木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 漫言:柊 | main | スキー八日目 >>
賀状


二週間まえから始めた賀状の宛名書きがほんじつようやく終りました

書いている途中でカードが足りなくなり去年つくったカードも使いました

去年は二種類のカードをつくりました

#1



#2



ことしも使ったのは#2です。去年はごく少数の人にしか送らなかったので多分ダブらないだろうと思うのですが・・・・

賀状というか、生きてますよという連絡ですからダブって受け取られた方はご容赦

今回は書いていて我ながら年食ったなあと思いました

住所録は使い始めて二十年以上になるシステム手帳についているもので手書きです。転勤したり転居したりする人が多く、そのたびに新しい住所を書き込むのですが、二十年もたつと書き込むスペースがなくなる人もでてきます

そんなこんなで住所録はグチャグチャ。自ら書いた字や数字なのに判読不明だったりします

そして転居の知らせを受け取ったのは覚えているのに古い住所のままだったりも。そんな知人が二人。一人はメールで照会していますが、もうひとりの知人はメルアドも変わっていて手立てなし。あちらから連絡があれば良し、無ければオワ・・・でもないか・・・

アメリカに住むこの知人からはここ二年ほど賀状が来てなかったのですが、ある日奥方から主人は脳梗塞で倒れた、日本に帰ってリハビリ中だという知らせがきたのです。そのときに日本の住所を書きとめるのを忘れました。頂いた手紙を探しださないといけません

そして住所を書いている途中で電話がかかったかなんかでしょうか。あとでみたら住所だけで名前が書いてなかったのが二枚

毎年賀状を交換しているので住所録に書いてあるのですが飛ばしてしまったのが少なくとも一件。その知人から本日カードを受け取って気がつきました

そして・・・・筆ペンで書いているのですが・・・書いてる途中で筆が踊って書けなくなった字がありました。書き損じ四枚

普段パソコンを使いローマ字入力、漢字変換で書いていて字を書くことが少なくなっているせいもあるのでしょうが良くない兆候です

話は変わりますが、若い世代の多くは筆で字を書く時間が極端に少なくなっているのではないでしょうか。一生を通して筆で書いた時間がおのまが小学時代に書いたより少なかったなどということがあり得るような気がします

そういうおのまだって小学時代には習字塾に通っていましたが、それ以後は賀状や祝儀、不祝儀のときくらいしか筆を持ちません。ふだん筆を持つのはパソコンのキーボードの掃除のため

筆を使って字を書いていると頭が気持ちよくなってきます。脳のいろいろな機能を使う必要があるからではないでしょうか

日本人は英語を勉強するよりも筆を使った習字を続けるほうが良いのではないでしょうか

 
| おのまのプロフィール | いたずらがき | 10:03 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:03 | - | - |
>日本人は英語を勉強するよりも筆を使った習字を続けるほうが良いのではないでしょうか

決して真っ向からの反論ではありませんが、どうも日本人なら靴よりも下駄を履いた方がよいと受け取る向きもあるのでは?

「書は体也」なんて言葉ありましたっけ?
書は人格を顕わすとの意味なんでしょうね。
「中国人の前で字を書くな」とも言いますね。
私は太いミミズのような字を書くくせに康熙帝の筆跡が好きでした。
これで屁理屈を真面目に書く私がよくお分かりになるのでは?^^

PCはそのうち東アジアから毛筆文化をワイプアウトし芸術の分野にのみ生き残るのではと思います。

これから日本人が国際社会において生き残るには日本の言語の伝統(言葉の伝統の定義は難しい。言葉とは時代と共に変わるものですから。)を守ると共に国際社会の共通語を徹底的に身につける必要があると思います。
そうでなければ私のように米国の片田舎でハンバーグを焼く仕事にしかありつけない。好きでやっている事ですから自虐ではありません。^^

| Tom | 2011/01/07 7:56 PM |

靴より下駄・・・・賛成です(笑)

筆で書かれた字には見ていて頭のこりがなくなっていくような、うっとりするような字がありますね

悪筆ながらも筆で書いている間は頭の中にPCのキーをたたくのとは違う心地よい刺激を感じます。大脳を良い具合に発達させる効能がある書道をやらせるほうが英語習得に時間をかけさせるより日本の子供には良いとの思いは変わりません。いまの日本はそういう風にはならないでしょうけれど。
| おのま | 2011/01/08 3:55 AM |

今の日本は英語教育とその取り組み方については江戸時代の考え方ですね。
これはある新聞社のイザ!とか言うブロガーさん達ののエントリーを読んでつくづく感じます。^^;

先ずローマ字教育をする時に英語の長母音発音も徹底的に教育するのが良いと思います。
ちなみに日本式ローマ字を考案・普及された田中館愛橘先生は私が生まれた町の出身で私は先生の碑が建てられてある生家の前を毎日学校に通ったものでした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%88%98%E6%84%9B%E6%A9%98
日本式ローマ字
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%BC%8F%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E5%AD%97
| Tom | 2011/01/12 3:48 AM |

日本人は九九ができる程度に英語が話せるようになるといいと思いますが、それ以上は強いることもないと思います

孫たちには英語ではなく、使う人口がもっと多いスペイン語や中国語を学んで欲しいのですが、それよりなにより日本人が長年かけて磨き上げた日本語をはじめとする文化、技術を大事にして欲しいです

| おのま | 2011/01/12 12:37 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/3346
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters