木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 資料・小沢一郎 ネット記者会見 2011・1・27 | main | 資料・小沢一郎起訴 >>
スキー十二日目 一月十八日 後編
ゲレンデにくると斜面の様子が分かるようになっていた。かなり離れているジャンプ台も見える。



左足の裏の感覚がとても鈍いが斜面の状況がよく分かるので楽に滑れた。というのは錯覚で、ジャンプ台の近くまできて停まったらふたたび耳の奥ががんがん鳴っていた。心臓麻痺にかなり近づいていると思った。



ジャンプ台に現れる若者たちを連続シャッターで撮った。家に戻りみたら二百枚以上も写していた。まだ整理しきれていない。ふたたび雲が出ていたのだろう、陰影が分からない写真が多い。こんな具合である。



これをいろいじくって陰影を強調する。



以下ジャンプする若者の写真を二百枚貼る。うそ。十枚。






















二本滑ると左脚の感覚がいよいよ鈍くなり、リフトに乗るときのスケーティングがスムーズにいかなくなっていた。もう一本滑りたいという気持ちを押さえ込んでゴンドラに乗った。ためしに左足一本で立ってみたら数秒しか続かなかった。
 
下界が光っていた。同じ景色なのに日によって、時間によって光り方が違うのが面白い。
 
| おのまのプロフィール | スキー | 11:08 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:08 | - | - |
見事なヘリコプターですね。小さい時からヘリコプターをやるのが夢でした。この夢は天国でかなえる予定です。

カナダにはこんなことができる無名の若者がごろごろいるのでしょうね。
| ドクトル硝子 | 2011/01/31 12:45 AM |

この日も何人かが飛んでいました

ジャンプだけなら出来ないこともないでしょうが着地したとたんに骨にひびが入るかも(笑)

しばらくの間は無理なく滑るスキーに徹します
| おのま | 2011/01/31 8:03 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/3395
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters