木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 資料 原発事故 23 まやかしが本質の日本というシステム  | main | 資料 原発事故 25 ポンチ絵にだまされるな >>
資料 原発事故 24 ことし東京は千回以上の核実験にさらされる

2011.3.25 19:38
 MSN産経記事
東日本大震災の40分後、福島第1原子力発電所を襲った津波のビデオ映像=25日(ロイター)

クリックして拡大する

東日本大震災の40分後、福島第1原子力発電所を襲った津波のビデオ映像=25日(ロイター)

 福島第1原発事故で東京に降り注いだ放射性物質のセシウム137は、最大となった降雨の21〜22日に、かつて行われた大気圏内核実験で1年間に降った量の3倍近くに達したことが分かった。

 放射線医学総合研究所の市川龍資元副所長(環境放射能)の資料と、文部科学省の発表データを比較。市川さんは「早く原子炉を冷却し、沈静化させてほしい」と話している。

 市川さんによると、昭和38年に東京で確認された放射性降下物のセシウム137は年間1平方キロメートル当たり52ミリキュリー。換算すると1平方キロメートル当たり1924メガベクレル。

 文科省によると、今月18日以降、東京で降下物として検出したセシウム137は、24時間ごとの値で最大だった21日午前9時〜22日午前9時は5300メガベクレルで、38年の1年間の約2・8倍になった。翌日以降は400メガベクレル以下に減少した。


上記の記事を元に掛け算をする

3月21〜22日が1日だとする

1日で 1年、すなわち365日の3倍


365x3=1095

このまま福島原発の原子炉がくすぶりつづけるのであればことし東京には大気内核実験を千回以上続けて出るセシウム137が降り注ぐということである
| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:23 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/3485
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters