木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 資料 原発事故 41 チェルノブイリを越えた? | main | メモ・東日本大震災後の音楽会風景 1 >>
逃げるが勝ち
たまには息抜きタイムです。

アメリカの風刺漫画で津波をネタにしたのはひとつしか見ていません。地震ネタはゼロです。自粛しているのでしょうか。日米関係が悪い時期だったら、石原慎太郎のように天罰だと叫んでいるような絵が出てきたかもしれませんが、今のアメリカは心の底から日本気の毒ねというムードではないでしょうか。

原発ネタの作品はいくつか見ましたが傑作だと思ったのはひとつだけです。でもこれは米国の事情を知らないと理解できないので、べつの作品を紹介します。

例によっておのまの好きなクレイベネットです。


左の扉    AUTHORIZED PERSONNEL 関係者以外立入り禁止
男性の背   原発
赤い箱     緊急時
キャプション 運動靴?

おのまが書いてきたことと同じです

君子危うきに近寄らず
prevention is better than cure

本日はあらたに加えます

逃げるが勝ち

今からでもいいから逃げられる人は逃げるのがいいです。あとで無駄になったとしてもいいではないですか。あとで取り返しのつかないことになったと後悔するよりは。

あっ、息抜きにならなかったですね・・・・・・
| おのまのプロフィール | 風刺漫画 | 01:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:48 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/3519
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters