木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< カウント開始 | main | うんざり日本のスーパー便秘 @ 小沢一郎起訴 >>
スキー27日目 ・ 腕の構え

四月十八日(日)でもってシーモアスキー場の今シーズンが終わった

その日のシーモアはべたべた雪

へとへとになったおのま、今シーズンはこれで終わりと決めた

雷鳥さん(グラウス)はいつだってシーモアの雪質に敵わない

下界からみあげるとおのまの頭よりひどい様相を呈している

どこをどうすべれというのだ

育毛剤を使うと流れて目に入ったりするのでこの頃は何もしていないおのま

この方はどうされておられるのだろうか

 出典:ラ・ターシュに魅せられて



雷鳥さんもこれほどひどくはない




今シーズンはこれで終わりと決めた

ところがぎっちょん、雷鳥さん

金曜から土曜にかけ11センチ、土曜から日曜にかけて2センチ降ったとな

土曜は一日中視界不良で行く気ゼロ

二十五日(日)も視界不良

やっぱり十八日が最後だったかと部屋のかたづけを始めた

昼すぎになると表があかるくなった
 
一時すぎ雷鳥さんに着く
 
雪はアイスクリームの硬さがあり、十八日のシーモアより断然良い


 
ご機嫌で滑り出したが、カットは半分でカットされていた



ゲレンデの長さは三百メートルほどしかない

はじめの二百メートルはチョー感謝面・・・・緩斜面

チョー初心者に感謝されるチョー緩斜面だがチョー中級者おのまにはチョイ退屈

アイスクリーム雪とは云ってもそこは春の雪。ひねもすのたりのたりかな

カタツムリになったようで一向に面白くない

思わず腕を前にだした

雪面をポールでひっかいて加速するヒッカキスキー

手を前にのアルゴリズム体操スキー

http://www.youtube.com/watch?v=s2EMRVc04xo

せりさんが軽蔑したあれって、べた雪だったから思わずやったんだ

正しい滑り方だったんだ。ブイ



でも、どこかでせりさんが見てるといけない

三本目からはスケーティングでもって速度を上げることした

リフトからみてるとスケーティングをしているのは大概がガキンチョ

チョー中年おのまとしてはやりたくない

でもやってみると速度はでるし、おお、板がもち上がるではないか

チョー緩斜面200メートルのあとはチョイ緩斜面100メートル

普段は中曲がりで滑るのだが今日はゲレンデが狭くなっていてはみだす

直滑降に近い小曲がりで滑る

早口ことば

おおまがり なかまがり こまがり

下界に近づいた分だけ雪が柔らかく、ゆっくり滑るとブレーキがかかる

速度を上げ、板をしっかり雪面に押し付けることに意識を集中させて愛子すべり

気分はね
 
四本目を滑ったあとリフトから登山をしているカップルを発見



二人の距離はどんどん開いていった



春の雪山登山って面白いのか、はたまた退屈なのか

おのまはやったことがないので分らない

遭難している風にみえるのだが



雷鳥さんでも遭難はある

四月八日(木)に日本人(♀60歳)が遭難し翌日発見された

遺体はリフトの近くにあった

あの日は風のせいか午前中は操業していなかった

操業していなかったというのにどうして彼女はそこに行った

リフトの近くなのに発見が遅れたのは何故

ミステリー作品のネタがそろっている

五本すべってあがる

ゴンドラを待つ間、片足で立ってスクワットの練習をした

中腰のまま伸びたり縮んだり

右足だと三十回、左足だと十回で太ももが痛くなる
 
氷点高度が1200メートル、風が冷たいので雪質はしばらくもつだろう

でもおのまはこの日をもって今シーズンはオシマイ

べた雪を滑ろうという気力が無くなっている


長女からのコメントがあった

連続写真有り難うございました。
ちょっと上半身が外へ傾きすぎかな。
カービングを意識してエッジを立てるようにしてるつもりなんだけど意識し過ぎかもしれない。
足も肩幅くらい開いて腰を落として滑った方が今どきっぽいね!

ウィスラーではその辺り意識したら上手に滑れたよ。最後の滑りが一番良かったなー。
| アラフォーの娘 | 2010/04/26 3:29 PM |

このままで良いんじゃない?



足を肩幅に開いて腰を落とすと板と雪面とが常に押し合って安定感がでる

このときだってバランスはまったく崩れなかった





でも格好悪い

でも・・・

上村愛子は格好良い



迷いの多いシーズンだった。でもでもシーズン・・・・


クリックすれば愛子すべり
クリックしないと豚すべり
↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164


ちなみに先に載せた写真の派手なウェアは次女のもの

次女も長男も長い間滑っていない。長女も今回が三シーズンぶり

おのまも十年ほど滑る余裕がなかった。時間も金銭も気持ちもきつかった

日本の大衆の多くはまだまだ余裕がない・・・・

気のもちよう以前のものがあることは確か

シーモア山を滑り終えて駐車場にもどる長女&ゆうきん


| おのまのプロフィール | スキー | 01:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:09 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/3043
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters