木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 資料 広島市長不出馬&マスメディア批判 | main | 竹澤恭子(v)江口玲(p)演奏会 (フランクのソナタ他) >>
林雨 第五十九回 漫考・タイガーマスク現象
 

林雨 第五十九回 漫考・タイガーマスク現象  小野冬生

 

先日NHKが「タイガーマスク現象」に関する座談番組を放映しました。タイガーマスクの名前で児童施設などにランドセルや現金を送るという現象が一ヶ月に千件もあったそうです。日本がちょっと明るくなったような気がしました。

 

しかし番組を見ていて、それは違うと思ったことがあります。

 

「年間の個人寄付は日本が5400億円、英国が1兆3千億円、米国が19兆円」という資料がでたのをみて参加者のひとり(作家)が米国の個人寄付が多いのはビルゲーツのような大金持ちがいるからだ、税制がちがうからだ、キリスト教社会だからだ、自己満足を得たいからだと解説しました。

 

この解説は筆者の経験に照らしてみるとおよそ実相から乖離した嘘話です。一歩譲ります。人の為になったと感じると気分が良くなるかもしれませんから自己満足を得たいというのが100%嘘だとは言いません。でも博愛精神は自己満足を得たいという動機から生まれるものだというのであればそれは違うと思います。紙幅が限られているので説明は省きます。

 

さて、上記の資料を使ってひとりあたりの寄付を計算すると日本は約五千円、米国は約十万円になります。1対20の大差ですがこれは筆者の実感に近い数字です。どういうことかというと、筆者が日本の銀行に勤務していたときの経験と転職して勤めたカナダの会社での経験の差に近いのです。

 

災害地へ寄付しようとか慈善団体に寄付しようとかいう奉加帳がときどき回ってくるのは同じですが、銀行時代のそれをみるとたいがいは千円とか二千円、年収千万の人でも一万円を超えません。一方カナダの会社では筆者クラスだと十万円から二十万円が最低でした。信仰は関係なく、むしろクリスチャンが少数派の会社だったと思います。

 

日本で某社の国際会議に出席していたとき中越地震が起きて奉加帳が回ってきたことがありました。外部の人間だから一万円で勘弁してもらおうと書いたら隣にいた社長が多すぎるといって千円に直させられました。ビルゲーツとはいいませんが勝ち組の典型である社長は二千円と書きました。

 

寄付に対する税控除が違うというのは事実ですが、税控除が同じであっても違っていても十万円寄付するほうが五千円より懐の痛みは大きいのはいうまでもありません。筆者が勤めていたカナダM銀行の日本人でカナダの税控除が大きいからといって寄付を増やした人はおらず、奉加帳はあいかわらず千円、二千円でした。


同じくカナダM銀行時代、会社名義で寄付するときはどんな額でもその都度本社に申請しないといけないことになっていました。なかなか許可がおりないことが多いのですばやく寄付ができるよう、そして社会に利益還元している姿勢を内外に示すことができると思い、カナダM銀行の利益の1%を寄付予算として計上したい旨を本社に申請しました。


前例がないということで却下されました。企業は利益の一パーセントを寄付しようという運動を日本経団連が始める前のことでした。今はどうか知りませんが当時のM銀行は役所みたいなところがあって新しい発想とか社会還元とかいうものに対する反応が鈍かったですね。


当時から十数年たったのですが、今もって大勢は作家の嘘話が通用する日本であり、寄付が嫌いな日本人だということなのでしょうか。


そうではなく、タイガーマスク現象が広まっていくことを期待します。収入の1%を寄付する個人が増えることを期待します。寄付金に対する税控除率を大幅に上げることも期待します。それでも寄附が増えないのであれば、それは日本人が寄付嫌いな民族であるという証拠となり、自覚となり、嘘話からみずからを解放することになり、それはそれで結構なことであろうと思います。


2011年2月3日 @ 北バンクーバー



http://www.japancanadajournal.com/

| おのまのプロフィール | 政治経済 林雨編 3 | 00:05 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:05 | - | - |
ウチでは別にお金持ちではありませんが(1千万円単位の借金があります(^▽^;))ユニセフに2万くらい寄付しています。後、私個人としては月給5万円ですが足長おじさん寄付は千円、24時間テレビに千円してます。
日本企業より優秀でしょうか(^▽^;)
| ちぎ | 2011/02/05 3:37 AM |

宣伝になるからといって有名スポーツ選手や競技大会の支援をしている企業がたくさんあります。そういう選手たちはすでに金持ちなんだからそんなことはやめてちぎさんを見習って欲しいです。 陰徳とか博愛の気持ちがない企業はいずれは衰退します。
| おのま | 2011/02/06 4:49 AM |

タイガーマスク現象楽しく拝読しました。小野さんが書いているその通り。日本人は見かけは豊かでも日本国も個人も精神的にも物質的にも歴史の通り貧しいのです。
特にエリートの雰囲気をぷんぷん出している大手商社、銀行マン(その奥さんも含め)等ケチなことはなはだしい(失礼)。自分の利益のことしか考えず一般的な寄付どころか自分がこよなく楽しんでいる趣味などの普及、貢献に何の献身的な金銭支援もしない。
ゴルフもそうであるがテニスも高級クラブで自分だけ楽しんで世界を経済的苦労をしながらまわっているプレーヤーやジュニアの支援の寄付などまったくしない。企業もしかり。まあ日本人なんてそんなもんでしょう。
日本は寄付に対する税制はかえるべきです。でもすぐには小野さんの言う通り大して増えないでしょうね。
| TS | 2011/02/06 5:00 AM |

大手商社、銀行マン(その奥さんも含め)等ケチなことはなはだしい



カナダM銀行の某元社長を除いてくださいね(笑)

それと、カナダ三井物産はいちはやく1%クラブに入ってたというメールをいただきました

日本という荒涼たる砂漠の中に真珠が埋まっていないわけでもないのだと思います
| おのま | 2011/02/06 5:57 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/3403
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters