木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< コメコメ・資料 三笠宮崇仁親王著 「綿鉄集(政略之部)」 | main | スキー十一日目に撮った写真 >>
資料・ 宗像紀夫 vs 堀江貴文 (知事抹殺25)

これまで被疑者・元福島県知事・佐藤栄佐久氏の弁護人になっているヤメ検弁護士・宗像紀夫氏に関する疑問をなんどか書いてきました。

そのなかのひとつで当の佐藤栄佐久サイトに掲載されたものを再掲します


 「知事抹殺」を読み、判決後のインタビューを聞いて不審に感じることがあり、宗像紀夫氏の過去を調べてきました。

宗像氏のリクルート事件における手法は冤罪つくりのお手本です。宗像氏のサンプロでの発言(註、次頁に抜粋をのせます)は噴飯ものです。最近はネット上で宗像氏の検察時代のスキャンダル(ベトナム接待・女性問題)が散見されるようになっています。スキャンダルの蒸し返しはこれから勢いを増すのではないでしょうか。

検察の後輩たちからみたら、俺たちのやっていることはかつて宗像氏がやったことだ、宗像氏のスキャンダルは俺たちが良く知っている、宗像氏によって佐藤栄佐久氏の無罪をかちとらせる必要はない、と思っているのではないでしょうか。そしてそれを宗像氏も重々承知しているのではないでしょうか。

宗像氏の威勢のよい弁を鵜呑みにするのは危険だと思います。
http://onomar.jugem.jp/?day=20100308



その後もときどきテレビにでてくる宗像氏をみていて同氏の中にあるインチキ、ダブルスタンダードはますます明らかになってきたのですが、テレビ局が検察側にたつ番組に仕立て上げるものだから一般にはそれが伝わらないと感じていました。

しかしながら厚労省の村木厚子局長の逮捕における前田恒彦検事の証拠捏造が明らかになったことをきっかけにテレビも検察寄りの路線を修正せざるを得なくなったのでしょう、元旦には「ビートたけしのガチバトル 検察特捜部ここが危ない!?」という番組が流れたそうです。

検察特捜部を切る番組で検察を擁護する側は平沢勝栄と宗像紀夫、検察を批判する側は堀江貴文、郷原信郎、上杉隆。

約十五分の番組で発言が多かったのが堀江氏と宗像氏のふたり。堀江氏が宗像氏のダブルスタンダード、ヘリクツを容赦なく攻撃していました。検察はメディアにリークしたりしないと強弁する宗像氏を擁護した平沢氏は頭が混乱してか(検察の)誰かがリークするとオウンゴール。全員が失笑。

目下係争中の身でありながら臆することなく検察の花形OBのヘリクツ、言い逃れを許そうとしなかったホリエモンは偉い。

ユーチューブでその模様を見ることができます。そのうち削除されるかもしれません:

http://www.youtube.com/watch?v=6WA1EAf4XsU

↑でみることができなかったら↓を試してください

http://ameblo.jp/coco-67/entry-10755446976.html


↓のブログでリクルート事件と宗像紀夫氏について触れています

http://onomar.jugem.jp/?day=20100222


 
 註:宗像氏のサンプロでの発言

サンデープロジェクト「小沢氏不起訴!元秘書ら3人起訴!緊急激論!これは検察の敗北か?」における宗像紀夫発言とおのまコメント: 

宗像紀夫の言は統一性、正当性を欠いている。たとえば

●別件逮捕はおかしくない
×おかしいに決まっている

●巨額だから別件逮捕が許される
×許されない。ダブルスタンダードが身に染み付いているからこんなことを言う

●金額の流れをみると不正、隠蔽があるのは明らかである
×そうであればそれをチャートにして提示すれば一件落着である。それをしないで不正、隠蔽を連呼するのは法律家としておそまつ

●小沢一郎は記載ミスに積極的に関わったのは明らか
×検察は小沢が記載ミスに関与していないと判断して不起訴にした。検察見解に反論するのであるならしかるべき根拠を示さないといけない。宗像はなんの根拠も示すことができなかった

●小沢の積極的関与は客観状況から明らか
×具体的な説明がない。第三者に説明ができて初めて客観状況という。それができないのであれば客観状況から明らかというのは間違いであって、宗像紀夫の主観的妄想であるといわなければならない

●検察は二枚腰である
×宗像の言を聞いていると検察は二枚舌であると云ってるみたいだ

3 宗像が何故かくも統一性、正当性を欠く発言をするかの原因、理由については凡そ見当がついているが、武士の情けで書かないでおく。今後の状況によっては書くかもしれない

6 郷原が云ったように、小沢が公明公正な検察判断だと云ったのであればその真意を疑う。収支報告書への記載が会計法上重大な違反だと小沢は認識しているという意味なのか、それとも検察へのヨイショポーズなのか。このあたりをあいまいにしていると小沢クロの心象が生まれてくる

宗像紀夫の言ってることには統一性が欠ける、いちど精神医の門をたたくがよいと書いたことがあります。面倒なので詳細説明は省きますが、はしょって云えば、統一性が欠けるというのはいわゆる二枚舌の持ち主、ダブルスタンダードでもって論じる人だということです。ひらたく言うと嘘つき。

だからサンプロにおいても、金額が大きいのであれば別件逮捕も許されると云ってしまうのです。ダブルスタンダードの持ち主には法によって他人を裁く資格がそもそもないのです。ルールのなんたるかを理解していないからです。

私が佐藤栄佐久であれば、こういうことも宗像紀夫に糾すでしょう:

貴殿はいわゆる検察の裏金のあることを知っていたか
知っていたとすればそのとき貴殿はどのように対処したか
世間に裏金があることを公開しようとしたのか
それとも世間から隠そうとしたのか

貴殿は検察の裏金をつかったことがあるか
あるとすれば何に使ったか

検察の裏金をテレビで暴露する寸前に三井環を逮捕したことを正当と思うか
三井環を2008年10月17日から2010年1月17日まで収監したことを正当と思うか
正当あるいは不当と思う理由を述べよ

貴殿はリクルート事件を担当して被疑者江副浩正を取り調べたと聞いている
取り調べにおいて貴殿は江副浩正が著書に書いているようなことを云ったのか
云ったのであればそれは正しいことであったと今でも思っているのか

質問に対する宗像紀夫の答えは想像がつきます。たくみに、あるいは支離滅裂に、自らを弁護することでしょう。自分に疚しいことは一切ありません。


「知事抹殺」「知事抹殺◆廚箸いΕテゴリーをつくりました。知事抹殺シリーズのほかに検察、マスコミに関するブログも入れてあります。
| おのまのプロフィール | 知事抹殺 | 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:35 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/3380
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters