木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 資料 原発事故 74 1F 三号機の現状 | main | 滑り納め・番外  雷鳥山の四銃士 >>
資料 原発事故 75  ネットワークで作る放射能汚染地図
五月十六日のNHK教育テレビ番組(約90分)です。

官僚のダメぶりがよく分かる、というか、なんで彼らは実効性を求めようとしないのでしょうか。ネットの情報は正式ではないからと云って動かないどこぞの町長さんが出てきますが同じです。横着なのでしょうか、それとも現実感覚に欠陥があるのでしょうか。




最後の動画はむごいですね。愛犬パンダが追いかけてくるのを振り切って逃げる飼い主・・・

日本が戦争に負け、おのま一家が満州から去るときに ちび という犬を置き去りにした、汽車に乗るために駅にきたらちびが先回りしていたという話と重なって落涙・・・

ところが・・・



これ、パンダじゃね?

実はパンダは犬猫救済の輪というグループによって保護され、そのご龍となづけられて熊吉さんという方にもらわれていたのだそうです。よかった、よかった。

http://banbihouse.blog69.fc2.com/

どうして龍がパンダだと分かったのか。

熊吉さんがブログに龍の写真を載せたところNHK番組にでてきたパンダではないかというコメントが寄せられたのだそうです。

でもってパンダを捨てた元の飼い主さんとも連絡がついたというおまけまであります。

熊吉さんのブログから:

犬猫救済の輪さんの話では 龍(パンダ)は 4月22日の制限時間ぎりぎりに パトカー巡回にせかされている状態のところに 車を追いかけてきたので 車はまんぱんだったけれど置いてこれず保護 その時に一緒に くろっぽい犬と猫が数匹いたけれど 逃げてしまい龍しか保護できなかった 間違いなく 今は入れない制限区域にいる・・・・とのことでした


飼い主さんに その話をすると 涙声で
    

3月11日から 4月21日までに11回えさをやりに行っていました
21日連れて出ようと思ったけれど 全部は無理1匹だけ連れて行くことも出来ず
泣く泣く置いてきたんです。でも お父さんが 俺は間違った判断をした犬1匹助けられないで 俺は責任を取って死ぬと言い出して・・・・・パンダが見つかったことで お父さんの命も助けてもらいました
  
と、何度も何度もお礼を言われました。

http://blogs.yahoo.co.jp/kumakitiji/63274224.html


菅直人へ送るための署名運動:原発避難区域内にのこされた動物を救済するための署名運動

http://www.thepetitionsite.com/26/save-animals-in-Japan-evacuation-zone/
| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 01:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:50 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/3605
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters