木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 日本のへたれ外交の例 | main | コキスキー #22 一月二十七日(金) 突如日がさす >>
コキスキー #22 一月二十七日(金) 太陽が踊る

二月十六日のブログから:

背中にあてた枕の位置をいろいろ変えてみました。腰、腰より上、肩甲骨・・・

肩甲骨より少し下に枕をあてると背筋が伸び、体が楽になり、呼吸が深くなりました。深くなった呼吸を続けているうちにどんよりしていた頭がすっきりしてきました。頭がすっきりするとスキーをしたいという意欲が湧いてきました。


一月二十七日(金) 

朝八時 くもり 零下五度

背中枕で心身ともにすっきりしています

八時十五分、トロントの松井夫妻、バンクーバー、シアトル、東京からのスキーヤー、そしておのまをいれて総勢八人がロッジの前に集合

松井夫妻のお嬢さんも来ているのですが前日からBFと一緒にヘリスキーにでかけている由

ちなみに今回のサンピークス行きは出発する前の日に急遽きめたので、予告もなく現れたおのまに前夜は松井さん夫妻が、そしてこの朝はバンクーバー組が驚いていました

八時三十分、「サンダンス」(太陽が踊る)というリフトにのりました。下図の黄色い矢印です



下の地図をご覧ください



緑の線は「五マイル」 全長八キロです。太陽が踊るにあるゲレンデは二キロ以上ありそうです

雪質良好、シーモア山のミステリーピークと同じくらいの斜度、たっぷりある距離、とても良いリズムで滑ることができ大満足です

おのまはずっと太陽が踊るで遊んでいたいと思いましたが、松井さんいわく、ここは足慣らし。下図の青、橙、青と計三本すべり次のゲレンデへ移ることになりました




トロントの松井一家と一緒に滑るのは六年ぶり。その時の写真です



六年前のブログ:

http://onomar.jugem.jp/?day=20060131
| おのまのプロフィール | スキー | 05:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:39 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/3913
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters