木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 資料 原発事故 26 水道水の放射能 | main | 気晴らし・・・・・・過去を振り返ったり未来を想ったり・・・・ >>
 「知事抹殺」増刷中 (知事抹殺 26)


当ブログでも推奨している「知事抹殺」に対する関心が高まっているそうです。

日本の病根の象徴ともいえる検察、裁判による捏造、冤罪がひろく世に知られ、はたまた現在進行中の福島原発事故とがあいまってこの本が多くのひとに読まれることは日本の将来にとって大変良いことであるとおもいます。


佐藤栄佐久公式サイト
http://eisaku-sato.jp/blg/2011/03/000051.html

 2011年3月26日

■「知事抹殺」増刷中・取材記事掲載など:[スタッフ]

ただいま、佐藤栄佐久の著書、『知事抹殺』(平凡社)について、書店で手に入らない、ネット書店では品切れになっているというお問い合わせ、ご指摘をいただいております。

福島県に限らず、全国に渡り非常に多くの方に興味をお持ちいただき、感謝を申し上げると同時に、本書にそのような関心を呼ぶ原発事故の現状と影響を非常に憂慮しております。

現在、版元の平凡社さんでも品切れで、増刷の手配をしています。地震で製紙会社の倉庫が被災したために紙の手配がやや遅れているとのことですが、数週間のうちには増刷分を書店・ネットでお求めいただけるようになるかと存じます。

もう少々お待ちいただけますようお願いいたします。

増刷の日程がわかり次第、またお知らせさせていただきます。
平凡社でも、直接ご注文を受け付けているそうです。

なお、本ブログも更新が滞っており申し訳ございません。
近く、佐藤栄佐久本人の記事をアップさせていただきますが、取り急ぎ、現在取材を受け掲載されているメディアを下記に挙げさせていただきます。

■ビデオニュース
マル激トーク・オン・ディマンド 第518回(2011年03月18日)
日本の何が揺らいでいるのか

■岩上安身氏インタビュー
2011年3月20日

■サンデー毎日 4月3日号
◇私に寄せられた内部告発の中身 
「原発政策、政治家は関与できず霞が関の独裁だ」

■週刊文春 3月31日号

■The New York Times
Japan Extended Reactor’s Life, Despite Warning

By HIROKO TABUCHI, NORIMITSU ONISHI and KEN BELSON
Published: March 21, 2011

ここ郡山市では、震災で現在物流が非常に限られているため、掲載されている週刊誌を購入することは出来ないのですが、入手できる地方の方はぜひ、ご覧になってください。

| おのまのプロフィール | 知事抹殺 | 12:37 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:37 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/3488
副島隆彦を囲む会では、貧しいが前途のある、優秀な若者たちを育てています!
アメリカの洗脳広告代理店である電通を使った、テレビ、新聞、週刊誌、ラジオに洗脳され続ける日本人は、自分自身の脳、すなわち思考そのものを点検せよ! すべてを疑うべきなのだ!
| 副島隆彦の学問道場 | 2013/09/02 5:45 PM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters