木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 富士山 4 | main | いまさらですがマスメディア >>
トリクルダウン
リビヤのカダフィ大佐が殺害されたことをアメリカの風刺画がどう扱っているか探したのですがひとつしかみつかりませんでした。それもサダム・フセインやオサマ・ビンラディンを殺したときと同じで、鼻につくアメリカの似非正義の愚作。それがどうした?ってなものです。

あいかわらず多いのがアメリカ経済の不振をとりあげた作品です。ということでほんじつも毎度おなじみベネットの作品を紹介します。トリクル・ダウン・エコノミックスという英語を覚えられると良いでしょう。





鳥来る・・・いえ・・トリクルとはチョロチョロ流れるというようなことです。

企業や富裕層に対する税を軽減したり、予算をつけたりすれば、そこから経済効果が下々に行き渡るという学説をトリクル・ダウン・エコノミックスと言っています。

オバマが銀行や自動車産業を優遇したのもトリクル・ダウン・エコノミックスの実践例ですが、その結果はブッシュ時代よりひどい失業率などとなり、「ウォールストリートを占拠せよ」デモが起きたりしているわけです。

要するに上を優遇しても下には回らないというのが現実で、これは日本の経済もそうですね。大企業の儲けはあがっても下々の給料は減った日本。このカラクリはTPP問題を論じるときも忘れてはいけません。


2014・11・27記


あれから三年。

日本では「アベノミクス」という名のトリクルダウン経済が日本をむしばみつつあります。

「アベノミクス」の別名は「黒田日銀総裁の異次元緩和」です。異次元緩和とは日銀バランスシートのバブル化です。そんなことやってダイジョービ?とオノマは生暖かくみていましたが、先般おこなわれた追加緩和には驚きました。黒田さん、暴走ではありませんか。

異次元緩和によって日本円の価値はどんどん下がっています。輸入価格があがり倒産する中小企業の数が増えています。賃金上昇が物価上昇に追いつかないどころか差が開いています。リセッション(景気後退=四半期毎GDPが二期連続で前期比減少)になっています。

ひとことで云えばアベノミクスは破綻しています。

アベノミクスの実態とは 日銀のバブル化による 〆眄的バラマキ と株式相場の過熱化です。

ゝ貘岼輿海燭觝眄的バラマキとは限られた人たちを利する、いわば虚構の需要創出です。虚構需要ですから波及効果はいつだって短期的だし限定的なのですが、今回はそれ以上に大変深刻な事態を日本にもたらしています。

大震災からの復興、フクイチ事故の収拾といった史上稀な真の需要に集中すべきヒト・モノ・カネが分散したことです。七十年前の敗戦にも似た大災難から立ち直るのを邪魔しているのです。

株式市場は活況を呈していますがそれによって恩恵を受けるひとは少数です。まともな人は相場に手をだしません。

「カネでもってカネを増やす」という虚の活動を潔しとせず、額に汗をかいて実のあるものを産むことに励んでいる、まともな日本人が苦しくなっていく、格差が広がっていくのがアベノミクスの実像です。

ベネットの風刺画でいえば株相場への国富投入とは上にある五個のシャンパングラスがどんどん大きくなっているようなものです。下のグラスには一滴もこぼれてきません。株で儲かったから飲みに行く回数が増えたというようなことがあるのでいずれはおこぼれがありますが、そのときは格差が大きくなっています。

円安になっても輸出が伸びないどころか逆に貿易赤字は三年連続赤字となり、2013年度は過去最大の十一兆円に達しました。

貿易赤字が十一兆円!! オノマは気絶しそうです。オノマが現役のときは円高がどんどん進んでいきましたが、貿易赤字なんてありませんでした。円高イコール日本繁栄、円安イコール日本衰退ではないのでしょうか。

「アベノミクスしかないと」と絶叫している安倍晋三さんにしても本当のところは自信がなくなっているのかもしれません。だから解散をして、あわよくば半数割れ、退陣、逃げ出したいというのが本音かもしれません。勝ったら勝ったで、アベノミクス失敗の責任を選挙民に押し付けることができます。

アジアでの経済回復が遅れているから、円高時代に日本産業が海外に出て行ったから、原油価格下落でデフレマインドがなくならないから・・・などと姑息な言い訳をしている黒田日銀総裁も「異次元緩和」のたどり着く先が破滅であると覚悟しているのかもしれません。

安倍晋三さん、黒田東彦さんがそろって退陣となるのかもしれませんね。

格差拡大




| おのまのプロフィール | 風刺漫画 | 09:06 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:06 | - | - |
現在のグローバルな不景気は富の偏重と思います。
オイルの急騰で世界の富は歴史上例を見ないほどの移動をしたと言われますね。
T・ブーン・ピケンスは正直にそれで大儲けをしたと言ってますし、サウジのオイル省は何処にそんな値段があるんだと言ってます。
要するに先物買いのオイルの転がしで儲けた人が居るとのことでしょうね。
米国では住宅バブルとアフガン戦争とイラク戦争で庶民からの蓄えと血税が金融業と軍産に吸い取られています。
中国では農村部と都市部の労働力コストの格差で世界各国が競争できない低価格の商品を世界中に売り捌き国民にその利益を還元しない政策はこれ又富の偏重を生んでいると思います。

不景気とは富の流通が滞った状態ですから正にベネット氏の漫画の通りでしょうね。
| Tom | 2011/10/23 12:47 PM |

たぶん来年も世界各地でデモ、暴動が続くのだろうと思います。ごく少数のチョー富裕層は自らが危険に面していることに気付いていないのかもしれません。
| おのま | 2011/10/24 2:06 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/3783
絶望は何も生まない。
本日も頭が痛くなる経済の話でアクセス数を減らしますが、それでもなるべく丁寧にわかりやすく述べたいと思っております。 だから 少しだけ我慢して読んでください。 この ...
| 岩下俊三のブログ | 2014/11/28 10:27 AM |
アベノミクスの嘘 「トリクルダウンの嘘がばれないうち解散」
今朝のモーニングバード・タマペディアでは、アベノミクスの事を扱っていました。 玉川さんは色々な人にインタビューしていたのですが、 最後のインタビューを受けていた安倍総理の経済ブレーン内閣官房参与・本田悦朗の話は、 経済の事など何もわからない私から見て
| Dendrodium | 2014/11/28 1:12 PM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters