木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 新年の玄関 | main | 謹賀新年 >>
二十一世紀の第一・十年期

ただいまの時間は2010年12月31日 昼すぎです

朝から掃除・整理をしています

以下はおのま流掃除・整理の基本です

小なりとはいえ一軒家ですから一日でぜんぶはできません。ほとんど毎日やっています

まず、きょうは家のどこを掃除・整理するかを決めます:居間、台所、洗面所、寝室、物置、家の外・・・・

次にその場所で何をするかを決めます:掃く、磨く、余計なものを集める、捨てる・・・

そういうことを朝うつらうつらしながら決めて、具体的にどうするかをイメージします

昨日は居間・食堂をやりました

ステレオ装置の周りに山積みになっていたCDを棚に置き、暖炉の周りやソファの近くにあった物、たとえば新聞、雑誌、ドライフラワー、人形などを客間に移してスペースをつくり、食卓やソファーなどの配置を変えました。目に入ってくる物の数が少しでも減ると空間の快適度がぐんとあがるものです

今朝は洗面所の床掃除をしました

最初にほうきで掃いてごみを取り、次にスチームをかけました

ググッタら我が家で使っているスチームモップがでてきました
http://direct-teleshop.jp/feature/urtla?gclid=CJzA59atl6YCFQkGbAodtltkow

日本は二万円するのですか。カナダの二倍ですね
http://www.asseenontvchallenge.com/household/h2o-mop-ultra

そして小型スチームモップ(おまけでついてきたもの)でタイルの目地を掃除。完璧にはいきませんが目地がきれいになると気分良しです

掃除のコツは周辺からやることです。とくに壁と壁が直角に交わっているところはごみが集まっていますから念を入れます

これって政治も同じです。リーダーたちは社会の隅々に目を配ることです

シンガポールの最初の首相になったリークワンユーは水戸黄門よろしく国の隅々を見て回ることに時間を注ぎ、汚いところをみつけると即座に片付けさせていました。律儀で実際的な首相に引きづられて閣僚たちも国を良くするために懸命、閣僚たちに引きづられた官僚たちも働きました

東南アジアで最悪のマラリヤ発生地だったシンガポールはガーデンシティーと呼ばれるようになりました。おのまがいた1978年〜1982年の四年間だけでもすばらしい変化を遂げました

シンガポールにくらべると日本ってだめな国です。いまだって民主も自民も言うこと為すことがくだらないです。あんな連中に給料を払うことはないです。辛うじて期待できるのが名古屋の河村たかし市長でしょうか

今日配信された政治記事に「日米同盟の前に普天間ごときはどうでもいい」というのがありました。分かっていないG3です。「神は細部に宿る」って長野高校で教わってないのでしょうか。ねえ花岡さん(笑)

そのためには、「普天間」ごときでいたずらに無用な摩擦を引き起こすべきではない。反米・反日勢力が沖縄に闘争拠点を絞り込んでいるのなら、国家的見地からこれを排除しなくてはならない。

具体的には知事の持っている権限を国がすべて「代執行」できるような法整備をはかればいい。沖縄の現地だけに任せていては、普天間問題はいつまでも解決せず、日米関係は悪化の一途をたどる。

おのまの経験ですが、「ごとき」とか「いたずらに」とかいうことばで物事を切る人って細かいことを見ない人がおおいです。要するに粗雑なのです。それはさておいて、花岡信昭さんがいう「無用の摩擦」とか「日米関係が悪化の一途をたどる」って具体的にどういうイメージなのでしょうか

花岡さんは無用とは何か、有用とは何かを知っているのでしょうか

過去四十年、おのまはアメリカのベトナム侵攻、アフガン侵攻、イラク侵攻に反対してきましたがアメリカ人の知人たちとの関係が悪くなったことはありません。辺野古に新たな米軍基地をつくるなと云っても悪くならないと確信しています。花岡さん、あなたのいう日米関係って、誰と誰の関係なのか具体的に書きませんか

おっと、本題からおおはばに脱線しました


あしたから2011年です。本日が21世紀の第一・十年期の最後の日です

ずばり言って第一・十年期のジンルイは良いことより悪いことが多かったと思います

悪いことが自然による不可抗力のものだったらまだしも、ほとんどはジンルイ自らの手でつくりだしたものでした

良いものを目指したが力不足で失敗したというのならまだしも、ほとんどはごまかし、インチキ、わがまま、卑劣というものから生まれた確信犯的な悪業でした

ジンルイの先頭にたっているとおぼしきアメリカのトップがジョージブッシュだったことは最大の不幸でした

ブッシュが嘘八百を並べ立ててアフガンに攻め込み、イラクに攻め込んだ時期、宇宙人おのまはジンルイの馬鹿さ加減、卑劣さ加減にさじを投げたくなりました。できそこないのジンルイは滅びるのが良いのかもと思いました。でも中にはすばらしい個体があるので全滅させるのは惜しいと思い直しもします。まだ決めかねています・・・

振り返ってみると十年がたつのは早いものです。次の十年もあっという間に過ぎます。あっという間といっても十年とは3652日、87,648時間です。有効に使えばすごいことができます

日本はこういうことをしたら良い、こういうことをしてはいけないということを昔から言ってきたのですが、おのまの云うことを聞かない人のほうが多かったのでもう何も言いません・・・きょうの所は

日本人ようまくやってくださいね・・・と一応は云いますが内心は期待していません・・・きょうのところは


第一・十年期が始まった2001年の暮れにおのまは北バンクーバーに移り住みました

十年目にはいったことしはカナダから一度も出ない年になりました。飛行機に乗ったのはトロントに行った時だけです。毎月一度はどこかに飛んでいた時分とくらべて大いに生活スタイルが変わりましたがとても良い変化だと思っています

21世紀第二・十年期をおのまがまっとうできるかどうかは知りませんが一日一日、一分一秒を大事にしていきたいと思っています


以上をもって本年の「木霊の宿る町」はおわりです

夏の感傷旅行については来年も書きます。ビルマのことも続けて書くつもりです

日本の政治はなるべく無視したいと思いますがどうなるか分かりません

さて、これから居間の掃除・整理のつづきならびに客間に避難させたもろもろの整理をします。どこまでやれるか・・・・



ただいま三時半です。ソファについている猫ゲンキーの毛を取り終わったところで疑問がわきました

もしや二十一世紀の最初の十年って、2000年1月1日から2009年12月31日ではなかろうか・・・・

でも世紀の初めは0001年のはずだと思い直しました。0000年という年はないのです

だから1年1月1日〜100年12月31日が1世紀で、2001年1月1日〜2100年12月31日が21世紀です

よって2001年1月1日から2010年12月31日が21世紀の第一・十年だということになります。ああよかった・・・・
 世紀区切りに関する議論   ウイキペディア

世紀の区切りの年をいつからにするかについて、記録によると16世紀末から議論が繰り返されてきた。
公式には
21世紀2001年からである。
これは西暦に0年が存在しないため、
1世紀1年から100年までとなり、
100年ずつ区切っていくと
20世紀1901年から2000年に当たるためである。
100年ごとに訪れるこの区切りが近づく度に議論が繰り返されている。
一度議論に参加している当事者は次に議論がなされる時にはほとんど残っていないために、
この議論は永遠に繰り返されるかもしれない。

欧米では2000年からと考える意見も根強かった。
2000年の幕開けには、新しい
ミレニアムの始まりとあいまった祝賀イベントなどが各地で行われた。
2000年という区切りがいいことに加え、
キリスト大聖年に当たるということも大きい。
日本人の多くはこのような習慣がないため、2001年とする人も多かった。
政府の公式見解で一度2000年を区切りとして採用しながらそれを撤回して、
後に2001年をアナウンスする国も見られた。



 
花岡信昭メールマガジン873号【2010・12・31】
http://hanasan.iza.ne.jp/blog/entry/2092126/

<<大みそかに考える>>


 あと数時間でことしも終わりだ。政治の世界は、
まともに考えるのがいやになるほど矮小化された
実態のまま年を越すことになる。

 このままだと、菅民主党政権は、首相の顔が入れ替わる
ことはあるかもしれないが、少なくとも民主党を軸にした
政権があと2年半余り続くことになる。

 2009年の衆院選マニフェストはほぼ破綻した。
無駄遣いの排除で17兆円だかの財源を生み出すという
基本構図そのものが崩壊した。

 鳴り物入りの事業仕分けでは借金900兆円という現実に
対してほとんど無力であることが浮き彫りになった。
そこには「市民参加」という美名のもとに、仕分け人なる人
たちがわがもの顔に振る舞って、庶民の「反お上感情」を
くすぐるという、醜悪な光景しか見えてこない。

 外交・安全保障をめぐる一連の事態に的確に対応できない
政権であることもはっきりした。尖閣、北方領土、朝鮮半島の
南北砲撃戦・・・あわてふためくだけの情けない政権の姿を
われわれは何度となく見せつけられてきた。

 だが、ありがたいことにと言ったら言い過ぎだろうが、
この政権は反面教師として、われわれが向き合うべき
いくつもの国家的課題を提起してくれた。

 大くくりに言ってしまえば、「主権」「消費税」
「集団的自衛権」にほぼ集約される。

 尖閣、北方領土、竹島など国境地帯で起きている
さまざまなできごとは、国家が守るべき「主権」の
存在をいやがうえにも突き付けてくれた。

 消費税はもはやいうまでもない。税収よりも
国債のほうが多いという財政構造を根本的に打開するには、
消費税の大幅引き上げ以外にない。
7月参院選は民主党も自民党も消費税については
同じ認識を持っていることを明らかにしてくれた。

 あとは政治決断しかない。消費税引き上げと
これにともなう税制の大改革(直間比率の是正)のために
必要なら、「大連立」という政治展開にかけてみたいとも思う。

 そして集団的自衛権。戦後日本の外交・安保政策の基軸は
日米同盟だ。この政策選択は間違ってはいなかった。
日米の強固な同盟関係の維持が、中国の台頭を抑え、
東アジア地域の安定と平和を維持する。

 そのためには、「普天間」ごときでいたずらに
無用な摩擦を引き起こすべきではない。反米・反日勢力が
沖縄に闘争拠点を絞り込んでいるのなら、国家的見地から
これを排除しなくてはならない。

具体的には知事の持っている権限を国がすべて
「代執行」できるような法整備をはかればいい。
沖縄の現地だけに任せていては、普天間問題はいつまでも解決せず、
日米関係は悪化の一途をたどる。

といったことを年末に考えている。

| おのまのプロフィール | 沖縄 | 05:24 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:24 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/3360
大晦日の夜に
上が猫のキキ、下がハナ。 両者にらみ合いながら、互いに動けず膠着状態 2つに分裂してにらみ合っている民主党みたい。 それより壁にかかった「道」という実篤の飾り物がすごい。 いにしえの時代の...
| 人類猫化計画 | 2011/01/01 5:53 PM |
スチームクリーナー
バカ売れ中のスチームモップに続いて最新版も登場!どこにでも使えるハイブリッドスチームモップも大ヒット♪
| スチームクリーナー | 2011/01/12 12:37 PM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters