木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 資料 原発事故 76 日本茶を飲むときは自己責任 | main | 資料 原発事故 78 日本は集団自殺するつもりか >>
資料原発事故 77 リンク先追加 各地の放射線量

リンク先に「各地の放射線量」を加えました。

同じ場所でもどこで計測するかにより、たとえば地中、地表、地上1メートルなど、で数値は違ってくるのでこの数値をもって個々の問題を精確に論じることはできないでしょうが、おおざっぱな推移をみる上で有用だと思います。

http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/houshasen/index.html

 
精確ではないかもしれないという但し書きをつけたうえで、上記の資料を元に計算すると郡山では311からひとつき後の四月十日までの積算で一年間の上限(
ミリシーベルト=1000マイクロシーベルト)を越え1.4
ミリシーベルトに達しています:

最高で毎時8マイクロに達していますがこれを無視、毎時2マイクロとして計算します
2マイクロ/時間 x 24時間/日 x 30日/月 = 1440マイクロ/月 =1.4ミリ/月

もしこれからも2マイクロ/時間で推移すると一年後は17.5
ミリシーベルトになります

2マイクロ/時間 x 24時間/日 x 365日/年 = 17520マイクロ/年 = 17.5ミリ/年


上の数値をみるとなんで文部科学省が上限を
20
ミリシーベルトに変えたかがわかるような気がします。最初の一ヶ月ですでに1ミリを超えてしまっており、一年後には20ミリ近くまでいきそうだからそれに合わせただけだと思います。おのまが接してきた日本の役人にはそういう杜撰なところがしばしば見られました。

資料75の動画では文科省代表の隣に座っていた原子力安全委員会代表が20ミリが安全だとは思わないと云っています。役人としては良心的です。でもあとでデタラメハルキ委員長に怒られたかもしれませんね(笑)。

武田邦彦がなんども書いていますが長年にわたって日本が遵守してきた
ミリシーベルト/年という国際基準をもって思考、行動するのが良いと考えます。


郡山市立薫小学校の放射線量

除去前
地表から1cm  4.1マイクロシーヘ゛ルト/時間  35.9ミリシーベルト/年
地表から50cm 3.3                  28.9

除去後
地表から1cm  1.9                  16.6
地表から50cm 1.6                  14.0

http://m555.karada-navi.net/?eid=2669

赤はおのまが計算したものです 


文部科学省や福島県に逆らって校庭の表土を除去した郡山市のオトナたちは偉いです。除去した後もその数値がそのまま続くと年間積算量は1ミリをはるかに越えます。しかし少しでも危険を減じて子供たちを守ろうとするその気持ちに敬意を表します。

こどもたちはすでに1ミリ以上の被曝をしておりそれに対する恨みは残るでしょうが、自分たちを守ろうとしたオトナがいたことにはきっと感謝することでしょう。

郡山市は過剰反応だと冷笑する人がいますが、彼らは何もしないグータラG3だと無視しましょう。発病するのは五年後、十年後。そのとき彼等は因果関係がわからないという論法で逃げるでしょう。郡山のみなさまに幸あれ!グータラG3に・・・・れ!


★朝日
東京電力福島第一原子力発電所の事故による放射性物質を取り除くことを目的に、福島県郡山市は27日、市立の小中学校と保育所計28施設の校庭の表土を削る作業を始めた。市は「保護者らの要望」を理由として独自に実施を決めた。

 表土の除去について文部科学省は、校庭の放射線量が屋外活動を制限する基準値の毎時3.8マイクロシーベルト以上であっても、活動を1日1時間以内に抑えれば安全は保てると判断。高木義明文科相は「ずっと放射線量が下がらないとなれば何らかの検討をしないといけない」としつつ、「いまのところは必要ない」との見解を示している。

 市はこの日、午前9時前後から薫(かおる)小学校と近くの鶴見坦(つるみだん)保育所で除去作業をした。薫小学校では、委託された業者の作業員約30人が参加。散水車で水をまいた後、重機で土の表面をなでるように5センチほど削り、トラックの荷台に積み込んだ。鶴見坦保育所では約20人がスコップなどを使って手作業で深さ2センチまでの土を取り除き、袋に詰めた。

 作業を始めた後に市の職員が薫小学校の校庭で放射線量を計測したところ、地表付近で除去前に毎時3.3マイクロシーベルトだった値が、除去後は毎時0.5マイクロシーベルトにまで下がったという。

 作業員は、市と災害協定を結ぶ地元建設協会に呼びかけて確保した。除去された土は市の埋め立て処分場に運ぶ予定。市は「激しく汚染されている土壌ではないので問題はない」としている。

 市は、今月20日に市内で試験をした結果を踏まえて除去作業の実施を決めた。表土を1センチ削ると放射線量の値が当初の毎時4.1マイクロシーベルトから半分になり、5センチ削ると4分の1になったことから、効果があると判断したという。

除去の対象とする施設は、県の調査結果を利用して選定。文科省は地上50センチから1メートルで測定して毎時3.8マイクロシーベルト以上だった場合には屋外活動を制限する基準を示しているが、市は、より高い値が出る地上1センチの測定値が小中学校で毎時3.8マイクロシーベルト以上、保育所では毎時3.0マイクロシーベルト以上だった計28施設を対象にした。

 この日、小学校と保育所で作業の様子を視察した原正夫市長は「賛否はあるだろうが、原発事故の収束はいつかもわからない状況で、不安なまま学校に通わせるわけにはいかない。5千万〜1億円ほどかかると試算している。安全には代えられない」と説明。「郡山市の取り組みをきっかけとして、国や県には除去の基準を示してほしい」と話した。

 朝日新聞の取材では、県内では他に、伊達市が実施する方針。放射線量の比較的高い2小学校と1幼稚園で連休中にも作業するといい、担当者は「東京の文科省と現場では意識が違う」と話した。本宮市と相馬市も「検討中」とした。

 福島市は「保護者の不安はもっともだが、運び先や安全管理なしに除去作業はできない。専門家の意見も求めながら、状況を見極めたい」としている。

 福島県教委は「今の放射線量は児童・生徒の健康状態に影響を与えるものではなく、表土を削る必要はない」とし、県立学校での実施は考えていない。担当者は「市町村教委で安全性を担保したうえで実施するのであれば、見守るしかない」と話す。(斎藤健一郎、青池学、清水優)

http://www.asahi.com/national/update/0427/TKY201104270234_01.html

| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 13:25 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:25 | - | - |
郡山市の決定、実行に感謝します。
親戚が住んでいますし、姪の子供はまだ1歳、どこかへ避難させたいぐらいですが、本人たちもなかなかそうはいかないので、このような市の決断は未来に対して少し安心しました。

東電の態度、政府の態度に腹を立てているので、郡山市の行動には拍手です。
| slamchan | 2011/05/22 5:55 PM |

感謝はしますが程度の問題ではないでしょうか。子供たちにとって郡山は危険地だと思います。
| おのま | 2011/05/23 3:34 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/3608
被災住民の為にではなく、将来の疫学の為に働く厚生省
放射線の影響、追跡調査へ=「将来の疫学に寄与」―大塚厚労副大臣 2011年5月18日6時6分 【ジュネーブ時事】世界保健機関(WHO)年次総会に出席している大塚耕平厚生労働副大臣は17日、ジュネーブ市内で...
| Dendrodium | 2011/05/23 1:13 PM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters