木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< コキスキー 初日 | main | コキスキー #2 >>
今シーズンのベスト更新

今シーズンのゴルフは20オーバーパー以上のスコアが続いていたのだが、十一月二十三日(水)は11オーバーパーで回った。ひとつきほど前にも同じコースを回ったのだがそのときは20オーバーだった。

一気に9打も改善できたのはなぜか。昨日も書いたことだが自分の体をコントロールすることができたからであると思う。


どうやってコントロール出来たのかを思い出してみる。ボールに向かったときにこういうことを意識していた:

両脇が開かないよう、そして上腕で胸を絞り込むようにする。ゴルフでは大きな筋肉を使えと云われる。肩、上腕、胸を一体化しておくと色々なところにある筋肉がばらばらに動かなくなるのだと思う。胸をしぼりこむようにすることで色々なところにある筋肉がそれに同調するのだろうと思う。体をオーケストラに例えれば胸がコンサートマスターである。

両手から力をぬき小鳥をやさしく包むような感覚でグリップを持つ。グリップを握るのではなく辛うじて支えるという風である。そうするとバックスイングからトップをつくるあいだグリップを通してクラブヘッドの重みを感じることができ、クラブを降ろすときには力んだり、急いだりしないですむ。

下半身と大地とが一体化するようなイメージを持つ。自分が木になったような感覚であろうか。

昨シーズンのベストは14オーバーパーだったがやはり今頃の季節になって出た。コースに人が少なく後ろを気にせず回ったこともスコア改善の原因であると思う。

ちなみに11オーバーパーの内容はこうである。

バーディー: 1
パー:6
ボギー:10
ダブルボギー:1

バーディーチャンス、パーチャンスの四分の一をものにすれば、4打改善する( 6+10÷4=4)。4打改善すると7オーバーパー(11−4=7)になる。

トロント時代のベストは9ホールが2オーバーパー、18ホールが8オーバーパーである。あれから十年、なんとかして記録を更新したい。

いま思い出したことがある。

半年ほど前、スキーシーズンが終わる頃、体が硬直してうまく滑れなくなったときにのんでその効果に驚いた薬がある。効能書きには筋肉を弛緩させる作用があると書いてある。

児山君からそういう薬は危険だから飲まないほうが良いというコメントをもらったこともあり普段は飲んでいないのだが、そしてスコア改善に結びついたかどうかは分からないのだが、家を出るとき、すなわちプレイ開始の一時間ほどまえにローバクシンという薬を一錠のんだことを記しておく。

http://en.wikipedia.org/wiki/Methocarbamol




| おのまのプロフィール | スポーツ | 03:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 03:51 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/3818
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters