木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 国境・続 | main | 宝くじにあたる >>
カナダ人とアメリカ人の移民

カナダとアメリカにさしたる違いはないのではないかと感じていたのですが、カナダ生活が一年間たってみると両国は別の国なのだと分かるようになりました。別な国だというのは当たり前のことなのですが、そういう実感がなかったのです。

カナダの移民官が「カナダ人はスローかもしれない」といったようにアメリカに対して多少の劣等感があるようでした。カナダ人学生に聞くと「今まではアメリカに対してコンプレックスを抱いていたが、カナダがくらしやすい国だということ、アメリカにないものがカナダにあることを知り始めた」と言いました。

カナダ人の劣等意識は両国間の移民数に現れるだろうと思い統計を見たことがあります。案の定、より裕福なアメリカへ移民するカナダ人が断然多い時代が長く続き、これが1970年に逆転しました。カナダ人がアメリカに対し抱いていた劣等感が薄まった年なのでしょう。を以下は両国間の移民数の変化です。

米加間の移民数(千人単位):
   米⇒加  加⇒米
1946 11.5    20.4
1950  7.8    21.9
1954 10.1    34.9
1958 10.8    45.4
1962 11.6    44.3
1966 17.5    28.8
1969 22.8    25.0
1970 24.4    23.0
1972 24.4    23.0

ベトナム戦争への徴兵逃れでカナダに逃げ込んだアメリカ人は統計に載っていないとすれば、実際の逆転は1969年におきていたのかもしれません。

1973年には移民特別法ができ、違法滞在者が申請すれば正式移民になれるようになったので1973年の数字をみればそうした徴兵のがれのアメリカ人の数が推察できるだろうと考えたものですが、1973年以後の統計をみないまま三十年たちました。実際はどうなったのか、機会があれば調べて見ます。


| おのまのプロフィール | 政治経済 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:13 | - | - |
http://onomar.jugem.jp/trackback/363
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters