木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ゲンキー記・げんきーげんなり | main | 林雨第五十五回 オンタリオのゴルフ >>
感傷旅行 11・空港


おのまが一番おおく利用した空港はトロント空港である。十年あまりのあいだ毎月トロントからどこかへ飛んでいた。

しかしトロント空港はバンクーバー空港にくらべて使いにくかった。なんど利用しても空港にちかづくたびに緊張した。なぜか。


トロント空港とバンクーバー空港の規模はそれほど変わらない。

トロント空港:

滑走路:5本 
年間発着回数:41万回

バンクーバー:
滑走路:4本 
年間発着回数:29万回

なぜトロント空港が使いにくいかを写真でみて分るだろうか。


トロント空港(ウイキペディア)



トロントは第一ターミナルができたあとに第二ターミナルができ、そしてまた新しいターミナルができたのだが、建物を別な場所に建てたものだから、どのターミナルにもそれぞれのアクセス道路がつくられた。

そのため空港に近づくと道路はくねくねと曲がりくねり、どの車線を走ればいいかに気を使う。

(新しいターミナルができたあと、旧第一ターミナルは一般客用としては使われなくなった)


バンクーバー空港(ウイキペディア)



バンクーバーもターミナルが増えたのだが、建物が横一線でくっつくように建てられた。そのためアクセス道路は一本ですんだ。

空港に近づいてから道路がくねくねして分りにくいということがない。国際線ターミナルも国内線ターミナルも同じ道路でつながっているから空港に近づいて緊張することがない。


数年ぶりに訪れたトロント空港にはターミナル間をむすぶモノレールができていた。





後付けの施設は見た目にうっとうしい。

機能的にも複雑になって不便なことになる。おのまはレンタカーを返したあと出発ターミナルへ行くまでに迷った。モノレールができたためエレベーターが増えたからだと思う。


後付けの施設はできるだけやらないこと、やるときは後付けと分らないような単純な設計をすることが肝要である。

ランキング
↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164


あいかわらず原因不明の異常事態が続いています。ランキング管理者に照会しましたが返事がありません。

| おのまのプロフィール | 感傷旅行1 | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:08 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/3171
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters