木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 資料 原発事故 58 被曝者・83日間のくるしみ | main | たまにはおのまのすがおでも >>
資料  原発事故 スクラップブック  一週間前の汚染状況 
一週間前のデータが公表されました。汚染状況は芳しくないようです。

空気中のヨウ素、限度超え 原発20キロ圏
2011.4.26 00:35 産経msn

 文部科学省は25日、東京電力福島第1原発から半径20キロ圏内で地表付近の空気中に含まれる放射性物質について、調査結果を初めて公表した。ヨウ素131は、4月18日に調査した11地点で空気1立方メートル当たり5・2〜310ベクレル検出し、法令の濃度限度である同ベクレルを全地点で上回った。

 最高値は原発の北西約4キロの福島県双葉町で、ヨウ素は濃度限度の62倍、セシウム134は6倍、セシウム137は4倍近かった。

 20キロ圏外では事故後、ヨウ素131は濃度限度の111倍、セシウム137は5倍近くが検出されている。


 ★
当地時間2011年4月13日(水)記:

レベル7と公式に認定されましたがそれを否定する見解も散見されます。

事故発生当初に放射能漏れは起きないだろうとか、漏れるとただちに健康に影響ないとか、レベル4から5に引き揚げられると限りなく4に近いとかいってきた人たちの悪あがきであろうと思います。

これからもそうした楽観的な見解攻撃(笑)は続くでしょうが、そういう中に悲観的な数値や事実が報道されることでしょう。楽観的見解を飲み込むのが好きな人たちは悲観的な報道を見過ごすかもしれません。あとになってから、だって政府はそんな報道しなかったじゃないと云うかもしれません。

いえ、ちゃんと報道しましたよ・・・といわれそうな報道をみつけたら本日のブログに貼っていきます。徐々に増えていくスクラップブックのようなものです。

このまま4月13日のブログとして埋没させるのではなく、新しいスクラップが増えるたびにブログの最初に移動させます。



 

 

★ 
本日の追加:原発事故収束工程表によると

年内に避難中の住民が20キロ圏内に戻ることはありえないということです。これまでの状況からみて至極妥当な見解です。おそらく来年も再来年も同じだろうと思います。

おのまが政権にあるのなら

…召舛鉾鯑饅嗣韻新天地で生きていくてだてを用意します。住民の精神的ストレスを軽くするため新天地は福島県内に設け、また住民が離れ離れにならないようにします。

⊇嗣韻元の場所にもどり、元の所得を得るようになるまでの時限立法として彼等への所得保証をします。

0幣紊砲かる費用の財源は東電負担とします。

いのまが東電の社長であれば東電の資産売却、東電社員が受け取っている所得、年金などの削減等で対応します。政府の指示がある前に行動します。今回の収束工程表に住民への配慮が載っていないことを恥じます。


2011年4月18日

収束工程表

 ◇年内避難解除、困難に

 東京電力は17日、勝俣恒久会長が記者会見で福島第1原発1〜4号機の収束工程表を発表し、原子炉内の水が100度以下で安定する「冷温停止」になるまで、最短でも6〜9カ月かかるとの見通しを明らかにした。東電の発表を受けて海江田万里経済産業相が17日、会見し、避難区域の住民の帰宅可能時期について、「6カ月から9カ月後を目標に、一部の地域の人に お知らせできる ようにしたい」と述べた。しかし、勝俣会長自身がスケジュールには不確定な要素が多いことを認めており、事実上、年内の帰宅は難しくなっている。

 工程表で東電は、原子炉冷却や放射性物質の拡散防止など、63項目の具体策を示した。3カ月以内に「放射線量を着実に減少させる」、6〜9カ月以内に「放射線量を大幅に抑える」とした。しかし、燃料取り出しや解体など、中長期的な見通しは示していない。

 今後3カ月を「ステップ1」、その後3〜6カ月を「ステップ2」とし、(1)原子炉冷却(2)燃料プールの冷却(3)汚染水対策(4)大気・土壌での放射性物質抑制(5)避難地域での放射線量低減−−の課題別に対策を公表した。

 原子炉冷却では、ステップ1で原子炉圧力容器の外側の格納容器まで大量の水を注入して燃料の温度上昇を抑制。さらに炉内の水を循環させながら冷却するため、外部に熱交換器を設置することも検討する。1号機で行っている格納容器への窒素注入を2、3号機に拡大し、水素爆発の危険性を回避。格納容器が損傷しているとみられる2号機では、補修工事も行う。これらの対策をステップ2まで継続し、原子炉の冷温停止を目指すという。

 燃料プールは、コンクリート圧送車での放水を続ける一方、プールを支える建屋の壁が損傷した4号機について、ステップ1で補強工事を行う。放射性物質の拡散抑制対策では、ステップ2までに原子炉建屋全体を覆う布製カバーの設置を終え、壊れた屋根や外壁をコンクリートなどで覆う本格的措置の詳細設計に入る。

 ただ、現状では高い放射線に阻まれ、機器や配管の損傷程度すら正確に把握できていない。余震による作業の中断も予想される。

 海江田経産相は、一部地域の住民が帰宅可能かどうかを判断する時期について、「ステップ1では難しい。(原子炉が冷温停止状態になるなどの)ステップ2だ。ステップ2の終了時に内閣府原子力安全委員会の意見を聞いた上で、可能な限り広範囲の放射性物質の除去に取り組む」と述べた。しかし、「一部の地域」の範囲や、それ以外の地域については明言しなかった。また、政府として「原子力安全・保安院で、例えば1カ月間隔を目安に(進捗(しんちょく)状況を)確認していく」と語った。【平野光芳、藤野基文、関東晋慈】

==============

 ◆福島第1原発事故収束に向けた工程表

 ◇ステップ1(放射線量が着実に減少傾向となっている)=3カ月程度

 ◇具体策

・圧力容器に窒素ガスを注入

・燃料上部まで格納容器を水で満たす

・汚染水の保管、処理施設の設置

・原子炉の熱交換機能の検討・実施

 ◇ステップ2(放射性物質の放出が管理され、放射線量が大幅に抑えられている)=ステップ1終了後3〜6カ月程度

 ◇具体策

・使用済み核燃料プールへの注水の遠隔操作

・汚染水の処理、再利用

・原子炉建屋全体を覆うカバーの設置

・避難指示、計画的避難、緊急時避難準備区域などで除染 

毎日新聞 2011年4月18日 東京朝刊



2011.4.17 19:40


松本外相と会談後、記者会見するクリントン米国務長官=17日午後、外務省飯倉公館(三尾郁恵撮影)

 クリントン米国務長官は17日の日米外相会談後の記者会見で、東日本大震災で在東京米大使館の職員の家族らを対象に出されていた日本国外への自主避難勧告の解除について「ビジネスや他の理由でも平常通りに是非日本に行ってくださいという対応だ」と述べ、日本の安全性を強調した。

 一方で「国務省は(福島第1)原発から80キロ圏内を除く日本の全地域への渡航延期勧告を解除した」と指摘し、依然として80キロ圏内では「不測の事態が起きかねない」(国務省)との判断を維持していることも明らかにした。



2011.4.15 06:33

 東京電力福島第1原子力発電所事故について、日本原子力学会が設置した事故調査委員会は14日、1〜3号機の炉心燃料棒の一部が溶け落ち、原子炉圧力容器の下部にたまっているとの見解を示した。溶け落ちた燃料は注水で冷やされ、固体状に固まり、原子炉に穴が開くなどの損傷の恐れはないとしている。

 同委員会では、各号機の原子炉の表面温度や内部の放射線量などのデータから、燃料棒を覆う「被覆管」が溶け、内部の放射性物質(放射能)が漏出するだけでなく、燃料の一部が、数ミリの粒状になり、溶け落ちる高温になったと推計した。

 原子炉の損傷は回避されたが、注水が2、3日間途絶えると危険な状態になるため、余震への注意が必要としている。

 調査委の澤田隆・主査は都内で開いた会見で、「現在、原子炉は安定した状態で、放射性物質の大量放出の可能性は極めて低いが、原子炉の安定した冷却には2、3カ月かかるだろう」と、述べた。



2011/04/14(木) 23:10
無料

福島はアブナイ。原発はもう一発爆発する!

<docomoアドレスさんより>初めまして。福島県に住む者です。自分は教師なのですが、本教え子が原発で作業をしていて、本日帰ってきたのですが、今現在、80%の確率で原発が爆発するそうです。「後に上がるか下がるかは分かりませんが逃げる準備だけは行ってて下さい」と言われました。

(コメント)おそらく2号機だと思います。政府原発担当大臣もそういってます。「2号機が本ヤマだ」と。
 
 いまや、あとは東京さえ守れればどうなろうとどうでもいいんですが・・・どうせあの地域はおしまいですし。ちなみに読者の皆さん、この投稿は、docomoアドレスから来てるんです。ということは、本当ですよ。




福島第1原発 4号機プール、再び水温上昇 東日本大震災後の3月15日に原子炉建屋が爆発で大破した東京電力福島第1原発4号機で、使用済み核燃料プールの水温が90度まで上昇していることが13日、東電の調べで分かった。付近の放射線量も毎時84ミリシーベルトと極めて高い。通常は普段着で歩くことができる同0.0001ミリシーベルトという。一方、東電は同日、建屋が爆発で吹き飛んだ1、3、4号機でプールから燃料を取り出す検討に入ったことを明らかにした。

【図解】今、どうなっているのか 福島第1原発1〜4号機の現状

 同原発では、海水で冷やすという通常の循環冷却装置システムが失われ、外部からの注水で冷やしている。

 4号機のプールには1331体の燃料集合体がある。このうち548体は炉内工事のため全量が取り出され、通常の使用済みの燃料棒に比べ、高い熱を放出する可能性がある。このため、燃料の余熱でプールが沸騰し、露出した燃料棒が過熱して被覆管が水と反応。水素が発生し爆発したとされる。その後、コンクリート圧送車で水を補給し、事態は落ち着いたとされていた

 ところが、今月12日に燃料棒の損傷度を調べるためプールの水を遠隔操作で採取した結果、水温が爆発前日の84度を上回る90度と判明。プールの約6メートル上空で通常の10万倍以上の放射線量が計測された。燃料は水に覆われているが、東電は原因を「プール内の燃料の損傷か、圧力容器内の物質が出た可能性が考えられる」と推測。放射性物質の成分を分析している。

 プールへの冷却水を増やすと、放射性物質に汚染された水があふれるというジレンマに直面し、注水量は蒸発分の補充にとどまる。東電の松本純一原子力・立地本部長代理は「通常の冷却システムを早く復旧させたいが、建屋内の放射線量が高く作業ができない」と対応に苦慮している。

 燃料の取り出しでは、外に足場を作り、上からクレーンで密閉型の収納容器を入れて燃料を挿入後、引き上げる案が浮上している。しかし、通常でも搬出には数年間の冷却を経ており、今回は事故で燃料棒が損傷している可能性があるため実現性は不透明だ。どのプールから始めるかは未定といい、一時的な搬出先として仮設の燃料プールなどを想定している。【山田大輔、八田浩輔】 毎日新聞 4月13日


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110413-00000011-maip-soci

 


 
レベル7になったことに関する京大小出先生のコメント

http://doktorglass.blog84.fc2.com/blog-entry-53.html




2011.4.13 23:46

文部科学省は13日、福島第1原発から20キロ圏外の12日までの積算放射線量が、福島県浪江町で最高1万5630マイクロシーベルトに達したなどとする測定結果を公表した。前回11日の計測から0・2〜21・5マイクロシーベルト増えた。

3月23日以降、各地に簡易型線量計(ポケット線量計)を設置して定期的に計測。同省ホームページで毎日公表している。結果からは、これまで各種の測定で示されている通り、同原発の北西側で高い放射線量が検出された。

 福島県各地の主な積算線量は次の通り。

 【浪江町赤宇木手七郎】1万5630マイクロシーベルト(3月23日〜4月12日)

 【飯館村長泥】9082マイクロシーベルト(同)

 【いわき市四倉町白岩保木田】261マイクロシーベルト(3月31日〜4月12日)

 【南相馬市鹿島区寺内本屋敷】453マイクロシーベルト(3月23日〜4月12日)


17地点で「毎時10マイクロシーベルト」超え 福島県
2011.4.13 21:04

 福島県は13日夜、全県2757地点で測定している「環境放射線モニタリング調査結果」のうち、初日の12日に測定を終えた705地点の結果を発表した。

 このうち「毎時10マイクロシーベルト」を超えたのは17地点。最高値は浪江町昼曽根尺石(国道114号の富岡土木事務所看板前)で、毎時44・8 マイクロシーベルトだった。

 市町村別では、浪江町10地点▽飯舘村5地点▽南相馬市2地点。このうち文教施設は県立浪江高津島校だけで、28・4マイクロシーベルトで、4番目に高かった。

 12日の測定は、福島第1原発に近い浜通り、県北地域を中心に実施した。

 県は「同地域でも放射能が集まりやすい地点が局地的にあるのではないか。現段階で危険な水準ではないと思う」としている。

 測定は、東京電力福島第1原発の放射能漏れを受けて、東京都や電力各社の協力で実施している。

| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 23:41 | comments(3) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:41 | - | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/04/20 6:58 PM |

はやの氏のツイッターの情報も参考にしてます。パソコンが無いからツイッターが便利です。来週カナダに行くんだってー

http://nucl.phys.s.u-tokyo.ac.jp/hayano/
| のん | 2011/04/23 1:18 PM |

のんさん、一番目のコメントは国家機密にふれるので(笑)非公開とします。

早野教授・・・東京大学のセンセイかあ・・・信用しないほうがいいんじゃね(笑)
| おのま | 2011/04/24 4:33 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/3535
★放射能汚染の実態を隠蔽して復興計画は画餅だ!
★正確な状況認識に基づかない復興計画は利権の巣窟だ!将来の展望が見えない非科学的
| ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ | 2011/04/15 11:16 PM |
東京電力の通信簿。
 福島第一原発事故の事態収束に向け、東電からロードマップ(工程表)の発表があった。勝俣恒久会長の会見内容によれば、1〜3号機の原子炉を安定的「冷温停止状態」に6〜9ヶ月程度の時間が必要とし、「放射線量の着実な減少」に3ヶ月、「放射性物質の放出管理と線
| プールサイドの人魚姫 | 2011/04/19 6:12 AM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters