木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 前原誠司は更迭すべきかも | main | 九月十日(土) 朝 >>
原発事故資料 121   勝部修 vs 武田邦彦 
一昨日のブログで勝部修市長からの抗議に対する武田邦彦教授の回答を貼りましたが、その回答をうけて勝部市長からメールがあったことが武田サイトにありましたのでふたたび全文を貼ります。

おととい紹介した市長の抗議は短文であったこともあり表層的だなと思ったのですが今回のメールは事の本質をよく捉えていることが分るものでした。一関市が汚染されている、除染しないといけない、子供の健康を守らないといけないという点において市長と教授とのあいだに差はないようです。

青酸カリというマジックワードを使った教授、それにかみついてみせた市長ともに世間の耳目をひいたわけですが、その真意が世間の目をノロノロした日本の行政(霞ヶ関官僚)に向けさせる所にあったとすればふたりとも大した役者です。 

日本赤十字が世界中から寄せられた義捐金をなかなか分配しなかったときにも書きましたが、今回の天災、人災に対する善後処置がうまくいっていないのは内閣もさることながら日本の官僚の能力が劣ることが最大の原因なのです。りんごおばちゃんにくらべるとチョースローだからなのです。

http://onomar.jugem.jp/?day=20070123
 
武田邦彦 様(市長さんからの2回目のメール)

一関地域は空中放射線量の値が周辺地域に比べて高いレベルで検出され、牧草や稲わらからも放射性物質が検出されたことは間違いなく、汚染されていると言われても仕方がありません。

このため、測定機器を購入して他の自治体に先駆けて市内の保育園、幼稚園、小中学校、公園など子どもたちの生活エリアを中心に放射線量測定を行い、2回目以降は測定地点を増やし、測定方法もより詳細に行い、その結果については市のホームページや広報誌での公表のほか、保護者の方々に詳細データを紙情報で配布するなどしてきました。これは子どもたちが放射線の影響を受けやすいため、市として先ずはこの問題を早急に解決しなければならないとの方針のもとに進めてきたものです。

しかしながら、市が単独でやれることは限りがあります。放射能汚染問題については、国が責任をもって対策を講じるよう、何度も霞ヶ関に足を運び要請しました。国からは、放射能汚染に関しての「除染方針」が示されましたが、まだまだ不十分です。より具体的な、詳細の対策を早急に示してもらうよう引き続き要請しています。一日も早く安心して日々の生活が送れるよう(3月11日以前の生活に戻れるよう)、生産者、消費者、関係団体、行政が一緒になって、県や国に対策を求めています(要望内容下記)。

教授の言われる「子どもたちを放射能汚染から守らなければならない」ことについて、まったく異論はありませんし、除染を早急に進めるべきとのご意見も異論がなく、教授と見解が異なるものではありません。安全なものだけが市場に出荷される、そのような環境に戻すため地元関係者が懸命の努力をしている、そういう最中での「青酸カリが撒かれた」などの発言は如何なものか、小学4年生の子どもの質問への答え方として「青酸カリ」を持ち出すことはどうなのか、そこを言いたかったのですが、教授からの御返事で、青酸カリの引用については、私としてはすっきりしませんが、教授のお考えは分かりました。ともあれ、御返事ありがとうございました。

「東北は汚染されている」との教授発言に、私が「いや、汚染されていない」と抗議したというように多くの人から誤解されているのは残念です。                                     

一関市長 勝 部  修

(国に対しての要望事項)

・調査・検査体制の充実強化を(調査なくして対策なし、検査なくして信頼なし)

・生産者にも消費者にも適切な情報提供(公開)を

・岩手県南部におけるモニタリングのレベルを福島県、宮城県並に引き上げること

・除染技術や汚染物質の最終処分技術の開発を進めること

・放射性物質に対応した新たな作物栽培技術の開発を進めること

・・・・・・・・・

なお、教授のブログに掲載の抗議文については、追伸を含めた掲載をお願いいたします。また、教授からいただいております御返事について、当市ホームページへ掲載させていただいてよろしいか、お知らせくださるようお願いいたします。


一関市長殿(武田からお送りしたメールのご返事)

ありがとうございました。私も全力で一関が旧に復することで活動します。東電の電気も使わず、これまで補助も無く、単に毒物だけが降ってきた地域にあまりにもひどい政府と東電のやり方と思います。

私も全力で活動しますが、市長さんもお体にご注意され(メールの時間で深夜までご活動と承りました。家内と大変だと話しております)、頑張っていただくことを願っております。 

草々 

 

| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:32 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/3736
放射能は現地調達です
総理を辞めたとたんに「ボクちゃんがいなかったら原発被害はもっと酷いことになってたいもんね〜」と触れまわっている缶から菅サンだけど、そういうのって、みっともない責任のなすりあいだってのはお見通しです。ところでわたしの愛読(笑)しているネットゲリラさんが
| ミクロネシアの小さな島・ヤップより | 2011/09/10 12:33 PM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters