木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ポン ボレロ 笠置シヅ子 | main | 資料 原発事故 74 1F 三号機の現状 >>
滑り納め 3/3
五月十三日(金)。

きのう塗ったワックスをスクレイパーでそぎ落とし布でなんどか拭いた。せっかく塗ったワックスをそぎ落とす理由が分からない。

正午ちょっとすぎ雷鳥山上に到着。

晴、気温六度、雪はびしゃびしゃに溶けていて歩くとズブズブともぐった。もちろん昨日よりひどい。果たしてワックスの効果やいかん、ワックワックする。


 カット(初級斜面)を滑りだした途端に板が走った。まるで新雪を滑っているようだとは大げさであるが昨日のようにつんのめるようなことがない。こんなに違うとは感動する。ターンが楽だ。しかしゲレンデの残り三分の一あたりにくるとブレーキがかかりはじめ昨日と変わらぬエッチラオッチラ滑りになった。

もっと滑るワックスが欲しい。きのうネットで調べたらデュポン社のNOTWAX というのが良いというのでデスティネーションスキー店に電話したが置いてない由だった。
http://www.whizz-jp.com/zardoz/

バックホーン(中級斜面)を二回滑る。カットより急斜面でブレーキがかかりにくい分滑りやすかった。ペーパーカット(中級・林間)を一回。こちらはてこずった。














バックホーンは途中から狭いだらだら坂になる。急に滑らなくなった。



二時間ほど滑って上がった。

ポールというグラウスのスタッフとしばし歓談。ペンバートンに住んでいる、奥さんが日本人とのこと。あれ、奥さんの名前なんだっけ。・・ひろこさん? は千葉県福生(フッサ)の出で四年かけてカナダの看護婦の資格を取った由。四年の中には英語の勉強が入っている由。

若い頃は四年という時間がとても長く感じられるけれど、近頃の人生は六十年とか七十年とか続くのであるから人生をステップアップさせるために四、五年の修行をするのはとても賢いことである。そろそろアラフォーの我が子らよ、今からでも遅くはない。やってみれ。




下界を見おろしながら歓談二時間ちょっと。




雷鳥山はあとふつかあいているが天気が悪くなるらしい。今日こそ今シーズン最後のスキーとなるのだと思う。長いシーズンであった。来シーズンへ持ち越した課題がいくつかあるが得たものもある。満足。

はやく冬になれ!
| おのまのプロフィール | スキー | 07:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 07:06 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/3603
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters