木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< アプローチの植栽 | main | 長女のスキー 7 ハプニング・1987 >>
長女のスキー 6 バーノン 1987

1987年三月、バンクーバーから四百数十キロ東にあるバーノンのスキー場へ行った。さらに八百キロ進むとカナディアンロッキーがある



大きな地図で見る


クリックすると地図がでます

黒潮のせいで湿気が高いバンクーバーに比べてバーノンは乾いていて雪質が良いと聞いてでかけたのだ

片道五時間ほどの距離であるが、途中で一泊したようである

1987     March Break (春休み)
愛車を駆ってVernon は Silver Starへ行く 
オイ本当に雪があるんだろうか 
一寸暖かくて全部溶けちゃったんじゃなあい





長女:龍(たつ)!!ちゃんとカメラに向かって
長男:口の中でガムが溶けそうだ
次女:溶けたに決まってるじゃネーか 雪だって




会話はおのまの創作であるが当時の雰囲気がよく現れている
長女は次女、長男に対してボスのようにふるまっていた
ニ、三年たつと長男、次女は長女より背が高くなり三人の関係は微妙に変化していく

走れども走れども山には雪がない 
もう駄目かと思いきや山の中のSilver Star はこの通り ↓
新雪も加わりすべり易いこと 皆一流スキーヤーに変身





説明があとさきになっているが、滑る前に宿にチェックインしている

予約していた宿の汚いこと
エ・・これが1泊100何ドル?
Villageを回ると やったぜー
きれいなモーテルにかかっている VACANCY !! の看板
2泊しかあいてないというが移る
そのあとあかなきゃ帰ればいいんだ
結局そのあとも泊まってよろしいということになり快適なスキーに終わった・・・・
かというとこれが又ハプニングが起きたのだ → 次頁へつづく



汚い宿をみたときはがっかりしたものである



宿の代金は旅行代理店に払い込んでいたがあとで返してもらった。旅行代理店のオーナー夫妻とは数年前から親しくなっているが、先方はこの話を知らないかもしれない

脱線したくなった

当時乗っていた車はスバル・ステーションワゴン・1800CC



4WDはぜいたくだと思い2WDを買った。手動式変速

おのまの部下はスバルを見て荷物車ではないですかと言った。彼はトヨタ・カムリ・2000CCに乗っていた

RVというコンセプトを知らなかった無知部下君は神奈川県小田原高校の出。福島県安積高校のおのまに向かって、支店長とちがって僕はシティボーイですからと胸を張ったことがある。冗談で言っているのだと思ったのだが、あるときおのまが小学時代に横浜に住んでいた話をしたら、尊敬のまなざし、というか自尊心が傷ついたような顔に変わった。本気でおのまを田舎者だと馬鹿にしてたのかとあきれた

先輩にも自分はシティーボーイだと胸を張るクセのある人がひとりいるが、なんなんだろうね、ああいう心理。皇族に近づきたがるジンシュに似ているような気がする

ジンルイの祖先をたどるとアフリカの一女性に集約されるという説やダーウインの進化論を知っていれば、小田原とか皇族とかなどはごくごく最近の話でこれからどうなるか分らないのだから特別な感情を抱くこともないと思うんだが・・・・

シティーボーイと胸を張る 君の正体 カマボコボーイ

ちなみにカマボコは小田原産より宇和島産のほうが断然うまい。食べたことのないかたは野中かまぼこ店から取り寄せたらよい。今までたべてたカマボコってなんだったのと思うこと間違いなし。おのまが好きなのはじゃこ天。これがあるとビールではなく、日本酒を飲みたくなる
http://www.jakoten.co.jp/

スバルの小川支店長が日本企業の駐在員が初めてスバルを買ってくれたと喜んだことは前にも書いたがhttp://onomar.jugem.jp/?day=20090518実際に買ったのはボウマックというスバルとボルボの代理店からであった

ボウマックの看板は飛行機から見ても分るほど巨大なものであった

ボウマックの社長・ピーターバークス はゴルフの腕前がハンディ2か3で、去年までショーネシーゴルフのプレジデントを務めていた

ピーターバークスはビジネスをやめ、跡地はトイザラスの店になったが、巨大看板は今でも有ってトイザラスの下にボウマックの字が見える



クリックすればシティーボーイ
クリックしないと豚ボーイ
↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164


ボウマックの看板を撤去すべし、残すべしという論争があったそうである

 ウイキペディアから:

The BowMac sign, known as "Toys "R" BowMac" and "Toymac", is a neon sign in Vancouver, British Columbia with a metal screen depicting the Toys "R" Us logo covering a significant portion of the original sign. It stands at 1154-1176 West Broadway, a Toys "R" Us store. It was designated by the City of Vancouver as a landmark worthy of preservation and revitalization in 1997. The sign is a landmark of Vancouver, but also a topic of contention as unsightly as well as exceptionally large.

Contents

[hide]

Early History

The Bowell McLean (BowMac) car dealership on West Broadway in Vancouver erected the sign above the business in 1958. The orange sign was covered with hundreds of bulbs and neon lights. It was the largest structure in Vancouver other than the BC Electric Building downtown and recognized as North America's largest freestanding sign. The billboard was visible from 18 miles due. [1]

However, as the neon craze of 1950s Vancouver began to disappear in the 1960s, many signs were outlawed by stricter bylaws. The BowMac sign stood into the 1990s, when desires to demolish it surfaced. The city's planning and heritage departments opposed the idea, and passed legislation in 1997 to preserve it.

 Heritage

In the 1950s, Vancouver was the North American neon capital for its large number of signs, the artisanship involved, and the technology on display. Vancouver was recognisable from the air by the glow. The BowMac was the largest, most recognizable, and most central sign. It has a font, design, and shape distinct to the era. These considerations led to designation as a landmark worthy of heritage conservation in May 1997.

Controversy

The arguments against are that it is ugly and clashes with the multicoloured logo of Toys "R" Us; that it looks ridiculous; that it stands out in the conservative landscape of West Broadway.

Another issue is that the Toys "R" Us sign is exempt from but way beyond the bylaws. The BowMac sign itself is 215% too tall and 1823% larger than the allowed area; the Toys "R" Us billboard covers roughly three quarters of this space.

A third criticism is that the addition of the Toys "R" Us sign to the original BowMac sign compromises its heritage value.

Suggestions that the sign was an earthquake hazard and that it was going to make too much noise and light pollution were addressed; the site was deemed to be earthquake-proof, and the power was restricted between 10pm and 4am.[2]

| おのまのプロフィール | スキー | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:49 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/3023
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters