そこをどけということかもしれないと気づきました。そうするとさっきの苔はいやがらせの爆弾だ。

はたしてどちらがブルージェイの気持ちなのか。いずれにせよ、本を読んでいる私を恐れていないのは確かで、面白いことになってきました。
| おのまのプロフィール | | 15:42 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:42 | - | - |
http://onomar.jugem.jp/trackback/4
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters