木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 砂漠にのみこまれたムバラク | main | カナダ人になろうかな >>
スキー十六日目・一月三十一日
1月31日(月)

書斎兼寝室からの景色。



毎朝、簡易ベッドの中から見てる景色だがこういう風に赤い光が見えるのはめったにない。
 
雷鳥さんに8時33分に着いたら始発のゴンドラがあがっていくところだった。 

薄暗くてゲレンデの傾斜はみずらいが、空気が乾いているらしく晴天のときよりも下界がくっきり見える。

北バンクーバーの商店、住宅街。



上の写真の左側、すなわち東。


橋をわたった先の左側はバーナビー市。

1985年〜86年、バーナビーにはBCTel(ブリティッシュコロンビア州の電話会社)があって、カナダM銀行バンクーバー支店長・おのまは定期的に訪問したものだ。

今は一般的になっているケータイ電話の普及計画がはじまったばかりで、cellular telephone という英語を知っているカナダ人は少なかった。 セルラーテレフォンはカナダ人にも発音しにくいのではなかろうか、今はセルフォンとかモビルフォンという英語がある。

ググってみたら1986年にアルバータ州でセルフォンの商業化が始まったとあった。日本のNTTよりちょい早かったか。

トロントに移ったおのまは1987年だったか88年だったか、カナダM銀行の社長車にセルフォンをとりつけた。外出先でも為替や金利の動きを把握し担当部長に指示するのが目的であった。今のような手のひらにおさまる電話ではなく、車の後ろ窓にアンテナをつけて電波を拾うという仕掛けだった。洗車のたびにアンテナを外さなければいけなかった。

あるときニューヨークから重役がやってきて、君のところはぜいたくだなと皮肉られた。ニューヨークの公用車には電話がついていなかったのだ。

ニューヨークの重役が外出すると事務所との連絡は公衆電話でやるしかないわけだ。そういうハンディを負って仕事をしていたせいかどうかは知らないが、ニューヨークの店は業績が芳しくなかった。ニューヨークだけではなくロンドンもロスアンゼルスも似たりよったりで損を重ねていた。

ぜいたく・おのまから言わせてもらえば、先輩たちはオリジナリティがなかったんだと思う。調べたらすぐ分かることだが、電話機と電話代を合せたってぜいたくというほどの金額でもなかったんだから。

だいいち先輩たちの公用車は運転手つきだった。おのまはもちろん、カナダの五大銀行の会長、社長だって自分で運転していた。「贅沢」とは何か「無駄」とは何かを日本のえらいかたがたは考えるのが良い。

そういう風な、今となっては信じられないような「オクレタ話」はいくらでもあるのだが、くだらない話ばかりだから気がむいたらまた書く。「オクレタ」連中の延長線にある日本が苦戦しているのは至極当然なことではあるのだ。

大幅に脱線した。スキーの話であった。

アメリカ・ワシントン州のベイカー山もよくみえる。



ゲレンデの中間あたりまでくるともっとよく見えるようになる。





ベイカーは1973年と1986年に一回ずつ滑っているが、もいちど行こうという気にならない。若いときは何事も好奇心でもって膨張してよいと思うが、残る時間を勘定する年になったら効率を考えないといけない。



前夜が零下7度だった所為か前日より硬い雪であった。前日のほうが楽な雪。
 
カットはすいていて滑り放題。がんがん飛ばした。速度をあげるとリズムがよくなる。

一本目をすべりおえた時のリフト乗り場の時計は9:05。九本をおえたときが9:55。50分で八本。一本が六分ちょい。三十日(日)は一本が十五分だった。
 
七本目から左脚が麻痺気味になりペースダウン。十三本を終えたときの時計は11:00。二時間で十三本、一本につき九分ちょいの勘定になった。

この日に何か反省したことがあったかというと何も覚えていない。 ご機嫌で滑ったのかもしれない。


BCテルについて興味のある方はどうぞ。英語の資料です。
 
TELUS is one of the newest entrants on the national scene, yet we are building on more than 100 years of history in Canada. Our company was created in February 1999, when Alberta-based TELUS Corporation and BC-based BC TELECOM joined in a merger of equals.

TELUS history       BC TEL history


TELUS history

We've served Albertans for the better part of a century. Some proud milestones along the way include:

1998
TELUS Corporation and BC TELECOM announce a proposed merger. This is the first step toward creating a leading national telecommunications company.

1997
TELUS given approval by the CRTC to commence multimedia service trials in Edmonton and Calgary.

1996
Canada's first Internet Yellow Pages™ service launched -- alberta.com

1996
The TELUS "master brand" introduced, bringing products and companies under one unified identity. The ED TEL and AGT brands are retired.

1995
Consumer Internet service is launched.

1995
TELUS acquired ED TEL from the City of Edmonton for $467 million.

1994
Long distance telephone competition commenced in Alberta.

1992
North America's first digital cellular network launched.

1991
The Province of Alberta sold its remaining ownership interest in TELUS for $870 million.

1990
Edmonton Telephones Corporation (ED TEL) established as an arms-length subsidiary company of the City of Edmonton.

1990
TELUS Corporation established, following the reorganization of the Alberta Government Telephones Commission, becoming the parent company of AGT. The sale of TELUS shares marked the largest initial public offering in Canadian history up to this time, raising $896 million.

1986
Conventional competitive cellular phone service launched in Alberta.

1982
Canada's first cellular telephone system introduced to serve Alberta resource industries.

1980
Canada's first digital switching units incorporated in parts of the network.

1975
The world's then largest "Centrex" system installed for the Government of Alberta.

1969
The first "911" system in Canada introduced.

1967
The first touch-tone service in western Canada introduced.

1958
The Alberta Government Telephones Commission was established, ending direct government management of the provincial system.

1928
The first long distance call between Alberta and overseas.

1908
Automatic telephone equipment introduced.

1906
The Province of Alberta commenced operation of the provincial phone system after acquiring the Alberta assets of the Bell Telephone Company.

1904
The City of Edmonton purchased the Edmonton District Telephone Company.

1887
The first long distance call, between Edmonton and Battleford, Saskatchewan.

1885
Alberta's first telephone call, between Fort Edmonton and the St. Albert mission.


BC TEL history

Telephones were first installed in BC in 1878 at two different locations on Vancouver Island. William Wall, a mechanic at the Wellington Colliery of Dunsmuir, Diggle and Company, manufactured two telephones and connected them to a line between the mine and loading docks at Departure Bay, a few miles away. At about the same time, Robert McMicking, superintendent of British Columbia Telegraphs, leased two telephones from the Bell Telephone Company of Canada and installed them on a line between his home and an office in Victoria.

Telephones on the mainland soon followed. A missionary working in a remote Indian fishing village near Prince Rupert hung a line between the village store and the sawmill. A contractor working on the new Canadian Pacific Railway strung wire through the Fraser Canyon so he could talk with his supervisors.

From these modest beginnings, a new industry emerged. In 1880, the Victoria and Esquimalt Telephone Company was established - BC's first. By the turn of the century, there were as many as 45 small phone companies in BC.

Perhaps the most ambitious was the Vernon and Nelson Telephone Company. With its incorporation on April 20, 1891, a group of telephone visionaries began the realization of a dream - to build a province-wide telephone service. The British Columbia Telephone Company traces its direct corporate history to that dream.

In 1904, after buying up a number of the smaller telephone companies throughout the province, the Vernon and Nelson Telephone Company changed its name to the British Columbia Telephone Company, Limited. The name - British Columbia Telephone Company - was established in 1923, under a federal charter that the company had obtained in 1916. This marked the start of BC TEL which remained relatively unchanged until May 1, 1993, when BC TEL reorganized under a holding company, BC TELECOM Inc.

Concurrent with the creation of the holding company, the telephone operating company changed its legal name from British Columbia Telephone Company to the more familiar BC TEL.
| おのまのプロフィール | スキー | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:05 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/3415
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters