木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 数字vs文章・1 | main | 夏祭り・ジンバブエのマリンバ >>
数字vs文章・2
私は数字より文章のほうが好きですが、英語の文章を使って理解、分析するのはカナダ人学生にくらべて多くの努力、時間が必要で、数字系の課目を取らざるをえなくなりました。数字系の課目だと比較的楽に上位の成績を取れるので、そこから生まれる余裕で文章系の課目に取り組むわけです。
マーケティング、組織論などは文章系で、統計解析、会計学が数字系、財務はその中間という感じです。
UBCのビジネススクールは数字系課目に強い先生が多かったかもしれません。学校のコンピュータ室は大きく、キーパンチャーもたくさんいて、ほぼ自由に利用していました。
なぜ「ほぼ自由」かというと、学生がコンピュータを利用するには先生から貰うコンピュータ・ドルというものを払うのですが、コンピュータ・ドルを使いきっても頼めばすぐコンピュータ・ドルを振り込んでくれたからです。日系アメリカ人のウエノ教授からコンピュータ・ドルを貰ったのを覚えていますが、はてウエノ先生からは何を習ったのか思い出せません。


| おのまのプロフィール | UBC | 12:13 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:13 | - | - |
http://onomar.jugem.jp/trackback/30
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters