木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 資料 原発事故 15 海水汚染 | main | 至急: どなたかご存知の方はご教示ねがいます >>
資料 原発事故 16 正常化バイアス
★菅首相も枝野官房長官もよく 「国民は冷静に」 と説教をたれる。云っていること自体は正しい。オノマも云う。パニックになるな。冷静であれ。

しかし目の前に迫り来る危機を見て体も心もすくんで動けなくなっている人が自らは冷静だ、ジタバタする必要はないと思うと悲劇になる。

異常事態を前にして生じるストレスに耐える力がないために都合の良い理屈を探してきて自らの思考停止を正当化する、というか自らをごまかしているから悲劇になる。敵に追われたダチョウが恐怖から逃れようとして首を砂につっこみ、敵が見えなくなったので安心するようなものである。心理学用語では「正常化バイアス」という。

「正常化バイアス」と聞いて良さげな印象をもつ人がいるかもしれないからオノマなら 「ダチョウのバイアス」にするが・・・

オノマの見るところ東大の関村教授や経産省の中村審議官あるいはNHKの山崎記者なども「冷静」をよそおっているがそのじつ体も心もすくんで動かなくなっている人たちのひとりだと思う。三人とも正常化バイアスがかかりすぎているのだと思う。

  ★正常性バイアス(normalcy bias)

バイアス=偏見、先入観

正常性バイアス=異常事態が起こっても、それを正常の範囲内としてとらえ心を平静に保とうとする働き

日々生じる変化や新しい出来事に心が過剰に反応し疲弊しないために必要な働き
 
度が過ぎると本当に危険な場合でも異常と認識せず避難などの対応が遅れてしまう

避難を誘導・先導すべき人たちに正常性バイアスが働いて被害が拡大した災害は多い


この辺のことを実例で書いたブログをみつけたので はじめに抜粋を、次頁に全文を載せる。

武田記者が大声で危機意識をあおったからこそ何人かの人々の命が救われたことを示している。その大声のおかげで「自分は大丈夫だ」という正常性バイアスがとれた人々が武田記者とともに避難できたといえる。 

http://ameblo.jp/aratakyo/day-20110318.html

以下全文 ならびに関連ツイッター

2011年03月18日(金)

逃げ遅れる心理への対応を考えたい

テーマ:政治

阪神大震災でもそうだったが、被災地の日本人は、世界が驚嘆するほど、秩序正しく、我慢強く、感謝の念を忘れない。


悲嘆のなか、避難所の人々が、力を合わせて生活再建に向かいつつある姿を見るのは、心強く、誇らしい。


ただ、痛恨の思いがあるのは、津波から逃げ遅れた人が多かったことだ。津波の怖さについて知識がある人、ない人の差が生死を分けたかもしれない。


というのは、人はだれも、いずれ死ぬという認識はあっても、心理的には「自分だけは死なない」と思っているからだ。死んだ経験がないのだから、想像力が働かないのも当然といえる。


そこで、ともすれば、危機に対して鈍感になりやすい。みんなが大騒ぎするほどになればパニックに陥るが、みんなが鈍感なうちは、安心している。


たまたま先日、「NEWS23」で、記者が記者個人の避難行動を記録した15分ほどの長い映像を見た。レポートではないため迫真性がある。


東北放送の武田弘克記者は仙台の海岸近くで産廃関連の取材中、激震に見舞われた。地震発生は11日午後2時46分ごろ。それからしばらくして津波が襲ってきた。


大地震後の混乱で、道路は車で渋滞していた。武田記者は海から津波がやってきているのに気づいた。


武田記者は乗っていたタクシーの運転手に「逃げよう」と声をかけ、二人で近くのビルをめざして避難をはじめた。


この段階では、波は静かに寄せているように見えていた。のちの猛々しさは想像もできない。しかし、武田記者は過去の取材活動を通じて津波の怖さを知っていた。


数珠つなぎになった車のなかから出ようとしない人々。武田記者はあらん限りの声を出して「津波が来る、逃げよう」と叫びながら、近くを通っていた何人かの人々とともに二階建ての工場の敷地内に入った。


工場の入り口にはカギがかかっていたが、武田記者が大声をあげたのに気づき、工場の関係者が開けてくれたらしい。


このとき、足元には道路表面をおおう程度のわずかな水量しか到達していなかった。


武田記者らは急いで二階に上がった。そのとき道路を見ると、すでに大きな濁流が流れ込んできていた。武田記者はもっと高いところに行かねばという不安に襲われたという。


このあと、消防団経験者が近くの木にしがみついている人たちを消防ホースで救援し、武田記者のいる工場二階に引き上げる場面まで、武田記者は避難者を励ましながらずっとカメラをまわし続けた。


津波は、目の前に危険が現れたときにはもう遅い。この映像からそれを強く感じた。


にもかかわらず、大地震のあとの津波襲来を知りつつ逃げ遅れてしまう行動の鈍さのなかには、やはり誰もが共通して持っている「自分は大丈夫」という心理状況が隠れているのではないだろうか。


これを心理学用語で「正常性バイアス」というらしい。「異常事態に対し心を平静に保とうとする働き」のことだ。


ストレス軽減のため人間に備わった心的防御作用だろうが、これが働きすぎると、命にかかわる危険に対しても鈍感になってしまう。


また、他の多くの人と同じ行動をしておれば安心だという「集団同調性バイアス」なる心理も、ときに悪い方向に働く。


たとえば、先述のような渋滞の列から、一人だけ車を飛び出す行動は、相当な確信を要するだろう。

そこで、津波警報などの災害情報に求められるのは、心理的バイアスがとれて住民がそれを深刻に受けとめることができるような伝えかたである。


念のためにという程度でも、これは重大だというケースでも、同じやり方で「避難してください」では、オオカミ少年のようなことになってしまう。


武田記者の映像は、武田記者が大声で危機意識をあおったからこそ何人かの人々の命が救われたことを示している。その大声のおかげで「自分は大丈夫だ」という正常性バイアスがとれた人々が武田記者とともに避難できたといえる。


これを機に、より効果的で適切な災害情報の伝え方を行政なり専門機関に研究してもらいたい。

 新 恭  (ツイッターアカウント:aratakyo)



http://togetter.com/li/112449

NEWS23の録画をつけたところ、東北放送・武田弘克記者のすさまじい取材映像が15分以上近くにわたって放送された。仙台の海岸500メートル付近で産廃関連の取材をしていたところ、津波に遭遇。とっさの判断によりタクシーを乗り捨て、まわりの人に声をかけながら逃げまどう様子をすべて撮影。
araikaoru
2011-03-17 01:07:16
  • 高い場所に逃げなければヤバイと判断し、近くの工場のカギを開けさせてオバチャンに「オンブするから」と声をかけ避難。2階でもヤバイと判断した武田記者は「もっと高い場所はないのか」と難詰。そして水が落ち着いたと見るや、近くで木にしがみついている生存者に大声をかけて激励。
    araikaoru
    2011-03-17 01:09:00
  • 消防団の経験がある者がたまたまおり、放水に使うと思しきホースをほん投げて体に巻きつけてもらい、みんなで協力しながら次々と救出。その一部始終を撮影しながら絶えずみんなに声をかけ続けていた。ドキュメンタリーをたくさん観てきたほうだとは思うが、こんなすさまじい映像は見たことがない。
    araikaoru
    2011-03-17 01:10:56
  • 道路は混乱をきたして完全に渋滞しており、視界の先には津波が迫っている。まずい、やばい、逃げよう。逃げましょうと声をかけたからタクシーの運ちゃんも一緒に逃げたわけだが、ほかの大多数の車輌はそのまま渋滞していた(セブンイレブンの運搬車含む)。
    araikaoru
    2011-03-17 01:12:31
  • チョロチョロと足元を流れる程度だった津波は、武田記者が工場の階段に足を踏み入れた瞬間、巨大な濁流と化した。工場への入口は当初施錠されており、彼が声をあげなければ何人もが死んでいた可能性が高い。そして工場の2階にあがったとき、すでに避難していた人々はのんきに携帯で写メを撮っていた。
    araikaoru
    2011-03-17 01:14:08

  • | おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 06:54 | comments(0) | trackbacks(1) |
    スポンサーサイト
    | スポンサードリンク | - | 06:54 | - | - |









    http://onomar.jugem.jp/trackback/3468
    東電、アメリカで原子力発電所建設予定: 日本の悲惨な原発運営者に関する貸借対照表情報は皆無
    2011年3月14日月曜日 Greg Palast、truthout 東京電力はアメリカで原子力発電所建設予定: 日本の悲惨な原子力発電運営者についての貸借対照表情報は皆無 東京電力による建設が予定されているテキサス州の原子力発電所。(写真: NINA) 私は、皆様に、記者としてではなく、
    | マスコミに載らない海外記事 | 2011/03/19 10:04 AM |
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>


    ↑BGM(ON/OFFで切替)

    bgm(別ウィンドウ)

    VANCOUVER

    TOKYO


    ↓木霊が宿る町QRコード↓
    qrcode
    ページランク

    GBL:Googleバックリンク数です
     GIP:Googleインデックスページ数です
     MBL:MSNバックリンク数です
     MIP:MSNインデックスページ数です
     YBL:Yahoo!バックリンク数です
     YIP:Yahoo!インデックスページ数です
    緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

    サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

    このページの先頭へ


    あなたはどこにいる free counters