木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 鳩首会談 | main | オフシーズン >>
コメコメ@鳩首会談

昨日のブログにいただいたコメントです。 

写真で植物の種を同定するのは難しいのですがオダマキの仲間と判定して間違いないでしょう.
 
英語の総称名はcolumbine。oxfordのCOD を引くと なんとgarden plant with flower like five clustered pigeons.

鋭い観察 カメラアングルが素晴しい まさに鳩首です

この種の花は殆ど日に頭をたれ下向きに咲いています

北米コロラド州花になったカエルレアは上をむいていたので出世したのでしょう。

種まで特定できませんが北米産の可能性は高いといえるでしょう。 

晩晴



シロートおのま、恥も外聞もなく名前がわからないまま花の写真を載せていますが、こうやって教えてもらえることがあるのがブログの良さですね。

鶴かなとも思ったのですが鳩にして良かった(笑)。



おなじ幹から咲いた花ですが地面に近いのは紅ではなく紫がかっています。


カエルレアという花は知りませんでした。

検索して見つけた写真。



色といい形といい、みごとなものですね。


オダマキで検索。

ウィキ:
オダマキ・苧環は機織りの際に麻糸をまいたもののことで花の形からの連想

芋・イモに似た字の苧・オダとは何か。

学研漢和大辞典:
苧=からむし 草の名。 麻の一種。山野に自生。栽培もする。茎の皮の繊維で布を織る。

おもしろいことにこの辞典には日本語では「お」と読むとありますが「おだ」も「苧環」も出ていません。

「苧」は「じっと佇(た)つ草」ということだそうです。辞典では「佇」ではなく、ニンベンの代わりに「立」になっています。

広辞苑:
苧環:つむいだ麻糸を、中が空洞になるように円く巻いたもの・・・・

広辞苑には「苧」の説明がありません。


苧環麻糸の絵を探したのですがみつかりませんでした。その代わりに増殖漢字辞典なるサイトにぶつかりました。漢和大辞典も広辞苑もマッツァオ、初めて見ることばがたくさん出ています。

「苧積」とか「苧屑頭巾」とかいうことばは学校で習わなかった、あたふたとくらしてきて気づくことのなかった様々な日本・・・

そうか、時代劇で「御縄頂戴」というけれど本来は「苧縄頂戴」なんだ・・・ 


【苧】

  1. 麻・からむしなどの古いよび方。
  2. 麻・からむしなどの茎の皮からとった糸。
「むし・からむし」とも読む。

【苧積】おうみ

青麻(あおそ)(青苧)を裂き、()って糸にすること。

【苧殻】おがら

皮をむいた麻の茎。
盂蘭盆(うらぼん)の迎え火・送り火をたく時に使う。
麻幹」とも書く   

【苧屑頭おくそずきん

植物カラムシの茎で作った、頭全体を包む頭巾。鷹匠・猟師などが用いた。からむし頭巾。おがら頭巾。おくそ頭巾。
「ほくそずきん」とも読む   

【苧環】おだまき

  1. つむいだ麻糸を巻いて中空の玉にしたもの。おだま。
  2. キンポウゲ科の多年草。観賞用に栽培される。根生葉は長い柄をもち、掌状の三小葉に分かれ、白緑色。四〜五月頃、長い花茎の先に青紫色の花を開く。花弁は基部が(きょ)となってかぎ状に曲がる。萼片(がくへん)は花弁状で平開する。[季]春。
    花の形が「1.」に似ていることから   
    植物園へようこそ!
    オダマキ   
  3. 「苧環蒸し」の略。茶(わん)蒸しの一種。器の底に()でたうどんを入れ、しいたけ・かまぼこ・鶏肉などを加え卵の汁をかけてむしあげたもの。
    「小田巻蒸し」と書くことが多い。
  4. 生菓子の一。(あん)入りの餅に、そば粉の筋をつけて蒸し上げたもの。
  5. 枝も葉もない枯れ木   

縄】おなわ

麻糸をよりあわせて作った縄。

綱】おづな

麻でなった綱。非常に丈夫で、船の綱として最上とされ、古代から近世に至るまで用いられた。

・苧麻】からむし

イラクサ科の多年草。山地に自生し、また栽培もされる。
茎の皮からとる繊維は長くて強く、弾力性に富み、越後縮(えちごちぢみ)越後上布(えちごじょうふ)などを織るのに用いる。
木綿以前の代表的な繊維。
まお。ちょま。むし。
植物園へようこそ!
カラムシ   

【苧麻】ちょま

カラムシの別称。また、その茎からとった繊維。
「まお・からむし」とも読む。「まお」は「真麻」とも書く。

【餓鬼に苧殻】がきにおがら

全く頼りにならないことのたとえ。
やせ衰えて頼りにならない餓鬼に、武器として何の役にも立たないヘナヘナの苧殻(おがら)を武器として持たせるということで、全く頼りにならないことから。
「鬼に金棒」




増殖漢字辞典は日々増殖するマイペースな漢字辞典です

http://www.geocities.jp/growth_dic/

自分では斧のように切れる魔だと思っているが実はヘナチョコ:苧魔・おのま

・・・・なんでこんなことを思いつくのだ?






| おのまのプロフィール | 植物 | 02:02 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:02 | - | - |
苧環は苧+環。環は三井環のたまき。蝶々夫人の三浦たまき。
苧は中国の最古の詩集に登場する古典的栽培植物です。(詩経国風 陳風 東門之池)。中国から早くに渡来し大事に育てられたのでしょう。全国に普及して津々浦々に存在しています。が人が手を加えた環境にしか生えていません。学研の漢和辞典に自生とありますがネイティブではありません。帰化に成功したというべきでしょう。

オダマキの学名Aquilegia.については二説
aquilegium (water gatherer)
Aquila (eagle)
壺とみるか鷹の爪とみるか
いずれも特長を捉えて甲乙つけ難しといったところ。
普通名のcolombineも捨て難い味があります。
20世紀のはじめブームになり世界中の原種が取り尽くされ交配されたくさんのhybridができました。おかげであらゆる色があります。北米コロラド州花となったカエルレアといった名品もうまれました。
しかしブームは短く消えました。
理由は栽培がやさしすぎてすぐ商品価値がなくなったそうです。
我々にとりお買得ということになります。お楽しみください。
| 晩晴 | 2011/07/02 3:51 PM |

奥がふかいものですね。

カエルレアは演芸店でも見たことがありませんが栽培がやさしいのであれば手に入れてみたいです。シロートとしてはできるだけ手のかからない花がありがたいです。 
| おのま | 2011/07/04 3:45 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/3662
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters