木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< コーンな雲を見た | main | スキー24日目・ ヒヨコ (chicken ・臆病) >>
林雨 第五十二回 ウォルフレン論文
この論文の要旨を書いたものの、長いし、読みにくい日本語だと反省しています。

もっと短く、そしてもっとリズム感のある日本語を心掛けて書いたものを4月15日の記事に載せることにしました。
| おのま | 2010/04/16 4:43 AM |
http://onomar.jugem.jp/?day=20100327


林雨 第五十二回 ウォルフレン論文 小野冬生


http://www.japancanadajournal.com/  
 
 

 

現在進行形で展開されている日本の検察による無辜の市民に対する暴力的な事件のでっちあげや、自らに対するだらしないまでのでたらめと自己規制のなさぶりを見ていると、検察は日本が法治国家であることをあえて無視する無頼漢の集団でしかないと思えてきます。国際状況が大きく変わった今なおアメリカに盲従することでもって自己完結しようとする外務官僚とならんで日本を劣化させている劣悪官僚の双璧といえます。

 

そういう劣悪な官僚たちにすりよるジャーナリストがいるから困ったものです。二の腕に「アメリカ命」と刺青を彫ったようなワシントン在の産経記者が「アメリカが日本を捨てるとき」という神経症的なタイトルで本を出したりします。時代をみろよ、「日本がアメリカ国債を捨てるとき」を書きなよ、と言いたくなりますが、妾(めかけ)根性が染みこんだ老人御用記者に言っても詮無いというものでしょう。

 

あるべき日本から大きく逸脱しようとするベクトルで動いている官僚やメディアを駆逐しないと日本の未来は限りなく不透明にちかいグレーです。すでにシンガポールに抜かれた日本のひとりあたりGDPですが、他の国にもどんどん抜かれていくことになります。

 

なにゆえ日本でこういう神経麻痺的な現象が起きるのか不思議でならないのですが、カレル・ヴァン・ウォルフレンが中央公論四月号に書いた「日本政治再生を巡る権力闘争の謎」を読んでなるほどと思いました。

 

読者の中には十六年前にウォルフレン著の「人間を幸せにしない日本というシステム」というベストセラーを読んだ方がおられることでしょう。30万部売れたそうです。

 

30万部というのは多いようで少ないともいえます。あの本を日本の大衆の三割、すなわち300万人が読んで、覚醒し、行動していたら今のていたらくはなかったろうにと思います。

 

中央公論の発行部数は4万強だそうです。300万の1%ちょい。ひとりでも多くの方に知って欲しいと思い要旨をまとめたのですが、とても紙面に収まりません。

 

よって冒頭に書いた筆者の慨嘆に関連するさわりをご紹介することにします。論文は外国語で書かれた原文を日本語に訳したもので分りにくい個所があります。前後の流れからみてこういうことを言っているのだろうと書き直したところがあります。

 

もとの日本語訳をお読みになりたい方で中央公論が手に入らない方は筆者のブログ「木霊の宿る町」の327日をご覧下さい。http://onomar.jugem.jp/?day=20100327

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

1 日本は真の民主主義国家ではない。民の代表である政治家ではなく官僚が政治をのっとっているからである。

 

2 日本の大衆は日本が真の独立国家たらんとする理念を打ち砕こうとする国内勢力やアメリカ政府について理解を深めるのが良い。

 

3 政治家の力を骨抜きにする仕組み、すなわち官僚による統治は山県有朋(19381922 政治家・軍人)によって確立され、戦前の軍官僚による日本国ハイジャック、戦後のキャリア官僚と国会議員の奇妙な関係を生んだ。

 

4 山県の遺産を見直し、民の代表が統治する日本を創ろうとしている民主党は旧態依然とした非民主主義的なグループの抵抗にあっている。 外務省や防衛省の官僚たちは従来のやり方にしたがわせようと躍起になっている。

 

5 自己防衛のために官僚機構はメディアと検察を使って、改革を志す政治家たちを標的とした事件を作り出す。官僚を本来あるべき状態に近づけようとする民主党の政治家たちは今後も彼らから攻撃される。

 

6 平沼騏一郎(18671952、司法官僚・政治家)が創った日本の悪しき司法制度が改革されないままになっており、検察官たちには自らが政府を超えた至高なる神聖な存在であるという思いあがりがある。ダブルスタンダードを羞じることがなく恣意的に振る舞う日本の検察が海外の法律家たちを驚かせていることを日本の大衆は知るべきである。

 

7 大衆の多くは小沢一郎が「誠意ある態度」を示して謝罪すべきだと言うが、小沢が詫びたり、辞任したりしてもそれは大衆に対する詫びではなく、大衆の代表である政治家を官僚に屈服させたという儀式でしかない。明治から続いている大衆を官僚に屈従させる儀式である。

 

8 新聞は本来、官僚権力を監視する立場にあるが、新聞社の幹部の思考は官僚のそれと変わらない。役にもたたないスキャンダルを報道するが日本の未来にとって何が重要かという肝心な視点は欠落している。

9 日本の新聞が堕落した原因は長年の習性にある。政治記者たちは、自民党の派閥争いや連立政権の浮沈についての詳細を伝えることにエネルギーを注ぎ、内閣をこき下ろすことに喜びをみつけてきた。鳩山政権になっても堕落ぶりが変わることなく、どうでも良いことを盛んに書き立てている。

10 小沢一郎は国際社会において、もっとも卓越した手腕を持つ政治家のひとりである。彼に比肩し得るリーダーがヨーロッパにはいない。政治的手腕において、そして権力のダイナミクスを理解しているという点でオバマは小沢に及ばない。
 
11
 民主党のメンバーにもメディアに影響されている者がいるが、日本の権力システムを熟知しているという点で小沢ほどの手腕を持つ政治家は他には存在しないという事実をよくよく考えるべきである。

12 確固たる民主党ではなく、さまざまな連立政権があらわれては消えていくというあわただしい変化を繰り返せば官僚たちの権力が強化され、自民党政権下よりもっとたちの悪いよどんだ状況が現出することになる。

 

13 日米関係にはアメリカが日本を独立国家として扱ってこなかったという根本問題がある。鳩山政権がこの状況を変えようとしている事実は以前の状況に戻ることは二度とないということを意味しているのだが、オバマ政権は自民党と違った姿勢をとる民主党を受け入れることができずにいる。

 

14 沖縄の基地問題でもって、アメリカは自分たちが日本のボスであることを鳩山政権が理解しているかどうかを試そうとし、自民党に承諾させたことを実行せよと迫っている。検察と同様、アメリカは平衡感覚が欠落しているのである。

15 鳩山が対米外交において失策を重ねていると批判する人々は自民党時代にアメリカとの関係において正常な外交が存在してこなかったという事実を理解していない。鳩山政権は自民党が直視しなかった現実に取り組んでいるのである。

16 病的な対米依存症のままで日本の舵取りはできない。民主党は真なる政治的中枢を打ち立て、アメリカに依存する関係を刷新しようとしているのである。

 

17 日本がどれほど米ドルの価値を支えるのに重要な役割を果たしてきたか、アメリカがどれだけ日本を必要としているに気づいている日本人がほとんどいないことには驚く。

 

18 アメリカが日本に対してボスであり続けることができるとすれば、それは日本がアメリカから見捨てられるのではないかと恐れる日本人がいるせいだ。アメリカが日本を守ってくれなくなったらどうなるという恐怖心は1989年に一変してしまった世界の状況から考えてナイーブな思考でしかないのに。

2010年4月15日(木) @ 北バンクーバー

クリックすれば民主日本
クリックしないと豚日本
↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164
| おのまのプロフィール | 沖縄 | 04:35 | comments(3) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 04:35 | - | - |
すごく、分かりやすかったです(o^∇^o)ノ
| ちぎ | 2010/04/17 4:03 AM |

同感です(笑)

おのまは小沢一郎の支持者ではありませんが、今の時代は彼に指導してもらうのがいいのではなかろうかと思います

小沢は評判が悪い分、大衆からのチェックが効いているわけで、大衆の支持をバックにデタラメをやった小泉純一郎のようなことにはならないという期待もあります
| おのま | 2010/04/18 3:33 PM |

ウォルフレン論文は大衆向きな話題を少し上質にしただけでは?
| 春の嵐 | 2010/04/19 11:40 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/3032
ウォルフレン論文
ヒートアイランドの東京では、たまに真冬でも「蚊」を見かけることがあります。この数日、貧民屈の狭い部屋に入り込んで「ゲリラ戦」を繰り返していたモスキート隊長も、さすがに冬に逆戻りしたこの寒さにヨレヨレです。二日酔いの老眼親父によってアジトは粉砕され、儚
| 緑と青のカッパ道 | 2010/04/16 9:29 AM |
日本政治再生を巡る権力闘争の謎=カレル・ヴァン・ウォルフレン
日本政治再生を巡る権力闘争の謎=カレル・ヴァン・ウォルフレン 2010年3月19
| 呑ん兵衛 | 2010/04/16 3:49 PM |
産経の記事を読み直す・・・・・産経は、自身の記事の矛盾にさえ気がつかないようだ
  産経が、またぞろ仕込んだネタをチラチラと出してきた。これは、水谷建設元会長が仮出所をしたからであろう。という事で、産経の書いてきた水谷建設絡みの記事を検証をしてみよう。 記事の内容でわからない部分がありましたら、twitterでw 下記の記事一覧を開いて産
| 雑感 | 2010/04/16 4:32 PM |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters