木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< スキー四日目 | main | スキー六日目 >>
スキー五日目

十二月四日(土)

快晴。絶好の写真日和である。望遠レンズをカメラにつける。

土曜で快晴だとスキー場は混む。早く行かなければいけないとあせっていた。グラウスの駐車場に着いたらカメラを持ってこなかったことに気がついた。

家に戻ればそのあいだに駐車場は満杯になるに決まっている。そのままゴンドラに乗った。カメラを持たないでスキーをするのは何年振りだろう。

カット(初級)を滑る。きのうのキシキシ片栗粉よりは多少やわらかいが美人雪だ。カメラがないからゲレンデの途中で止まる必要もなく一本目から一気に滑り降りた。気分よし。

ピーカン。まぶしい。三月にシーモアで日が当たるとサングラスになるめがねをなくしたのがそのままになっている。

一月にあつらえてすぐなくしたものだから悔しくて、もったいなくて十年以上も前につくっためがねを出してきて使っているのだが、これは日があたってサングラスに変わるめがねではない。今日こそはめがね屋に行こう。

二本目は上村愛子をイメージして腰を落として滑った。しばらくすると太ももが悲鳴をあげた。

リフト乗り場近くにくると雪がぼそぼそに荒れ始めていた。

三本目、四本目はボーゲンとパラレルを混ぜて滑った。ボーゲンで滑ると足首がやわらかく感じられる角度がすぐ分かる。

ボーゲンで滑っていくとパラレルより太ももの負担が大きくなる。だからパラレルに戻る。パラレル⇒ボーゲン⇒パラレル⇒ボーゲンを繰り返していると左の脚が弱いのがよく分かった。

混んできた。リフト乗り場近くのボソボソ度が急に高まっている。ゼロだったリフトの待ち時間が五分ほどになった。

五本目はサイドカット(中級)を滑った。シーズン五日目でここを滑るのは初めて。案の定すいていた。

いつもだと最初から速度を出して滑りきるのだが今シーズン初めてだから自重して急勾配のところはゆっくり降りた。思ったより雪ががりがりだった。

リフト乗り場はいよいよ混んできた。五本であがった。

四日連続で滑ったのは久しぶりである。

サラリーマン時代はシーズンを通して四日滑れば良いほうだった。あの頃は雪の質のことなどまったく考えていなかった。

帰りのゴンドラからスタンレーパーク、BC大学のあるポイントグレイの半島、そして海の向こうにバンクーバー島がはっきり見えた。

ここからスタンレーパークまで十キロほど。ポイントグレイまで二十キロ。バンクーバー島まで六十キロ。

韓国領のヨンピョンドと朝鮮本土の距離が十数キロ。グラウスが朝鮮ならスタンレーパークとポイントグレーの中間あたりがヨンピョンド。

スタンレーパークからこちらに向かって砲撃訓練をされた日にはグラウスの住民は不愉快になる。グラウス側からも撃ちかえしたくなる。

米韓、米日が朝鮮の目と鼻の先で軍事訓練をしているのだから朝鮮だって韓国や日本の近くでミサイルを飛ばしたっていいじゃないか。というようなことであろうか。

戦争が始まるときは一方が正しく他方が正しくないということはない。米国の意向に逆らいにくい韓国と日本であることは分かるが、韓国も日本も、世界中で戦争をしかけてきた米国とは別のルートで朝鮮と意思疎通をはかっていることを切に望む。

日本のマスメディアは朝鮮が悪いと煽るだけではなく、彼らの言っていることをもっと報道すると良い。

| おのまのプロフィール | スキー | 07:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 07:25 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/3335
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters