木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 土地をどうするか・5/われはロボット | main | バンクーバーも夏日 >>
数字vs文章・3
十五日の続きです。
この題のもとで書こうとしたのは学校の話ではなく、カナダ年鑑のことでした。
ペーパーバッグのカナダ年鑑が昔から今に至るまで出されています。わたしが初めて買ったのは1973年版で厚さ3センチ、値段2ドル。最近買った2004年版はやや薄くて15.99ドル。(1995年版は5センチ、14.95ドル)
ふたつの年鑑を比べると項目はほぼ同じですが、記述がおおきく違っています。昔のは文章による説明があり、たとえば日本についてはこういうことが書かれています。
第二次大戦で日本はそれまで得た領土、満州、南樺太、千島列島、朝鮮、台湾をとりあげられた。
250エーカーの土地にたつ宮城は堀にかこまれている。
そういう具合な記述が続き、読んでいてあきません。
2004年の年鑑には主語、述語のある記述がほとんどなく数字が主役です。客観的事実がたくさん書いてあるのですが、日本のイメージがわいてきません。たとえていえば、相撲力士の身長、体重が書いてあるだけで、どこの出身、どういう技が得意、趣味はなに、好物はなに、というような説明がないとイメージがわかないようなものです。
文章vs数字というふうに対立させると数字のほうが進んでいるような錯覚におちいることがありますが、数字だけではこの世を説明しにくいのではなかろうか、カナダ年鑑は三十年前のほうが優れているのではなかろうかということを言いたかったのです。アナログvsデジタル、過去vs現在vs未来と置き換えて考えてみるのもいいかもしれません。


| おのまのプロフィール | UBC | 12:13 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:13 | - | - |
http://onomar.jugem.jp/trackback/38
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters