木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 野蛮な検察 でたらめの新聞 @枚方 | main | コメコメ @どうかみのもんんたに同化しないでください >>
いいとも 2

列に並ぶこと二時間ちかく。



少しずつ前進しているのだが知人はちっとも動かないとなんどか云った。そういうことを云ったって早くなるわけではないから云っても意味がない。意味がないことは云わないのが良い。

だいいち少しずつ動いているのだからちっとも動かないというのは事実ではない。事実ではないということは嘘だということである。嘘は言わないほうがよい。知人よ、このブログを読んだら反省せよ。

嘘を言わせるのを仕事としている検察と嘘を事実として報道しているメディアはもっと反省せよ。

寒さで鼻があかくなっている子が興味津々の顔をしている。

鼻が赤いと強く念じたらお母さんに通じた。ハンカチをとりだして女の子の鼻を拭いた。

女の子の視線の先にあるのはぬいぐるみのような犬であった。



犬の飼い主に勧められて女の子はおずおずと犬に触った。



犬は迷惑そうな顔をしてこちらを見たのだがそれは撮れなかった。

列の先のほうで歓声が起きた。



石段の上にテレビカメラマンがいた。




カメラマンの指示で何度か歓声が上った。夕方のニュースで流れるのかもしれない。

スタッフの制服は色々あるが、これが一番良いと思った。



記念写真を撮っているひとがたくさんいた。

気持ちが伝わってくる。





右の子の表情がゆうきん(おのまの孫)に似ている。





列から離れて大型PCに行く前に撮った写真。





拡大。



対照的だねえ・・・・

体型・・・・

女性は写真を撮り終わるとおのまをみてにっこり笑った。あちらさんもこちらさんを撮ったのか。

男性はガードマン。ステージに置いてあるドラムの後ろに座って写真を撮っていた中国人らしき男性を追い払ったばかり。




♀の愛嬌は世界を明るくする。



♂の正義は世界を暗くする。

検察の正義は日本を壊している。

検察の真似をして日本の大衆にもつまらない正義を振りかざすのがいる。

バンクーバー空港に着いた選手の服装が乱れていたと騒ぐなどは不毛である。



お祭りである。

バンクーバー空港に続々と到着する他の国の選手は私服が目立つ。制服着てネクタイしめてなんて日本だけちゃうか。幼稚園の遠足。

あれがスノボのスタイルかと笑ってみすごせばいい。

一歩ゆずる。

笑えないひとはバカモンと心の中でつぶやけばいい。

それができないで怪しからんと叫ぶのは

単純な幼児的正義の持ち主か

自らはみるべき成果をあげたことがないといつも内心で自嘲し、いつも他人の成果をやっかんでいる複雑な劣等の持ち主か

あるいはその両方を兼ね備えたチョー困ったチャンか・・・

ん?

検察に怒っているおのまも同じじゃん?

ちゃう。

なぜちゃうか。むずかしいから書かない。

「正しいことは、自分で決められることではない」と学生に教える。正しいこととは、

1)  神様、2)偉人、3)相手、4)法律

しか決められないんじゃない? 自分は神様でも無いのに、なんで勝手に「これは正しい」と決められるの?もし、そうなら、君の相手だっていつも正しいんじゃないの?

と学生に聞いてレポートを書いてもらうと、みんなそれぞれ考え、「どうも、俺が考えていることが正しいわけではない」というレポートがほとんどだ。

http://takedanet.com/2010/02/post_e11f.html


チケットカウンターに到着。

カウンター内で裁いているスタッフは四人。

運転免許証をみせるとチケットをつくってくれた。ほんの二、三分である。

仮に二分でさばくとする。

四人でさばいているから二分で四人。

一時間で百二十人をさばく。

4人/2分 x 60分 = 120人

二時間ちかく待ったということは240人の列だったということになる。案外すくない。


何千人、何万人の列だったら大変なことだ。

アフガニスタンに十万の軍人を派兵しているアメリカの苦労が分るというものである。

スタッフの数を増やせば解決するかというとそう簡単でもない。

スタッフが増えた分を管理する仕事が生まれるからである。


ごたごた続きの日本。

国会議員や役人の数を半分にしたら少しはすっきりするだろう。新聞もテレビも半分でいい。半分にしないと営業が成り立たなくなるだろう。もっと生産的な仕事につくひとを増やすことである。

というようなことを次から次へと考えていれば二時間などあっという間である。


二時。

知人が聖火リレーをみたい、五時に別約があるという。

この日の聖火は北バンクーバーで動いている。

ロンズデールで聖火を見て三時半にシーバス乗り場に送ればいいだろう。



sea bus  海上バス 
sea bass スズキ科の魚 

トロント時代。イタリア料理店・ラ・フェニーチェではその日仕入れた魚をテーブルまでもってきて客に好きなのを選らばせていた。シーバスのグリルがうまかった。
http://www.lafenice.ca/


シーバス乗り場があるロンズデール波止場市場は120いくつあるバンクーバー観光スポットの中で22番目の人気だという。


http://www.lonsdalequay.com/


海から山に向かう坂道のひとつが北バンク−バーの目抜き通り、ロンズデール通りである。

サンフランシスコの坂道に似ている。坂のさきに山がみえるのでバンフの町並みにも似ている。

だからロンズデールはサンフランシスコ+バンフの魅力を兼ね備えているのだが、観光客の姿は少ない。地元のニンゲンには居心地が良い。

ビールが好きな方へ:

市場まできたらロンズデール通りを登っていったらいい。うまいビール、うまいいピザを出すパブがふたつある。ベリーダンスやライブジャズをやってるレストランもある。

クリックすればおいしいビール
クリックしないとビール
↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164

| おのまのプロフィール | - | 09:43 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:43 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
元横綱と五輪代表選手について思うこと
インターネットが普及し、一般人が(自己満足的な)発言力を持つようになりました。 手にした発言力を最も心地よく行使できるのが「批判」ではないでしょうか。 表現の自由という普遍の権利を存分に行使でき、かつ世を憂うという大義名分を傘にあらゆることを「斬
| 関西人ブログ | 2010/02/13 1:33 PM |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters