木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ヤクにひかれて雷鳥山参り | main | 資料 原発事故 98  小出裕章 避難地区に戻れない >>
資料 97 原発事故 汚染水処理状況
1Fで大量の汚染水を処理しようとしていますが進展状況は思わしくないようです。

最悪のシナリオ (汚染水が何年も海洋と地下に漏れつづける・日本の地下水系が取り返しのつかないことになる・本州の水がオワ) に向かっているのかもしれません。

以下はテレビ、新聞には出ていない情報です。メディアに流れている「工程」と実際の差が分ります。参謀の作戦では勝つことになっているけれど実際に戦うと負けるという感じ。

現場から乖離した日本官僚やおやこばか政治家の罪はこういうところに現れるということで驚くこともないのですが、原発事故の場合は致命的ですかね。

 

安全弁のラプチャーディスクがぶっ飛ぶなんて。なんの為の安全弁なの?アメリカ製で操作は日本人、装置を熟知してない。こんな短期間で熟知しろって云うのも酷だけど、間違ってはダメな所だけに適材適所に人員配置しなきゃ。

今日(六月十七日・金)工程が発表された。1ヶ月で循環冷却するって?どうして出来るの。問題点全部挙げて解決策言って根拠示して欲しい。どうやったら1ヶ月で出来るのか解らない。

問題
夏場の作業員の働く時間を制限する?
時間が短いってことは人海戦術ってこと。
どこに作業員の余裕があるのか?

問題
1〜3号機の原子炉建屋は高線量なのに被爆管理、制限する?
どこに作業員がいる?

問題
きちんと循環ルートも確認してない状況でラインを繋いでホントに大丈夫?
また無駄な設備、装置、線量を使うの?
設備、装置は金で買えるけど被曝線量は命で金ですまない。

循環冷却と言っても燃料貯蔵プール(SFP)の冷却と原子炉内(RPV)の冷却は違う。

SFPの冷却はなんとか1ヶ月で出来る可能性はあるけど、RPVの循環冷却はまだメルトダウンした燃料の現況は把握してないしルートもまだ検討してる段階だから非常に難しい。

ホントの循環冷却は原子炉内の冷却。それを1ヶ月って言ってるとしたら信じられない。



今日(日本時間六月十八日・土)やっぱりというか、だからというか処理が止まってしまった。そもそも1ヶ月なんてもつわけない。想定も4mSv/hで交換なんてあり得ない。


★2011.6.18 21:27
MSN産経
福島第1原発=18日午前11時25分(東京電力のライブカメラから)

クリックして拡大する

福島第1原発=18日午前11時25分(東京電力のライブカメラから)

 東京電力福島第1原発の事故収束に向けた「生命線」としての意味を持ち、本格稼働を始めたばかりの汚染水浄化システムの停止。浄化した水を原子炉へ戻して冷やす「循環注水冷却」を目前にしてのつまずきにも、東電は「数日中には再開できる」と自信をみせる。しかし、装置はトラブル続きで、増え続ける汚染水が海など外部へ流出する危険が刻々と迫る。(原子力取材班)

 ■想定外

 「大きな一歩。本当に良かった」

 17日夜に行われた新工程表の公表会見。システム本格稼働を東電から伝えられ、政府・東電統合対策室事務局長、細野豪志首相補佐官は安堵(あんど)の表情だった。

 だが、そのわずか数時間後にシステムは停止。東電は「トラブルではない」とはいうが、「想定外の事態」だったことは認める。

 原子炉建屋やタービン建屋の地下などにたまった汚染水の総量はすでに約11万トン。原子炉冷却のための注水はそのほとんどが漏れ出し、毎日約500トンずつ増え続ける汚染水の移送先は満杯寸前だ。梅雨で汚染水の増加ペースが加速する可能性もある。

 ■トラブル

 「循環注水冷却」の中核を構成する汚染水浄化システムは、米キュリオン社、仏アレバ社の装置などからなる。

 建屋にたまる汚染水をポンプで吸い出し、油分などの不純物を取り除いたうえで、ゼオライトという鉱物で放射性セシウムを除去。特殊な薬品で放射性物質を沈殿させた後、塩分を取り除いて淡水化する。

 試運転では、放射性物質の濃度を10万分の1まで下げることができたが、トラブルが相次いだ。

10日には配管の接続部から漏水し、ポンプ制御のプログラムに設定ミスまで見つかった。本格運転を控えた16日夜にも再び装置内部の漏水が判明した。

 九州大の工藤和彦特任教授(原子力工学)は「汚染水処理は最優先だが、工程表に合わせて運転しようという意識があったのではないか。本格運転に入って思いがけないことが起こるのは困る」と指摘。技術評論家の桜井淳(きよし)氏も「2社の装置を組み合わせた実績はなく、今後もトラブルは頻繁にあるだろう」と厳しい見方を示す。

 ■課題

 システムには約440基のタンクなどが配置され、原子炉など全体を含めると約4キロに及ぶ配管が入り組むことになる。そのため制御は困難を極めることになりそうだ。

 すでに高濃度汚染水を流していることから、不具合が見つかっても復旧に時間がかかることが予想される。東電も「状況によっては、システムに淡水を入れて放射能を洗い流さないと修理できない」と認める。

 また、汚染水には、津波による海水や原子炉へ注入した海水も混じり、一部高濃度となった塩分が配管などを腐食させたり、正常な動作を妨げる懸念もある。汚染水浄化に伴って発生すると見込まれる約2千立方メートルの高濃度放射能を含む汚泥の処理方法も決まっておらず、課題は山積だ。

 桜井氏は「大きな余震に耐えられるか心配。配管破断などが起きれば、施設内に大量の汚染水が出る」と指摘。「工程表を実現する生命線」(東電)は、つねに“切断”の危機を内包している状況だ。

| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 01:41 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:41 | - | - |
1F事故からはや3ヶ月以上が経ちました。
現場の再建などは考えられない状況だと素人目にも見えます。
そうであれば何故石棺の道を選ばないのかと思います。
水棺との単語がちらっと報道に見られましたがその後無しの礫で石棺は言葉すら見られません。

石棺との処理は放射能汚染を防げるものであるのか、その効果はどれほどなのか、それとも臭いものに蓋をしただけで地下水系に及ぼす悪影響が多大になるだけなのか私には分からないことばかりです。

自然の恵みなる空気と水に放射能物質汚染を心配しなければならないは非常に苦痛なことと思います。
しかも1F事故の処理改善は遅々として見られず放射能汚染がいつまで続くのかこちらの方がもし私が日本に住んでいたら最大の関心事と心配事になると思います。

最期に私が最も心配するのは原発の安全に万全を期したとは思えぬ東電と政府は未だに真実な情報を国民と世界の人々に公開していない−たとえそれを今していたとしても既に彼らは信用を失っています。

我々の安全を誤魔化し、言うことは嘘ばかりの会社があったとします。
誰がその会社を商品をお金を出して買うでしょうか?

その会社が東電であり、東電のごまかしと嘘を日本の政府は是正するどころか一つ穴の狢となっている。−私の一番の心痛は此処にあります。
| Tom | 2011/06/19 10:08 PM |

おっしゃるとおりで石棺は頭かくして尻隠さず、地下からの汚染拡散には効果がないと思います。ではどうするか。メルトダウンした段階でうつ手はなくなっていたのではないでしょうか。

戦争とちがって降伏しても放射能は攻撃をやめない・・・長期にわたって憂鬱な状況が続くような気がします。
| おのま | 2011/06/20 2:36 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/3646
原発を再びというバカドモは、この映像を見てからにしろ!!海○田のバカヤロウ!石○のキチガイ!!
日本に国会議員という 人種がいるそうだ。 国民が、どんな困難に直面したのか! 国民が今どれほど苦しんでいるのか! 国民が今どれほど悲しんでいるのか!! 国民のその苦しみが、悲しみが理解できない人種がいる。 国会議員という日本人の亜種。 権力欲だけが異常に強
| f-kafkappaの日記〜緑と青の風にのって〜 | 2011/06/20 9:56 PM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters