木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 本日の一枚 1 | main | 本日の一枚 2 @十二月二十五日 >>
林雨 終了

十年以上も前からおのまはトロントに住む平塚かずよさんが発行する雑誌・オーロラや経済紙・JCJに駄文を書いてきましたが、さきほど平塚さんから仕事をやめるというメールがきました。 

彼女は平塚らいてうの姪御さんかなにかにあたり、カナダに移住するまえは東京の大手メディアで働いていた人です。

一年ほど前、平塚さんからJCJ(ジャパンカナダジャーナル)を月に二度だす力がなくなったので辞めるつもりだという電話があったので、日本人が出しているカナダ専門の政治経済紙が他にないから困る企業もあるだろう、月二度発行を一度にしたらどうか、辞める前に購読者の意見を聞いたほうが良いとアドバイスしたことがあります。

一週間ほどたって、平塚さんから三井物産などに訊いたら同じようなことを云われたのでもう少し今のままでがんばってみるという電話がありました。

月にいちど電話やメールで原稿を依頼されては「林雨」を書くこと一年。そんなやりとりをしたことを忘れていたのですが、こんどは前触れもなく廃刊宣告。平塚さんの一本勝ち、鮮やかなものです。

かくいうおのまも十年ほど前、勤務していたコンサル会社の全世界の事務所に明日をもってトロント事務所を辞めるというメールを出して驚かれたことがあります。折り返し、いくつかの事務所から自分のところに来て欲しいというメールが来たのにはこちらが驚きました。

辞めることを誰にも知らせていなかったというわけではなく、辞める三年前、トロント事務所の幹部に一年ごとの契約に変えて欲しいと頼みこみ、半年前にはトロント事務所と東京事務所の数人が辞める日を知っていました。辞めても事務所が困らないように後継者グループを作っておいたのですが、後継者グループの日本人たちはびっくりしたものです。なんであれ人の営みはいずれ終わりがくるのです。



Sent:December 23, 2011.
Subject:JCJ. 12. 15.

小野 様
昨年末もご相談申し上げましたが、やはり体力的に限界が来ましたので、ご迷惑がかからないうちに本年末で辞めさせていただく決心をいたしました。JCJ,オーロラ共々、長年にわたりご購読、ご執筆いただき、お世話になり有り難うございました。当分休んで頭を冷やしたいと思います。最終号に原稿をお寄せいただいたことを厚く感謝申し上げます。

購読者の皆様へ
JCJ 終刊のごあいさつ
いつかは辞めなくてはならない、と考えながらこの2,3年仕事を続けて参りましたが、今年末を持ちまして弊誌JCJを終刊することになりました。

長年にわたり購読いただき有り難うございました。

1976年夏カナダに移民、同年10月1日にバイウィークリー、カナダ経済ニューズレター「日加ジャーナル」として創刊、1984年10月1日に「the Japan Canada Journal」に改名、2005年10月1日号から電子版に変わりました。その間カナダの経済、政治の動きを2週間単位で追ってきました。

終刊の理由は体力的な限界が来て、長時間集中的に仕事をすることが出来なくなり2週間単位の発行が困難になってきましたのでこれ以上遅延のご迷惑がかからないうちに辞めさせていただきたいと思ったからです。そういうわけで12月15日号を最後に終了させていただきます。12月15日号は今年発表分の経済指標と来年のカナダ経済予測を掲載した関係で発行が遅れました。

前払いで頂戴している購読料の残額は今年中に小切手で返済、精算させていただきます。未払分の購読料のインボイスは年内に送付しますのでお支払いの程お願いいたします。

なお、JCJ全バックナンバーは電子版を含めてカナダ国立図書館に保存されております。

30数年以上にわたり日系企業、在加公館の方々に何代にもわたり、ご支持、ご協力いただいたことを厚く感謝申し上げます。また取材に執筆に弊誌にご協力下さった多くの方々に深く御礼申し上げます。

2011年12月
JCJ 平塚かずよ
http://www.japancanadajournal.com



おのまは直ぐに返事を送りました。

おつかれさまでした。

私もそろそろ「林雨」を引退して、だれか別の方に執筆してもらうのが良いのではなかろうかと思っていたところでした。図らずも同時に引退できてご同慶の至り(笑)です。

さいごの原稿はクリスマスでもあるから当たり障りのない愉快なものにしようと思ったのですが、結局は辛口になりました。でも今の日本の中枢を甘やかすのは為にならないというのが当たっていると思うので、辛口の遺言みたいでよかったと思います。


ということで「林雨」は六十八回でもって終了しました。

六年ほど前、2006年4月に書いた第一回の原稿を再掲します。

平塚さんから「ジャパン・カナダ・ジャーナル」に政治、経済に関する話を書きませんかと誘われました。

私は日本の会社で働いていた時に調査部に配置されたり、総合研究所のエコノミストなる名刺をもたされたことがありますが、いずれも短期間で終わりました。エコノミストになろうと思ったこともなく、だから適任かどうか迷っています。

迷った心で思いかえすと時代の曲がりかどにおける予言はよく当たっていたし、そのせいか、話を聞きたいというひとが時々現れます。シンガポールの新聞、日本の政府機関、カナダの投資会社などなど。

先年、病に冒され亡くなりましたが、井上謙吾君という日銀のエコノミストがいて、お互いの勤務先が近かった時期には毎週会って、酒をのみながら政治経済の議論をしたものです。最後は碁を打つ決まりで、議論同様白熱したものです。

ここまで書いてきて、井上君と議論しているつもりでやったらどうかと思いつきました。どう展開するのか分かりませんが、とにかくやってみましょう。


井上君と議論しているつもりで始めたのでしたが、最後のころは僕も小野君に同感だと云っていたような気がします。

「木霊の宿る町」は勝手気まま、いわばティーシャツ姿のような文体で書いていますが、執筆料を頂いている「林雨」はネクタイをしめているつもりで書いてきました。ネクタイ文章から縁がなくなるのが少しさびしく感じます。

平塚さん、ながらくありがとうございました。小野冬生くん、さようなら。


CJC 最終号をいま見ました。

□編集室から

・7月のある晴れた日に1移民としてバンクーバー空港に降り立ちました。トロントに行ったらすぐ働かなくてはならないので2日間ほどバンクーバーで休んで観光バスに乗って見物をしました。ハウ・ストリートのこじんまりした感じのよいホテルに泊まりましたが、そのホテルは今はありません。

その頃別々の航空会社で働く3人の友人がおり、2人はすでにカナダに移民、3人目は課長に昇進したため移民をあきらめ、その3人の友人の移民の薦めに触発されて出てきた訳です。

3人目が自分の枠を使って荷物を無料で運んでくれたので、荷物だけハンブルク回りできました。

・どの経済学説も適応しない時代と言われますが、全く同感です。学説の方は現実の後を追っかけて後から出てくるのではないでしょうか。学説もセオリーである場合は何でもいいのですが、それがイデオロギーになってムリヤリ実践に移そうとするから問題が起こるのではないでしょうか。

精確に予測や統計を出して役に立ち、計算するのが経済学だと思いながら何か新しい見方はないのかなと探しているうちに見つけたのが、フェルナン・ブローデルでした。地勢学から歴史家になったフランス人で実証的なものの見方をしているところが気に入ったので、市場や資本についてどんな見方をしているのか、今読んでいます。「歴史の研究」という文庫本(中公)です。

・つまらないことを書き続けて終わりに来てしまいました。JCJの最後までお付き合い下さった読者の皆様、ご執筆いただいた小野さん、足立さんに感謝しつつ、それでは失礼いたします。

| おのまのプロフィール | 政治経済 林雨編 3 | 05:42 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:42 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/3849
再び静か〜なクリスマス & イマジン...
静かな静かなクリスマス・イブから一夜あけて、ヤップ島では貿易風が緩まり穏やかな青空が広がった。きょうもまた、ほとんどの人が家で静かな休日を過ごしていることだろう。いやG嬢はママと一緒に畑や田んぼに出て忙しいかな...。 ところで昨夜も9時過ぎにコロニア
| ミクロネシアの小さな島・ヤップより | 2011/12/25 1:52 PM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters