木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 沖縄考 10 豊見城の丘にて | main | 沖縄考 11 コメコメ@桃玉菜 >>
沖縄考 11 自己正当化

昨日はブログを書きながらなにかおかしいと感じていた。今朝目が覚め、何がおかしいのかを考えた。何がおかしいか分かった。

「あのとき、僕はここで起きていたことを知らなかったんだよ」という声が「どうやら1945年初夏の自分の声らしい」というのがおかしいのである。

「あのとき・・・知らなかった」と言ったのはあのときの自分ではなく今の自分である。今の自分が1945年の自分は知らなかったと思ったということである。


昨日のブログは一種の自己正当化だったのではなかろうか。

七十になってようやく沖縄を訪れた自分、沖縄に対して何をすることもなく生きてきた自分。「あのとき、僕はここで起きていたことを知らなかったんだよ」とはそういう自分を正当化する言い訳ではなかろうか。

小学生のときにみた映画「ひめゆりの塔」から始まり、戦記や評論を通じて沖縄で起きたことを学んできた。それにも関わらず沖縄との関わりが希薄なまま今に至っている。慙愧に耐えないという思いを正当化するために「あのとき・・・」と思ったのではなかろうか。

「あのとき・・・」という声が聞こえてそれっきりだったのは、潜在意識がそれ以上の言い訳を恥じたからではなかろうか。涙がでたのは沖縄の過去を思っての涙ではなく、沖縄に対する自らの関わりかたに対する悔悟の涙だったのではなかろうか。

「あのとき・・・」から今に至るまでの自分の軌跡は自他、両者の力によってつくられたものであり、沖縄に対する関わりが希薄だったのはそれを自らが積極的に望んだからではないとも思う。しかし、映画や書物で沖縄の惨状を知っても尚それが自らを大きく動かさなかったことは恥じるのが良い。

203
| おのまのプロフィール | 沖縄 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:33 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/3954
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters