木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< たまにはおのまのすがおでも | main | 資料 原発事故 59 東電、メディアはこう発表して欲しい >>
チェック機能がなくなった日本

こういう報道がありました。赤字はおのまによるものです:

NEWS ポストセブン
 4月27日(水)7時5分配信

国民に背を向けて既得権益者に尻尾を振る菅直人政権が堂々と権力の座に居座っていられるのは、その「一味」に政権を監視するはずの大メディアが加わっているからである。

財務省から増税のミッションを託された菅首相設立の「復興構想会議」の委員には、新聞界から2人が参加している。

渡辺恒雄・読売新聞グループ本社会長の腹心と呼ばれる橋本五郎・読売新聞特別編集委員と、元朝日新聞論説委員の高成田享・仙台大学教授である。

大マスコミが権力の一部となって政策立案に関われば、もはや政権に対するチェック機能は働かない。菅首相が復興政策づくりにメディアの助けを借りた効果はてきめんだった。

朝日新聞は4月18日付朝刊で〈復興増税「賛成」59%〉という見出しで世論調査の結果を掲載した。読売新聞が報じた世論調査(4月4日付)の増税賛成は「60%」。毎日新聞(4月18日付)は「58%」と、大メディアは横並びで「増税キャンペーン」を展開している。

しかし彼らの“調査”では、「増税以外の財源論」は選択肢にない。「復興のために増税を我慢しますか、絶対に反対ですか」と聞けば、多くの国民が「賛成」といわざるを得ないのは当然ではないか。

見逃してはならないのは、この利権にまみれた「政・官・報トライアングル」の利害が、国民の利害と決定的に相反することである。

「脱原発」ではなく「原発維持」、「増税なき復興」ではなく「大増税」、「国民の安全」より「政権の安定」、これで得するのは利権を手にする政治家と官僚、そして彼らの腰巾着でいたい大メディアだけである。

※週刊ポスト2011年5月6日・13日号


政権を監視するはずの大メディアとありますが日本においてはメディアによるチェック機能がとうの昔になくなっているとおのまは思っています。以前ブログに書きましたが佐藤栄佐久に関する収賄でっちあげにNHKのクローズアップ現代が加担したこともその例です。

とはいえ、週刊誌がこういう記事を載せたところに多少のバランサーが残っているのかなとも思います。ガンガレ週刊誌。


ということで今日は今週発売になった主要週刊誌の目次を次頁に貼ります。目次を眺めているだけで各誌の編集方針などが伝わってくるので結構面白いです。


と書いたあと貼る作業をしたのですがとても手間がかかるので途中でやめました。

しばらくのあいだは以下をクリックすると目次を見ることができます。読売は週刊誌やめたんですかね、みつかりません。

朝日 http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=12568
毎日 http://mainichi.jp/enta/book/sunday/
新潮 http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/newest/
現代 http://www.zassi.net/mag_index.php?id=230
文春 http://www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/index.htm
ポストhttp://weeklypost.com/110506jp/index.html 
光文社 http://www.kobunsha.com/shelf/magazine/current?seriesid=101002
 ★週間ポスト 5月6日&5月13日号
TOP NEWS
<徹底追及>本誌スクープに慌てふためく「政・官・報トライアングル」
菅官邸が隠した「被曝データ6500枚

ついに「国民の命」まで権力の踏み台に!衝撃証言「公表するなと命じられた」

「真夏の大停電」で国民を脅し、財源を隠して「増税」を推し進め、挙句の果てには放射能汚染データを握りつぶして被災者を被曝させた――。国民の生命と財産を踏み台にして権力にしがみつく菅政権は、もはや国家の敵そのものだが、それを許しているのが、利害を同じくする霞が関、そして大新聞だったことがはっきりわかった。本誌が突き止めた3つの大嘘から、「政・官・報トライアングル」の許されざる背徳の大罪を白日の下に晒す。

特集
ついに「国民の命」まで権力の踏み台に! 菅官邸が隠した「被曝データ6500枚」
衝撃証言「公表するな」と命じられた。本誌スクープに慌てふためく「政・官・報」のトライアングル
「本当の危機」と「デマ」を見極める福島第一原発「被曝と廃炉」完全大図解
それでも東京電力は「債務超過」「上場廃止」にならない!?
ワイド 被災地に咲いた美談
◯原発作業員の「こころの宿」◯牡鹿半島に「奇跡の避難所」◯「思い出探し隊」が拾い上げる「家族の記憶」◯精神科医が見た被災者の逞しさ◯被災者に寄り添う「白衣の天使」◯立教新座高校長が新入生に贈った「命二つ」の心


孫正義 [独占インタビュー90分]
「私欲に非ず」
「ネットデマ削除要請」は平成の治安維持法か
緊急停車した新幹線で 社長の名前で恫喝した朝日新聞御一行
昭和天皇のご心情はいま 今上天皇へ
天皇「被災地巡幸」の御心
ワイド 薫風の中の美女たち
◯元キャンディーズ田中好子急逝◯「8歳年下婚」小雪◯綾瀬はるかが寄り添ったあの人◯新妻ケイト妃にゴシップの洗礼◯丸川vs三原の功名争い◯横峯さくら「仮設住宅用地提供」◯西尾由佳理「週休6日」◯テレ東入社・紺野あさ美◯森麻季 生放送中に赤面絶句
刮目新連載 オンリー・イエスタデイ1989
壮絶闘病記 トラオ 徳田虎雄 不随の病院王
グラビア
カラー16ページ [コミック待望の新連載]
時男 〜愛は時空を超えて〜 国友やすゆき 第1回
16ページ特集 もっともらえる年金
「最強の受給作戦」
[GWスペシャル撮り下ろし] 武井咲 17歳、咲いた。
[被災地にサクラサク] 望郷の桜
 
[伝説の仏師が彫る仏像] 運慶 快慶
躍動する肉体 輝く眼
[ポストを飾った女優7人] 艶めく素肌
ブルーマン、歌舞伎に挑む!
白洲信哉 ニッポンの神仏 最終回
〜近江の路傍のお地蔵様〜
好評連載 うまいもの心味舌妙探偵団

| おのまのプロフィール | 政治経済 | 12:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
連載・コラム
小説

安部龍太郎「五峰の鷹」

コラム

広瀬和生「噺家のはなし」
鎌田實「ジタバタしない」
綾小路きみまろ「夫婦のゲキジョー」
おぐにあやこ「ニッポン あ・ちゃ・ちゃ」
大前研一「『ビジネス新大陸』の歩き方」
曽野綾子「昼寝するお化け」
  ノンフィクション

井沢元彦「逆説の日本史」

コミック

後藤圭介「リストラ探偵アカハナ」
やく・みつる「マナ板紳士録」

  情報・娯楽

「ヒットを創る『熱情金言』」
「カイシャの裏サイト」
恋愛カウンセラー・マキの貞操ファイル
ポスト・ブック・レビュー
医心伝身
ポストパズル→解答
プレゼント
法律相談
現場の磁力「車谷長吉 私はもう二度と人間には生まれて来たくない」
ビートたけし「21世紀毒談」
高山文彦 糾弾


政治、経済から事件、風俗まで--
日本と世界の今を読むNo.1総合週刊誌『週刊ポスト』ただいま発売中


 

週間新潮 5・5&5・12日号 370


対「放射能」緊急訓練

「放射性物質」飛散シミュレーションで避難すべき地域
問い合わせ殺到でも「セシウム除去剤」値段が秘密だった
爆発破片が放射線青天井! 「福島第一」原発最奥部の暗闘
今も「20キロ圏内」に留まって暮らす家族の肖像
東京電力が支払う「仮払金100万円」被災者の使い道
「EU非公式会合」で不手際の日本が叩かれるわけ
予告された神奈川県西部の地震で「浜岡原発」のリスク


辞めない「菅総理」斬首への「5つの陰謀」

――危急存亡の秋、国民も見放す「無為の宰相」に愛想を尽かし、与野党を問わず密かに総理交代の謀略が進んでいる。「輿石」と「麻生」の密談、「仙谷側近」と「小沢」の面会は何を意味するのか。きな臭くなってきた永田町で反乱の「鬨の声」が上がるのは52――


「暴走原発」を鎮められぬ「A級戦犯」輝く履歴書

勝俣恒久 東京電力会長  清水正孝 東京電力社長
武藤 栄 東京電力副社長  班目春樹 原子力安全委員会委員長
寺坂信昭 原子力安全・保安院長  西山英彦 経産省審議官


5月に景気大失速! 失業者が街に溢れる
「サラリーマン」の年間所得が150万円も減る!


今こそ北へ! まだ間に合うGW「みちのく観光」ガイド


【特別読物】「ソ連」が日本海に流した「高濃度放射能」伏せられた「原子力潜水艦事故」
国際問題研究家 瀧澤一郎


【特別読物】白蝋の遺体を収容する「海上自衛隊」同行ルポ
ジャーナリスト 笹 幸恵


原発10基で「7000億円」が福島に降ったカラクリ

――巨額の電源三法交付金と固定資産税、核燃料税が流れ込み、地元を潤した。しかし、減価償却が進むにつれ、自治体は再び財政難に陥り、さらなる原発誘致を望んだ。麻薬的な原発建設の実態。


【ワイド】追憶の「3.11

1)「行方不明の母」に毎晩電話の少女が瓦礫に見つけた宝物
2)地震から9日後に救助された「祖母と孫」のその後
3)学童7割が亡くなった「大川小学校」慟哭の新学期
4)慰問「天皇陛下」をカシャカシャ撮影する「避難所のマナー」
5)「石原軍団」から杉さままで「芸能人」炊き出しランキング
6)「仮設ラブホテル」も必要になる「避難所」の性
7)「石油を作る藻」が塩水に浸かった被災地を救うか?
8)中国が触手を伸ばす「被災農家」ヘッドハンティング
9)計画的避難「飯舘村」で「猪肉」の生産者が嘆く事情
10)「鉄道マニア」の聖地になる!? 津波に耐えた希少な機関車
11)飛ぶように売れている被災地の「中古車市場」
12)両親を亡くしたソープ嬢もいる「仙台歓楽街」復活
13)心療内科医「櫻井充」財務副大臣が「菅総理」の性格分析
【グラビア編 23P
瓦礫に覆われた被災地の「全記録」


「夏目雅子」と「田中好子」

――1985年、白血病で逝った「夏目雅子」。その後、夏目の兄と結婚した「田中好子」。二人の人生の交差点に生まれたドラマ。


【特別対談】「あとの祭り」単行本発売記念
渡辺淳一×内田恭子

「弱い男」を、褒めて育てる「おだて力」


★★読む 見る 聴く【GWお薦めガイド】★★
私が選んだ「ベスト5」 Book Selection
 川本三郎/渡邊十絲子/大森 望/縄田一男
CD DVD Selection
GW映画30本チェック Cinema Selection
 白井佳夫/北川れい子/グレゴリー・スター
TV視聴室 GW番組スペシャル
GW Special Guide


■■■ コラム ■■■
あとの祭り/渡辺淳一
日本ルネッサンス/櫻井よしこ
変見自在/高山正之
おれのゴルフ/青木 功
オモロマンティック・ボム!/川上未映子
団塊から歴女まで「日本史教科書」再読ドリル/小島 毅
TVふうーん録/吉田 潮
サイエンス宅配便/竹内 薫
がんの練習帳/中川恵一
世間の値打ち/福田和也
窓際OLのすってんころりん日記/斎藤由香
なんだかなァ人生/柳沢きみお
ブルーアイランド氏のクラシック漂流記/青島広志
セレブゴシップ天国ときどき地獄/関 陽子
気になる一手/中原 誠・小川誠子
私の週間食卓日記/藤間勘十郎
大人のマンガ 読むマンガ
B級重大ニュース


■■■ 小 説 ■■■
村上海賊の娘【新連載】/和田 竜
けさくしゃ【新連載】/畠中 恵
途方もなく霧は流れる/唯川 恵


黒い報告書/桐生典子


新々句歌歳時記(嵐山光三郎・俵万智) 掲示板
結婚 墓碑銘


■■■ テンポ ■■■
ロビー
ビジネス
オーバーシーズ
インシデント
スポーツ
エンターテインメント
マイオンリー 宮本隆治
タウン


■■■ グラビア ■■■
・管見妄語(藤原正彦)
・週刊鳥頭ニュース(佐藤 優・西原理恵子)
・おちょクリック!
・優越感具現化カタログ
・中年弁当男子
・一歩先行くもてなしの宿

立ち読み

日本ではありえない「英王子ご成婚」の凄い記念品


週間文春 5月6日&5月12日ゴールデンウィーク特大号
「東日本大震災」本誌が掴んで書かなかった全情報

戦慄ドキュメント 完全保存版
「福島原発」世界を震撼させた45日間  麻生

爆発を最初に伝えた福島県警ヘリ。メルトダウン寸前でも自衛隊を現場に張りつけた経産大臣…。初めて明かされる東電、政府の混乱。それでも原発と戦い続けた男たち――

· 
東京電力の「大罪」 決定版
日本有数の優良企業はなぜ公害企業に成り果てたのか!?
▼保安院 西山審議官の娘も東電社員 ▼聖路加タワーに政官接待「50畳敷き迎賓館」 ▼道路公団、郵政よりひどい公共料金ムサボリ ほか

·  ·  震災から40日 岩手・宮城・福島 
被災地ルポ 小誌記者が聞いた「慟哭」と「祈り」
「津波の風圧で家が吹き飛んだ」「自然にイタズラしても勝てねえ」
「私たちは家畜と一緒」「『がんばろう』と言われても言葉じゃ何も変わらない」 ほか

·  20キロ圏立ち入り禁止、母乳、野菜、魚…
「放射能汚染」福島で何がおこっているのか

·  50キロ自己規制」自分の身だけを守る卑怯な記者たち

スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:42 | - | - |
私の70を超えた両親も、ようやく、朝日新聞とNHK,および民放テレビはおかしい、と言い始めました。このごろは週刊誌を信用しているようです。週刊誌には頑張ってもらいたいですね。おそらく、50年の朝日購読歴と思われる両親の朝日への信奉もとけつつあります。ネットのおかげですね。
 御用会議にはたいてい大新聞社の役員が起用されてきました。医療関係の御用会議も同様です。ろくなもんじゃありません。ただの官庁の応援団です。これからは増税とTPP推進による混合診療解禁から自由化が懸念されます。どういう洗脳報道を開始するものやら注目してます。
| ドクトル硝子 | 2011/04/28 3:04 AM |

七十前後のひとで NHK 大新聞 文藝春秋 で世界観をつくっている人は自分の力で検証しようという姿勢が欠けるひとが多いですね。

朝日新聞は御用メディア、週刊朝日は真相メディアという風に棲み分けができているといいのですが、週刊誌に裏切られることも多々あるので油断できません。
| おのま | 2011/04/28 1:08 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/3561
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters