木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ゲンキー記 地下室の猫 | main | ハロウィン 追加 >>
ハロウィン新作
数年前につくったハロウィン用の化け猫がどこかにいってしまいました
 



化け猫抜きでやるのも寂しいので、ひさしぶりにオバケの制作です

例によって手抜き。十五分で出来るハロウィンオバケの造り方をご紹介します

まずはプラスチックの鉢を用意します。鉢でなくても、ボールでも篭でもいいです。頭の土台になりそうなものなら



新聞紙とプラスチックの袋



これを適当に丸めて鉢に貼ります



上は頭、下は鼻のつもりです

古いシャツ



鉢にかぶせます



顔らしきものが見えますね



シャツを赤い水彩絵の具を溶かした水につけて染めました



絵の具の量が足りなくて赤がよく出なかったので筆をつかって赤を乗せました。茶色はパステルです

やってみてわかったのですが濡れた布の上にはパステルがよく乗ります

シャツを鉢にかぶせます



ああ、写真を撮るのを忘れている。鉢はプラスチックの屑篭の上に乗せてあります

黒、青、赤のパステルで顔を描きました



黒いゴミ袋



髪の毛にみたてて切ります。ハサミは知人から貰ったもので切るとぎざぎざができます



乗せます



むにゅ?

ぺたっとくっついて髪のボリューム感がない

あわてない

さらに新聞紙をまるめて乗せた上に残った袋を裏返しにしてかぶせました



ボリュームはでたけれど髪の毛というより帽子みたいに見えます。まあいいでしょう

紐でしばるとほんとに帽子みたいになりました



植木鉢に置きました



さいごまで残っていたごみ袋を鉢にかけました



おのまがホームレスになって踊っているみたいでもあるね・・



ということで十月三十日現在の我が家はこんな感じになっています



夜になるとカボチャ色のライトが浮き立ちます



雨にも負けず、風にも負けず、よく色がおちないものです



玄関にちかづくとホームレスオノマなどが見えるという趣向



ハシゴにはこれまたおなじみの蛍光塗料でひかるガイコツ



ハロウインの夜は軽油の炎で照らす予定です




う〜ん 

後ろにある鉢も化けさせてみたくなった





 おばけ〜

| おのまのプロフィール | いたずらがき | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:18 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/3794
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters