木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 沖縄考 13 シークヮーサー | main | 沖縄考 14 本土決戦 >>
家にへいる

あいもかわらず、更新遅れ。ただいまは五月九日(水)あさ九時。


今シーズンの雷鳥山スキー場は四月二十九日で終わる予定だったのが、雪があるあいだは週末のふつかリフトを動かすということになった。

四月十五日で閉じたシーモアのにべのなさに比べて雷鳥山はとても良い。状況に合わせて融通無碍、臨機応変にきまりごとを変えるのは良いことなのだ。それは女は愛嬌ますます美人に通じるようなことである。それがないのが日本の官僚・・・という話はやめよう。


ウィスラーまで遠征しないと週日は滑れなくなったので、そのぶん庭仕事に時間を割くようになった。花の気配のない所がたくさんあるから、新しい土を入れたり、種をまいたり、花を買ってきたり、移植したりしている。

けさは六時に目が覚めて、ウィスラーに行こうか、八時に出発すれば十時始発のゴンドラに乗れる、どういう雪だろうかなどと暫しのあいだ考えていたのだが、結局は庭仕事をやろうということになった。頭の中に松葉菊(マツバギク)が浮かんだ。


藤沢時代、わがやの主庭・八歩園の道路際には松葉菊が大きく育っていた。八歩園・・・道と家の間が歩いて八歩。

季節が来て咲くのは赤い花で、じっと見ていると目が痛くなる鮮やかな赤であった。バンクーバーであれほど鮮やかな赤い花が咲くとは思わないが、また松葉菊を育ててみようと数年前に買って地植えしたがほどなく枯れた。

ウィスラー行きをやめたのだから今度は育つだろう・・・とまったく根拠のないことを思いつつ、五月一日に整えた所やブルバードに松葉菊が拡がっていく様を想像した。


五月一日、土を整えていたら、急にパタパタパタという音が聞こえた。なんだろうと立ち上がると音が向かいの家からきているのが分かった。二階にあるバルコニーを覆っている半透明の屋根がパタパタパタと鳴っている。

そう思った途端、顔にパチパチと衝撃が走った。小指の爪ほどの雹(ひょう)が降ってきたのだった。家からカメラを持ってきてパチリ。



おい、はっつぁん、そんなに急いでどうしたんだい

ごいんきょさん、雹が降ってきたので、家にヘイルんです



雹(ひょう)と霰(あられ)とはどう違うのだろうか。

霰(あられ)=主に秋や冬に降る、白色不透明な小さい氷のかたまり。水蒸気が空中で凝結する時生ずる、雨と雪との中間状態のもの。

雹(ひょう)=積乱雲から振ってくる氷塊。主として雷雨に伴って降り、大きさは豆粒ないし鶏卵ほど。夏季に多く、畑作物や家畜に害を与える。

広辞苑

手元の簡易和英辞典をみたら、霰も雹も hail 、hailstone とでてきた。

201


表にでると冷たい風が吹いていた。かなり強い風である。庭仕事はあとにして、しばらくブログの更新に精をだそうか・・・

雪山の 雪思いつつ ブログ書く

う〜ん、駄作だ

| おのまのプロフィール | 植物 | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:49 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/3993
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters