木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 検察の暴走とメディアのでたらめを拒否しよう (知事抹殺・19) | main | みっちゃん >>
今、一番 声援を送りたい人
おのまとちがって毒づくことがない人だとつねづね感心していたトン子さん@オレゴン州が2月26日のブログで毒づいていました。

いつもほのぼのとしたブログを書いている人なのにニンゲンって分らないものですねえ(笑)。

でも毒づいているのはほんの一部で本旨はタイトルの通り 今、一番声援を送りたい人 。

てっきり浅田真央か安藤美姫だとおもったら、なんとトヨタ自動車の豊田章男社長へのエールでした。

ちなみに豊田章男をトヨタアキオと読んでいる方はおられませんか。トヨタではなくトヨダです。

ついでに書くと、タイヤメーカーで有名な会社といえばブリジストンタイヤと思っている方がおられるでしょう。違います。ブリジストンではなくブリヂストンです。

おのまがこの世から抹殺したいと思っているのは田原総一郎ではなく、田原総一朗。同じじゃんと思った方はよくみるあるよろし。

X どんぐりころころどんぐりこ♪  ○ どんぐりころころドンブリコ♪

何度か書いたことですが、若い読者も増えておられると思うので今いちど書きますと「耳障りの良いことば」とか「百歩譲って」というのは感心しません。

この言い回し、天木直人や冷泉彰彦といったメジャーなブロガーが使うので豚風邪以上のスピードで拡がっていますが、読者におかれては「耳障り」のあとに「良い」がくるのは珍妙である、百歩も譲るなどとおおげさなことを云うな、譲るのは一歩であると毅然とした態度でいて欲しいです。

国の乱れはことばの乱れから始まる

この格言を誰が云ったかご存知ですか? 

ソクラテス 
孔子
白洲次郎

ソクラテスは色々な格言を言っていますが、有名なのは 「豚となりて楽しまんより、人となりて悲しまん」でしょうか。

そんなのはいや、人となりて豚まんを楽しまん がいいと言うあなた、健康にお気をつけ遊ばせてちょ。

ここで思い出したのが1964年3月28日、東大の卒業式で大河内一男総長が「太った豚より痩せたソクラテスになれ」と訓示したという新聞報道。新聞社に配られた訓示原稿にはそう書かれていたのだが実際にはここを読み飛ばしたというのが真相だそうです。

孔子もいろいろなことを云っていますね。これ分ります?

われ未だ生を知らず、いずくんぞ死を知らんや

なにか素晴らしいことを云っている感じがしますが、そうでもないような感じもします・・・

みんな生を知らず死を知らないで死んじゃうんだよね・・

白洲次郎の言った「葬式無用 戒名不用」 

おのまも同じ。葬式をしないでください。戒名いりません。墓にも入れないでください。焼け残った骨があったら畑の肥料にするか海に投げるかしてください。

なるほど生を知らず、死を知らずとはこういう心境なのかも・・・・

ということで「国の乱れはことばの乱れから始まる」と云ったのはソクラテスでも孔子でも白洲次郎でもありません。

ハク・オノマガがつくった格言でした。

以上みっつの固有名詞、ふたつの言い回し、ハクオノマガの格言のうちひとつでも知らなかった方はクリックしましょう (全員ですよね・・笑)


http://blog.with2.net/link.php?310164


お待たせしました。トン子さんのブログ2月26日です 
http://blog.goo.ne.jp/beavertonko

今、一番声援を送りたい人

現在、冬季オリンピックが開催されているので、日本選手に声援を送りたいのは、もちろんの事だが、それ以上に今、一番 声援を送りたい人がいる。

豊田章男 社長

私は政治や経済についてチンプンカンプンだけど、このトヨタ自動車問題について、どうしても意見が言いたい。
的外れな事を書くかもしれないけど、アホなオバさんが率直に思った気持ちを書く。

このトヨタ自動車問題は、1ヶ月以上も前からであろうか...?
欠陥自動車で人が亡くなった...とんでもないことである。
これは、トヨタ自動車の責任である。
私が遺族だったら、やはりトヨタが憎くてしょうがないだろう。

問題が勃発した頃は、「トヨタは世界でトップなのだから、安心しきっていたのだろう。いったん、トップの座から身を引き、他のメーカーと同等に競争するべきだ」と思った。
「あっ!ここで、米国車のGMやフォードが巻き返さなきゃ!」と言うと、トン吉が「GMはアメリカ政府に過保護にされてるから、ほっとくのが一番さ!」と言っていた。

どうせ、トヨタの社長さんは、「責任とって辞めます!」となるのだろう...と予想した。
日本の総理大臣がコロコロ変わるように、何か不祥事があると、社長らが頭を下げるのは、日本の恒例行事のようなもの。っで、社長は責任を取って辞めるものね。

日に日に、トヨタ自動車問題が拡大していく、毎日毎日、トヨタのニュースが流れ、“Another problem, again!”と言われるほど。
とにかく、あら探しをしているようで、過剰報道に感じてきた。
聞いていてウンザリする。

他のメーカーでも次々リコールがあるのに...
“repair”なんて単語を使って、サラッとニュースで流しているのに、トヨタだけは、檻に残されたまま、突っつかれている。

この過剰なまでのトヨタ叩きは、アメリカだけではないか?
ヨーロッパやオセアニア、はたまた、真上のカナダでも同じくらい騒がれているのだろうか?
どぉ〜考えても、アメリカ内で大騒ぎしている様に感じる。

昨日、米下院監督・政府改革委員会の
公聴会があった。
聞いたわよ。
正直、豊田社長が、冒頭10分間、英語で証言したのには、驚いた。
しかも、とても力強くしっかりした口調で話していたので感心した。

聞いていて、涙が出てきた。
まぁ〜、昔から涙もろいんで、ちょっちゅー泣いているんだが、豊田社長、すごく頑張って証言していたんでね。

私はアメリカに住んでいるのだから、英語が日常生活で必要。
でも、あんな証言が出来るだろうか?
きっと、手は振るえ、声は振るえ、棒読みになってしまうだろう。
もしくは、涙ボロボロで、原稿なんて見えず、詫びるだけで精一杯かも。
あの証言は、ものすごいエネルギーがいた事であろう。

原稿を指で追って読んでいた為、下を向いている事が多かった。
スピーチ慣れしていない日本人の現れね...残念。
しかし、約10分間の証言、実に真実味があり、アメリカ人がよくする言い訳がましい事を一切言わなかった。
薄っぺらいウソで固めた証言だってよくある中、豊田社長の証言は、真面目だった。

一番印象的だったのが、最後の方に言った一言...

My name is on every car.

↑この一言が、全てだと思う。
自分の名前が入っているから、トヨタ自動車を誇りに思うのだろうし、自分には重大責任がある...という事だと思う。

その後の質疑応答は、ヒッチャカメッチャカだったようだけどね。
映像を見ていないので、何とも言えない。

そして、米下院の公聴会後、全米のトヨタ販売店関係者や工場従業員の代表者らとの懇談会でスピーチをした。
スピーチの途中、張り付けた糸が緩んだのでしょう。
声がゆがみ、涙声に...
でもグッとこらえ、話し続けた。
その時に言っていた言葉が...

At the hearing, I was not alone.
You and your colleagues across America, around the world were there with me.


もうね、涙もろい私は、またしてもポロポロポロポロ泣いてしまったわ。
豊田社長のお人柄がチラッと出た感じで、「社長さんだって、人間だよね」と...
恐ろしい米下院の公聴会で、どれだけのエネルギーをつぎ込んだ事か。

そして、あの
Larry King Live に出演。

長い一日だった事でしょう。
丸一日、朝から晩まで、ズゥーーーっとアチコチでトヨタ自動車問題の追求をされたのだから。

アメリカはトヨタ自動車を過剰にバッシングしているとしか考えられない。
あるコメントに“Another American conspiracy”と書いてあった。
やはり、この背景には、アメリカ政府(民主党)の陰謀があるのか?
民主党=ユニオンの為、労働組合が無いトヨタだから容易に叩けるのか?
トヨタの工場が共和党の州にあるからか?
日本自動車への逆襲なのか...?

ところで、公聴会で、豊田社長は、大きな声でしっかり話しているのに、
議長が「もっとマイクを近づけて!」なんて、証言途中で妨げる事して...
あれって意地悪だよね。
耳の穴、掃除して無いんじゃない?
そ・れ・と・も...
補聴器付けろ!

そして、豊田社長が一生懸命 証言しているのに、
議長のこの顔は何よ↓



舌 転がして遊んでんじゃん!
人の証言なんて、まともに聞いて無いだろ!
ただただ、相手を攻めることしか考えてない目をしてる。

アメリカで赤ちゃん用のベッドによる死亡事故があった。
赤ちゃん用のベッドは、何度も色んなメーカーでリコールになり、事故もたたない。
これに関して、もっと真剣に取り組む必要がある。大切な赤ちゃんを守る為にも!
でも、アメリカ政府は、ベビーベッド メーカーに公聴会などしていない。

他の自動車メーカーで死亡事故は、無いのか?
今回のトヨタ自動車がアメリカで始めてあった事なのか?

豊田社長、頑張って欲しい!そして、辞めないで欲しい!
去年の6月に就任したばかりで、創業者のお孫さんなのね。
これは、アメリカが社長に与えた飛躍地点だと思って、前進して欲しい。

私も同じ日(昨日)、あるスーパーのカスタマーサービスで、値段の間違いを指摘していたのよ。
私の言っている事は無視し、“SORRY”の詫びも無い。
でも、しっかり返金してもらったけどね。
アメリカで、ちっぽけなオバさんは、アメリカ人によって逞しく成長していってる(笑)。

豊田社長、
色んな意味を含めて頑張って欲しい!


★トヨタの方へお願い:

トン子さんのブログ、感動ものでしょう。ぜひ豊田社長に見せてあげてください。

そして、おのまが乗っている1995年カムリ・ステーションワゴン 3000 CC V6 は走行距離20万キロになるけれど依然として好調だとお伝えください。

ブレーキ・・問題なし
アクセル・・問題なし
錆なく美麗
新品同様 



★おまけの格言

棄てる神あれば拾う神あり

禍福は糾える縄の如し


クリックすれば神がくる
クリックしないとがくる
↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164


もひとつおまけ

小沢一郎もやめることない。参院選でまけてもいいから民主党は毅然としていて欲しい。

おのまは民主党支持でも小沢のシンパでもないけれど、筋の通らないことでもって安易な妥協をはかろうとするのはよくないよ。

| おのまのプロフィール | 政治経済 | 00:58 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:58 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/2981
対トヨタ戦争: 実はもっぱら政治問題
Mike Whitney 2010年2月24日Information Clearing House 何件かの交通事故による死者が理由で、トヨタが、マスコミによって、さらしものにされているなどと、本当に信じている人などいるのだろうか? ばかばかしい。もしも議会が、無辜の人々が殺されることを、本当に心
| マスコミに載らない海外記事 | 2010/03/07 4:41 PM |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters