木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< インストラクター・オノマスキーのABC ポールは要らない | main | インストラクター・オノマスキーのABC オガサカ >>
インストラクター・オノマスキーのABC 課外授業


四月一日、女は愛嬌ますます美人のみいたんは生まれて初めて屋根の上にのぼりご機嫌だった。



しかし屋根の上にいてもスキーの鍛錬にはならない。加納川こと蚊の小川ことMosquito Creekのほとりを散歩することにした。


もっと屋根の上にいたかったみいたんはご機嫌斜めである。



みいたんを散歩に連れ出すのは四年ぶりである。



あのときはよちよち歩きだったのと風邪気味だったのとですぐに散歩を切り上げた。今回はスキーの課外授業。不足している脚力の強化が目的。さいごまで歩かせるつもり。

http://onomar.jugem.jp/?day=20080326



四年前は上るのに一分かかった階段をさっさと降りた。



登り坂である。



おもしろくない。



歩くだけのことだから面白いはずもない。面白くないと不美人になる。


子供のころに習ったことを思い出した。

目的地にできるだけ早く着くにはどうすれば良いか。

走ればよい。

しかし走り続けるとすぐに疲れる。

疲れないためにはどうするか。

十歩走る⇒十歩あるく⇒十歩走る⇒十歩あるく・・・

こうすれば歩くだけよりは早いし、また走るだけよりは疲れない。


ふつうに二十歩あるく⇒横になって = の形で二十歩あるく⇒足を外に開き  V の形であるく・・・を繰り返させた。

=の形であるくのも、V の形であるくのも、スキーをはいて雪の坂を上る練習になる。



スキーに役立つことがわかったみいたんは予定の行程をあるききった。



住宅街を通って帰った。

みいたんは曲がった小枝を拾い色々な空想をしながら歩いた。



鹿の角、釣り竿・・・

美人にもどった。

192

| おのまのプロフィール | スキー | 10:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:59 | - | - |
みいたんは本当に幸せな子ね。
末永くお幸せに!
| T | 2012/04/11 3:51 AM |

もっと屋根に登りたかったそうです
| おのま | 2012/04/12 8:07 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/3963
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters