木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 資料 尖閣に関する評論家・西尾幹二の見方 | main | 感傷旅行 21・ モノヒル 2 >>
資料 小沢一郎の囲碁 @ 依田紀基
 当ブログのリンクに貼ってある依田紀基のサイトに小沢一郎の囲碁が変わったという記事が載っている。全文をコピペ:

手筋の原理
  • 2010年10月 8日(金) 05:10 JST
塾長の言いたい放題 昨日は、小沢一郎さんとあるホテルの囲碁サロンでお会いして、碁を打ちました。

手合割りは小沢さんの先で30目コミもらいです。

結果は僕が2目負けました。(白の盤面28目勝ち)

小沢さんがとてもいい碁を打たれていたので、うれしく思いました。

発想の次元が変わってきた感じです。

僕は対局が終わった後に、手筋の原理について講義をしました。

手筋は、利き筋を利用して、石を働かせる打ち方ですが、利き筋にも、直接的な利き筋と、ゆるい広い意味の利き筋があると、説明しました。

小沢さんは「とても勉強になった」と言ってくれましたが、小沢さんは、とても呑み込みが早いと思いましたね。

政治と碁の考え方は似ているからでしょうか。

対局が終わった後に、友人を交えて4人で、食事をしました。

小沢さんは本当に楽しそうで、愉快な一時でした。

小沢さんは、「これ本当の話なんだよ」と言って、田中角栄元首相の物真似をしてくれました。みんなで大笑いしました。

小沢さんの話はとてもユーモアがあって楽しいですね。

ホテルの玄関で小沢さんを見送った後に、待ち構えていたマスコミに、「小沢さんの離党や、議員辞職についてどう思いますか?」とインタビューされましたが、「やましいところが無いのにそんなことを小沢さんがするはずないでしょ。」と僕は答えました。

この際だから、僕の考えを申し上げておきたいと思います。

今まで小沢さんについての過去のマスコミの報道でさんざん、あたかも、お金をもらって特定の業者に便宜をはかったような、報道がされてきました。

証拠など無いのに、あるかのように。

だって証拠があったら、検察が不起訴にするはずがないでしょ。どう考えても。

今回は、検察が不起訴にしたことを、有権者から無作為に選出された11人の検察審査会が、強制起訴を決めました。

でも、無罪になるのは、マスコミだってわかっているのではないかな?

どの報道を見ても、有罪か、無罪か?という議論になっているのを見たことありませんから。

無罪になるのがはっきりしているのに、「責任だ、けじめだ」というのは、言いがかりじゃないの?と僕は思います。

納得ができませんよ。裁判が早く終わることを願っています。


| おのまのプロフィール | 政治経済 | 02:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:22 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/3252
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters