木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 宇宙時代の終り | main | 資料 107 原発事故  現場レポ@7月13日 >>
資料 106 原発事故 現場報告@7月12日
 

7月12日

汚染水処理また止まってしまった。やっぱり問題山積のままスタートしたからなぁ。まだまだあるだろう。1〜3号機も線量高くて炉内循環冷却はなかなか進んでない

 

線源を特定して除去しなきゃ遮蔽じゃ限界あるし遮蔽する作業の人員も被爆も莫大になりそう。でも同じ被爆するなら除去する方が、後々の被爆は押さえる事が出来ると思う。その為にはもっと状況を把握しないと。

 

確かに被爆は極力押さえないとだけど誰かが決断してやらないと進まない。政府も東電も過剰被爆にはピリピリしていて、なかなか埒空かない状態。4月の頃は被爆してもなんの反応もなかったのに

 

世論を気にしてばかりじゃダメでやらなきゃならない事はきちんと説明してやるしかないと思う。その代わり、その作業に携わった人の今後の補償はメーカーではなくて、政府や東電がきちんとする事も約束すればいい。

 

このままのメーカー任せじゃやる人出てこないかもしれない

 

だんだん現場が定検工事と同じようになってきている。特に検査関係。例えば配管のフランジ締める時は校正付きのトルクレンチで確かめ、面間ギャップを正確に計ったり記録を提出したりって。確かに大事な事だけど、いま必要なのかって思う。

 

とてつもない量の検査作業に時間もかかっているし被曝も増えている。線量の低い所や取り返しのつかない箇所で時間をかける余裕の工程ならいいけど、全てが厳しい状況下なのに

 

なんでもかんでもじゃなくて、優先順位があると思う。今は工事じゃなくて事故だと思うけど、どうも工事って感じで進んでいる。

 

| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:05 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/3672
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters