木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< バンクーバー ⇒ インチョン ⇒ 羽田 | main | ホテルからの景色 >>
林雨 第六十四回 砂上の老国  
 

林雨 第六十四回 砂上の老国  小野冬生

 

急な用事ができたため先々週から先週にかけて十日ほど日本に行っていました。急用の内容もさることながら、日本へ行くのが二年ぶりだったことや3.11からわずか四ヶ月だったことなどから今回の日本行きは長く記憶に残ることになりそうです。 

 

 

バンクーバー・成田の直行便がとれずインチョン経由で行ったのですが、初めて降りたインチョン空港には開港して十年たったとは思えないはつらつとした雰囲気があり、韓国の勢い、元気のようなものを感じました。

 

それに比べ夜中近くに着いた羽田空港は古色蒼然とはいいませんがなにかが遅れていると思いました。筆者が羽田を初めて使ったのは四十年も前になるのでその影響が多少あるのかもしれませんが、そういうことよりも羽田が国際線と国内線をもつハブ空港になったのがごく最近だということからきた思いなのでしょう。成田と羽田を国際線と国内線とに棲み分けさせた霞ヶ関官僚のあざとさによって無用な遅れを強いられた日本に元気なしというわけです。

 

羽田からリムジンバスに乗り箱崎ターミナルへ移動しているあいだに恐怖感が生じました。東京は大気も大地も放射能の攻撃にあっている、いま自分は汚染された、されつつある世界に足を踏み入れた、恐ろしい。大友克洋の「ネオ東京」に入り込んだような気分でした。

 

筆者がカナダからみている日本はとても怖い国です。福島原発で増え続けている汚染水の処理は工程通りに進んでいない、放射能は漏れ続けている、チェルノブイリをはるかに上回る量の燃料がむき出しになって大量の汚染が起きる可能性が残っている。どれひとつとっても危険極まりない日本なのです。

 

ところが、マスメディアを通じてみると日本は楽観ムードが広がっているようにも見えてなりません。汚染水処理は進んでいる、原子炉は冷えつつある、この程度の汚染は安全だというムードがあるかのように見えます。

 

被曝によってDNAが傷ついても人間には修復能力があるから心配ないとか低線量被曝はむしろ健康によい、ホルミシス効果というなどと主張するひとさえいます。

 

こういう人たちの主張は前回に書いた「ラクダの正当化」の好例なのですが、多くのひとがそういう主張を信じ危険であることを認識できなくなっているのかもしれません。

 

二匹の蛙を用意し一方は熱湯に入れ、もう一方は緩やかに昇温する冷水に入れる。前者は直ちに脱出する。後者は水温の変化を知覚できずに死亡するというのが茹で蛙。日本は茹であがったのかもしれません。

 

暗澹たる気分で見ていた日本に降り立ちSF世界に放り込まれたような恐怖感に襲われたのですが、翌朝になり、東京駅構内にあふれている人の群れの中に入っていくと、もし自分がこのまま東京に住まなければならないのであれば、ラクダの正当化でもって真実を忘れ、ホルミシス効果を信じ、楽観的に生きるかもしれないと思いました。いずれは処理される運命にある肉牛がおとなしく牧舎につながれているようなものです。直ちには問題ない・・・

 

バンクーバーからインチョンへの飛行機の中で「福島原発の真実」(佐藤栄佐久・平凡社)を読みました。福島原発をめぐる問題にきがついた佐藤栄佐久が問題解決に取り組みますがそれらのことごとくが霞ヶ関官僚によって葬られていく様子が克明に書かれています。福島原発事故は十年前に用意されていたといえます。

 

無能、無策、無責任の霞ヶ関官僚によって歪んできた日本は液状化現象によって倒れていく建物に似ている、日本は砂上の老国である、はつらつとした日本に蘇えらせるのは至難の業であると思った日本訪問でした。

 

2011年7月19日(火) @北バンクーバー

http://www.japancanadajournal.com/

| おのまのプロフィール | 政治経済 林雨編 3 | 14:51 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:51 | - | - |
原発汚染は目に見えないだけに本当に恐ろしいです。危険な汚染原に色でも付ける方法はないものでしょうか?鮮やかな紫色が空気の中に飛び交ったらそれだけでみんな逃げ出すでしょう。砂上の老国は牢獄の意味でしょうか?日本の官僚がいつからダメになったのか?政治家との相互作用ではないでしょうか?
| HK | 2011/07/21 1:27 AM |

砂上の楼閣
砂上の老国
砂上の牢獄
砂上の天国

政官財のいずれもが心底からマジメにならないと・・・
| おのま | 2011/07/23 12:32 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/3677
AP記事、安全基準を緩和するよう原子力規制委員会が業界と共謀していることを暴露
2011年6月24日 democracy.now フアン・ゴンザレス: 木曜日、三人の上院議員が、アメリカの老朽化している原発を巡る安全問題の議会による調査を要求しました。AP通信社による一連の新暴露記事後、カリフォルニア州の民主党上院議員バーバラ・ボクサー、ロード・アイラン
| マスコミに載らない海外記事 | 2011/07/20 10:12 PM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters