木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 資料 原発事故 19 3月21日(月)の放射能大気汚染 | main | ガソリンを学校のプールに溜めたらどうかって >>
資料 原発事故 20 掛け算をしないNHK怪説

三月二十日(日)は十六年ぶりに大きな満月がでるから月光を浴びながら滑ろうとスキー仲間から誘われた。なんでも普段の140%もの大きな月になるらしい。

おのまはトロントでとても大きな月をみたことがある。それは十六年前ではなく、ギルシャハムと江口玲の演奏を聴いた1999年の秋だった。どういうわけか月は昇ったり降りたりを繰り返しているように見え、いつもと違う妙に赤っぽい色とあいまってとても不思議な念にかられたものである。


日本の惨事いらいこのかた海外にいる日本人の多くは喪に服しているような精神状態にあるのではなかろうかと思うのだが、それがおのまにもある。そんなことをしたって被災地の人の苦難が分るわけないと承知しつつ、簡易ベッドをしまい床の上にふとんを一枚敷いて寝てみたりした。

むろんスキーをしようという意欲は失せた。滑っては申し訳ないという気分だ。

そういう気分とは別に、この惨事は長丁場になる、これから何年も何かをしないといけないことになる、短期間のあいだに心身のエネルギーを使い果たしてはいけない、そのためにはひとりひとりが与えられた環境のなかで良く生きることだという気分もあった。

ふさいでいる気分を晴らそうと夕方四時半、グラウス山に出向いた。


雪は柔らかく、ボソボソでデコボコだった。おのまが最も苦手とする重い雪に十日の間に衰えつづけてきた脚の筋肉は悲鳴をあげ、緩みつづけてきた腹筋のなかで内臓があえいだ。

百メートル滑っては休んだがそのたびに息が上がっていた。シーズン始めのときと同じだ。最初の二本を滑るのに四十分かけた。

三本目は十分で滑った。滑りおわると脚の痛さはなくなっており、体は柔らかくなっていた。

四本目、ゲレンデの途中で止まり徐々に暗くなっていく下界を三十分ほど見つづけた。それが明日なのか百年後なのかはしらないが、いま見ている人界がやがては地震に割られ、津波にのみこまれるのだ。

我に返って滑ろうとしたら体が硬くなっていた。風が冷たかった。


七時。二時間半ほどすべったあと五人の仲間と歓談した。

満月にちなんでマウンテンムーンライト(山の月光)なるカクテルを注文したが甘くて閉口。カナディアンクラブ(ライ酒)のダブルストレートで口直し。仲間で飲んだのは他にひとりだけ。それもビールこびん。軟弱なりわが仲間。

原発の話がでた。

仲間のひとりは官製報道の信奉者らしい。漏れでた放射能はレントゲン程度で心配ないらしいじゃないかと云う。

官製報道真っ赤な嘘ネのおのまはすぐさま反論。レントゲンは、息を吸って、ハイ止めて、バシャリの一瞬である、漏れでた放射性物質は何日もつづいて在る、半減期が人の一生ほど続くのもある、掛け算をしない東大の関村教授の解説は怪説であると反論。

そういえばそうだ、レントゲン技師は鉛で防御しているよなとあいなった。賢明なりわが仲間。


九時過ぎ二人が帰り、おのまを入れた四人がリフトの止まるまで滑った。

歓談していた二時間のあいだに雪はボソボソ&デコボコからジャリジャリ&ウネリに変わっていた。氷でできた砂漠みたいな雪面に板は潜ったが昼間よりは断然滑りやすかった。

ゲレンデに人影は少なく夜景はきれいだった。やけにきれいな夜景。

最終リフトまで滑ったのは初めてかもしれない。リフト乗り場の若いスタッフが日本のG3たちやるねえと感心していたのか、あきれていたのかは知らないが当方はとても良い気分だった。

最後まで月は雲に覆われて見えなかった。それでも良い写真が撮れていると思うのだが、東芝サテライトウィンドウズ7は不調を極めいまや立ち上がらなくなっている。これを書いているPCは容量が満杯で写真をとりこめない。いずれ復旧した暁に掲載する。


三月二十二日(火) 

グラウスで話したのと同じ話をみつけた。

福島で1時間に20μsの放射線が観測された。テレビで東大教授がレントゲン(600μs)の30分の1だから問題ないといった。

教授は掛け算ができないのだ。1時間に20μsは30時間たつと600μsである。一ヶ月で24回のレントゲン照射にあたる。東大教授の発言は犯罪である。

これを読んでいるあなた、もしあなたに幼い子供や孫がいたとしたら、彼等に土日以外の毎日レントゲン照射をさせられますか?

この人のサイトは上手にコピペできないので全文はここからどうぞ。


http://takedanet.com/2011/03/post_7405.html


ことしに入って「木霊の宿る町」の訪問者は 政治ネタを書いたときに 二千人超/日 を記録したことがあるが、そのごはスキーの話が多くなると共に 二百人〜三百人に減った。ときにはスキーとは違う、とても為になる話も書いてあるから続けて読まない人は実に損をしている(笑)。

原発事故シリーズが始まると 九百人/日 に増えた。千人を越えた日は一度だけで、猫のことを書いたらたちまち六百台におちた。

どういうわけか昨日の訪問者は千七百人弱に増えていた。

アクセス数をみたら 十一日からは 二千頁前後/日で推移していた。 普段の月は 千頁前後/日である。 


なんで訪問者が増えたかがいま分った。

「ラ・ターシュに魅せられて」という政治ブログがおのまの悪口(笑)を書いていた。

http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-date-20110322.html
大量の核燃料(何トン・何十トン)を長時間にわたって反応させ巨大なエネルギーを生む原子力発電所は、そもそも核燃料の残り滓が非常に大量に生じ、万が一の事故の際はその大量の放射性物質が外部に漏洩しますから、放射能汚染の程度で言えば原爆の比ではないでしょう。

広島・長崎の被爆者に放射線障害をもたらした最大の原因は爆発したその瞬間に放出された強力な放射線(主にγ線)であって、爆発後に降り注いだ放射性物質のα崩壊・β崩壊による放射線による被害は、前者に比べれば少量だった(それでも決して軽い被害ではありません。特に放射線源が体内に入った場合)と思われます。

広島・長崎の残留放射能が少ないのは、死の灰が地球上に広く拡散していったというだけでなく、そもそも飛び散った放射性物質の総量がもともとそれ程多くなく、汚染は比較的小規模だったということが理由としてあげられるでしょう。

チェルノブイリの場合、爆発の規模は広島・長崎に比べ遙かに穏やかでしたが、爆発によって飛び散った放射性物質の総量は広島・長崎より遙かに多かったでした。よって、土壌は広い範囲で深刻に汚染され、また風によって近隣諸国にまで運ばれた大量の死の灰の影響は、今後広島・長崎よりも遙かに長期間、あの地域を悩ませるはずです。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1392047.html
| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 01:41 | comments(5) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:41 | - | - |
レントゲンがとかCTがとか引用する学者とNHKはどうかしています。一回こっきりの検査とこれから毎日、毎日、一日中浴びる放射線と比較するなんて。

ちなみに、600マイクロは胃の集団検診のX線量で、あれは優に8枚以上はとるんですよね。一回の胸の写真は50マイクロだそうです。

ラターシュご案内おめでとうございます(笑)。もちろん、引用代はラターシュ一本いただけるのでは?。
| ドクトル硝子 | 2011/03/23 9:36 AM |

改ざん、隠蔽、捏造、すりかえ、ダブルスタンダードが習い性となっている日本{企業、政府、メディア}は危険が一杯の国ですね。原発事故よりもそちらのほうが問題です。

地上げ屋さんもメディアにおとらず大胆に歪曲することがある(笑)ので引用されると当方の信頼性が薄まります(笑)。

すっかり世の中に広まった「シーベルト」はスウェーデンの人名なんだそうですね。

| おのま | 2011/03/23 11:36 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/03/23 3:48 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/03/23 6:18 PM |

上記2件のコメントはブログ本文の方に移します。
| おのま | 2011/03/24 12:39 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/3478
菅サン! アンタが言うから、国民は不安になるんだ! オレが副総理となって・・国民に呼びかけてやるよ! 小泉純一郎
出張前、最後の更新です・・。 明後日から旅立ちまして・・ 2週間ほど、グルメブログは休業です。 グルメブログの休業中。 毒に飢えてきちゃったかたは・・ 木霊の宿る町・・という友好ブログで、 おのま@カナダ ...
| ラ・ターシュに魅せられて | 2011/03/23 11:24 AM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters