木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ウサギのしあわせとダチョウのむれ | main | 獅子舞 >>
1月3日のブログに間違いがありました

一月三日のブログにこう書きました:


福井の知人から自分の友人に日本一旨い酒を造っているのがいるので中谷さんを連れて行くとメールがきました。日本一旨い酒とは「梵」だとあったので驚きました。彼が梵とつながっているとは知りませんでした


ブログを読んだ福井の知人からメールがきました。

彼はおのまと同じくニンゲンができています(笑)

他人がおかした間違いはやさしく、さりげなく指摘します。こういう風に云われると人は素直に反省するものです。えっ、おのまの指摘はいつも腹がたつ? そう思うあなたはニンゲンができていない:

梵をお飲みいただいたとのことうれしく思います。
中谷さんには重い荷物となりご迷惑をお掛けしましたが、たいへん感謝しています。
 
梵の吟撰は昨年世界一になった酒です。

酒好きの方には甘すぎると感じられるのではないでしょうか。
ヨーロッパでの品評会では外国人の舌に合う酒をということで香りがあるフルーティなお酒を出品したらしいです。その通りの結果となり、戦略があたったようです。
 
梵にはさまざまな種類の酒があり、それぞれうまいです。小野さんがブログで紹介された「超吟」はマイナス8度の低温で5年間熟成した酒。

それ以外にも熟成の温度や期間、純米、大吟醸、古酒等様々あり、どれもうまいです。
この時期は、搾りたての「初雪」がうまいです。生の酒には二酸化炭素が含まれているとのことで、日本酒とは思えない炭酸の舌触りの実にフルーティな味わい。小野さん、今度寒い時期に福井に遊びに来られたら初雪を飲みましょう

はい「日本一旨い酒」ではなく「世界一旨い酒」だったのです。


三日のブログではこうも書きました。

米をとことん削いで作る梵はあまくて旨かったです 米をそのままで作る密造勲は雑味というか力強い旨さがありました

知人はこう書いています:

酒好きの方には甘すぎると感じられるのではないでしょうか。

おのまがさりげなく(笑)梵の味を批判したのではないかと気にしたのかもしれませんね。

そんなことはありません。辛口でも甘口でも旨い酒は旨いです。こんかい飲んだ梵はさすがだなあと思いながら飲みました。ふたを開けた瞬間に立ち上った香りがとりわけすばらしかったです。


あとひとつだけ:

搾りたての「初雪」がうまいです。生の酒には二酸化炭素が含まれているとのことで、日本酒とは思えない炭酸の舌触りの実にフルーティな味わい

分かります。中谷さんの搾りたてを飲むと酒が舌の上でピチピチと踊っているように感じます。

初めて中谷さんの酒を飲んだときの感想:

http://onomar.jugem.jp/?day=20080417


さまざまな梵:
http://www.born.co.jp/

↑ 
International Wine Challenge 2010 の表彰式動画がついてます
| おのまのプロフィール | | 02:12 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:12 | - | - |
新年早々旨そうな話で。
ところで、近年の醸造学の発展に伴い、醸造酒の製造工程の進歩は凄いものが有ります。
酵母の種類を変えるだけで、どんな味わいにも仕立てられる。
と言う訳で、最近「フルーティー」な日本酒がもてはやされる傾向に有る様ですね。
個人的には、フルーティーな日本酒なんて、何か勘違いしている所も有る様な気がして、肯定出来かねる場合も有ります。
果実酒の舞台に出てどうする?って感じですか。
ワインも、アメリカ人の有名評論家の一言で価格が決まったりする上、とあるボルドー大学醸造学部の教授の技術がもてはやされて、ボルドー系(カベルネー種の葡萄を使う)は、どれもこれも「同じ味」になってしまった。
イタリアもスペインも、固有種の葡萄を止めて、カベルネー種に植え替え始めているし!
こうなると、ある種の文化の喪失と言えるのかも、と言う気がしながら眺めています。
「旨ければ良い」は御もっともでも、金太郎あめは、納得出来ない。
これは、『梵』なるお酒をけなしている訳では有りませんので、ご理解下さい。
世の傾向に対するグチです。
| 時々パリ | 2011/01/06 6:26 AM |

ここだけの話・・・といっても福井の知人も見ますかな(笑)・・・

梵を飲みながらの冗談

「要するにこういう酒は落語の「目黒のさんま」である。目黒の農家で食べたさんまの味が忘れられない殿様が屋敷に戻ってさんまを食べたいと云ったのに驚いた重臣がさんまなどという下等な魚をそのままお出しするわけにはいかないと料理人に命じ、身をすりつぶし、油を抜き、スープの出し殻みたいにぱさぱさにしたものを粉でもって丸めつみれにして出した。さんまの香りも味もなくうまくもなんともない」

いえ、たしかに梵は旨いです。でもあれは殿中のやんごとなきお方が飲まれる酒、やんごとある庶民・おのまは十年にいちど口にはいれば満足です

http://www.youtube.com/watch?v=-e3By6ov0PY
| おのま | 2011/01/07 9:10 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/3365
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters