木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< やけど | main | コロンビア氷原・凍死? >>
コロンビア氷原・キャンプ場の係員

さて、1973年8月、カナディアンロッキーにもどります。

コロンビア氷原が道路の向かい側にみえるキャンプ場に泊まりました。テントを張り、焚き火のまわりで夕食をとったあと急にあたりが暗くなりなした。

顔をあげると山の上空に灰色の雲のかたまりができているのが見えました。その雲がスーっとおり始めたと思うと冷たい強風が吹き、消えかかっていた焚き火が激しく燃え上がります。雨がふるのかなあと思いながら片付けを続けてるところに、若者がキャンプ代(2ドル)をとりにきて Nice weather,eh?(良い天気だろ)と笑い、今夜は雪になりそうだといいました。本当かいと問うと本当だといいます。ところでこの辺にも熊はでるのかいと聞くと出るから食べ物のカスは棄てたほうが良いといいます。

いかにも健康そうで素朴な青年で、前日ジャスパーのキャンプ場で2ドルを集めにきた若い女性もそうでしたが、飾りけのない素直な話し方、大自然への抵抗力を備えている、いや適応力といったほうがよいでしょうか、自然と一体化したような立居振舞、雰囲気が体全体にあり、強く印象に残りました。

ジャスパーではその女性が、このへんは熊が毎晩でるから食べ物のにおいをさせないほうが良い、熊がひとに害をくわえることはないから心配ないけれど、といったのが気になり夜中に何度も目がさめました。熊の姿はみませんでしたが、朝みると近くのブリキのゴミ箱のふたがずれているのでやはり出たのだと思いました。

ところで 若者が言った Nice weather,eh? の最後の eh? は相手に同意を求める時にカナダ人がよく使います。親しみがわきますが垢抜けしない感じがあり、アメリカ人がカナダ人の英語をからかう時はeh?を乱発します。


| おのまのプロフィール | UBC | 12:13 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:13 | - | - |
http://onomar.jugem.jp/trackback/353
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters