木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 金持ちはいくらの家に住んでいる | main | 統計解析学の先生 >>
日本のインフレ

10月23日の続きです。

日本のインフレの実感は1974年夏、日本に帰ってから味あうことになります。不動産の値段はさがるどころかますますあがっていきます。独身時代、会社の帰りに寄っていたいなかやという飲み屋に入ってみると値段が高くなっています。

給料もあがっていくのですが、不動産価格の上昇にはかなわない。いなかやは繁盛しているので、いくら物価があがっても平気な人がいるのだと気がつき、自分の置かれている経済的立場を知るようになりました。日本の平均的なサラリーマンは生かさず、殺さずという図式です。

日本に帰ってからのことを書き出すときりがないのでこの辺にしておきます。


| おのまのプロフィール | 日本 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:13 | - | - |
http://onomar.jugem.jp/trackback/345
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters