木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 民の検事を懲役十年にせよ (知事抹殺 16) | main | カナダのテレビで節分風景が流れました ・ トヨタ車 >>
佐藤栄佐久の反撃がはじまった (知事抹殺・17)
検察&マスメディアのデタラメによって不当な扱いを受けたのは同じだというのに、佐藤優や鈴木宗男にくらべて佐藤栄佐久はなんとおとなしいのだろうと歯がゆく思っていたのですが、ようやく佐藤栄佐久の本格的な反撃が始まったようです。

知事抹殺シリーズで書いてきた事や小沢一郎に関わる報道を思い出しながら佐藤栄佐久の反撃をお読みいただき、あなたご自身のガッツフィーリングで真相をさぐりあてられることを期待しつつ全文を貼ります:


小沢氏の秘書、石川代議士の逮捕を受けて、私の事件に関しても多くのメディアで言及され、また直接取材も多数受けました。

もとより私は、金丸- 経世会体制には楯突き、真っ向から対立する形で知事になりましたので、その申し子たる小沢氏と特に親しくしていたわけでもありません。ましてや事件の背景に実際は何があるか、もしくはないのかは私は知る由もありません。

ただ、今回の事件で報じられている、(もしくは大手マスコミではあまり報じられないが、各所ブログなどで取り上げられていることから見え隠れする)のは、検察の手法は私が受けた経験と重なる部分が非常に多いということです。

私が逮捕された時の幹部検事が立場は変われど、また今回の逮捕劇に関係しているとのことで、文字通りひと事ではありません。

石川議員は1月16日に聴取に応じる約束していたにもかかわらず15日に突然逮捕されたとのことです。

私の場合は、自分は一切、疑惑として取りざたされていたことは行っていないので、まさか逮捕などされるとは思っていなかったということもありますが、ほとんど弁護士と相談する暇もなく突然呼び出され、逮捕されました。

毎日新聞に「今日逮捕へ」との予測記事が載った日の午後、家に検察から電話があり、地元のホテルの駐車場に呼び出されました。

それまでは一切、聴取なども受けていなかったので、参考人聴取だと思ってホテルに宿泊する準備をし、弁護士に「これから行ってきます」と電話で連絡したのですが、東京にそのまま自動車で移送され有無を言わさず逮捕されたのです。

「人質司法」という言葉があります。
逮捕・拘留は、逃亡、証拠隠滅の恐れがあるため、身柄を拘束することが許されるのですが、実際は弁護士という専門家の助言と情報を制限し、あらゆる手段を駆使して自分たちが組み立てた通りの供述をとるために利用されます。

突然の逮捕は、供述をコントロールするための第一歩なのでしょう。

真実を貫こうとしても、検察官の意に沿う供述をするまでは、決して保釈されません。弁護士との接見は平日に30分ほどあるのみで、検察官は拘置中、土日なく、早朝から夜半まで取調べを行います。検事が思う通りの供述が得られないと、娘が高校生になるまでここから出さない、県議、支持者を皆逮捕する、等と恫喝し、怒鳴り、机をたたき、背広を床にたたきつけたことを、弟は法廷で証言しました。

「これでは誰でも犯罪者にされてしまう」と。

その法廷で検事が証人の証言中に突然、派手に机を叩き、傍聴人も裁判官もその場にいた全ての人が肝を冷やしたことは先述のとおりですが、法廷内ですら相手を威圧する行動をとるのだから、これが密室だったらどれほどか、想像に難くありません。

私との接見の際、弁護士が「弟さんは判断能力が失われてきている」と伝えられたのを覚えています。連日、長時間の取り調べはそれ自体、精神と肉体を痛めつける物ですが、洗脳に近い効果があることを私自身も感じました。

任意の事情聴取も、密室で長時間拘束し、脅迫的、高圧的に供述を促す点では同じです。

「週刊朝日」で二週に渡り掲載されている記事によれば、石川議員に対しては、小さい子供がいる女性秘書は深夜まで事情聴取に呼ばれたら困るんじゃないか、と脅しながら供述を促したそうです。

そして、実際に「押収したものを返却する」名目で問題の事件の際にはまだいなかった女性秘書を呼び出して、突然被疑者として事情聴取をはじめ、子供保育園に迎えに行かなくてはならないと何度も訴えても、何時間も外部との連絡さえ許さず、深夜まで解放しなかったのだそうです。

時代劇の中にしか存在しないような卑劣な悪役のやり口です。
この記事が本当なら、まさに、「だまし討ち」であり、「監禁」であり、無辜の国民の生活と安全を脅かす不正義と言わざるを得ません。

私の事件でも、13時から参考人聴取が開始され、19時頃、突然「被疑者になった」旨伝えられて被疑者として調書をとられた方がいます。
これは違法だそうです。
弁護団が公判で指摘する予定だったところ、検察が証人を取り下げてきて、もめたことを覚えています。

他にも私の事件に関わる事情聴取のエピソードを幾つか挙げてみます。

ある会社社長はこう言われました。
「お前らが東京地検に喧嘩を売るなら、こちらも考えがある。
お前らみたいのはどうにでもなるんだぞ。お前には7年くらい入ってもらう。
出てきた頃は会社もなくなっているし家族もばらばらになり浦島太郎のようになるぞ。
そうならないためにも真実を話せ。」

知らない、というと
「お前の立場だったら知らないはずは無い。知らないのなら想像して言ってみろ
そして想像して言ったとしたら、どうなっていたのでしょうか。

私を支持してくれていた会社の経営者たちは、多数「会社をつぶすぞ、すぐにでもつぶせるのだ」という検事の言葉を聞いています。

経営をした方ならわかると思いますが、「お前の会社をつぶす」と言われたら、社員たちが路頭に迷わないように、何でも言うがままにならざるを得ないでしょう。国家権力であるだけに、暴力団より強力な脅しになるはずです。

また、ある後援会関係者は以下のようなやり取りをしたそうです。
「あなたが来ない場合は200人よびますがどうですか」
と電話で呼び出され

「いろんな事分かってるだろう、金のこと」
―― 一切知らない
「20年間支えてたんだから。わかってるんだろう 佐藤栄佐久はうそつきで…(罵詈雑言)…」
―― 栄佐久はすばらしいから20年間も支持してきたのだ
「とぼけるな。ふざけるなよ。 一つでもいいから(具体的に)悪いことをいえ」
―― しらない
「栄佐久の 悪いことを知ってるような人を一人くらい言え。しらないことでもいえ
「知らないこと知ってると言ってもこの部屋の中だけで外には出ない」
―― もし栄佐久がそういう人間であるなら県民を裏切ることになる
「『もし』だけ削除して調書作成していいか」

最後のやり取りは、いかにして検察官が供述を曲げて調書を作成するか明確に表しています。
この後援会の方はやり取りを詳細にメモに残していました。

最後に、
「あなたは私を人間としてみていない。
野良猫か野良犬としかあつかっていない。
人間として扱ったのか、野良猫として扱ったかったのかはっきり言ってくれ」
と言って最終電車で帰ってきたそうです。

「嘘でもいいから言え」「作ってでも言え」「想像でもいいから言え」「想像できないなら教えてやる」

検事から全く同じようなこの類の言葉を言われたということは、2,3人に留まらず身内含め私の事件で聴取を受けた多くの人から聞きました。日常的にこのような手法で供述を積み上げていくのでしょう。

妹は取り調べ中に倒れ、一時意識不明になりました。検察庁までタクシーで迎えをよび、病院の「救急救命センター」に入りました。

命の危険がありました。
通常ならその場で救急車を呼ぶ必要がある状況で、検察官は決してそれをしなかった。

私は被告人尋問で、その後妹から聞いた話を「人権を守るべき最後の砦の検察が人命までおろそかにしている」と申し上げました。

苦痛を与えて、強制的に自白させる拷問は古くから犯人探しの手段として用いられました。
近代では拷問は否定され、先進国では明確に法律で禁じられています。

何故かといえば、拷問、苦痛から逃れたいという一心から絞り出した供述は虚偽である可能性が高く、真実を追求するに当たっては、邪魔にしかならないからです。

中世の魔女狩りを見て分かるとおり、とでも書くことができればいいのですが現実は前近代的な、相手の人格を破壊することによって、望む供述を得ようとする精神的拷問は前述の通り今、起こっています。

一段落して取り調べを受けた皆さんの声を聞くにつけ、早く火を消してよかった、と本当に思います。

そのような人権を無視した取調べの結果、私の場合、一度も会ったことがないゼネコン幹部による、私が彼のことを「門さん、門さん」と呼んでいた、などという、「真に迫った」虚偽の話が生まれるのです。

そのゼネコン幹部とは法廷で「初めて」会うことを楽しみにしていたのですが、検察側は証人申請を何故か突然取り下げてしまいました。

※長くなりましたので続きを次回に書かせていただきます。佐藤栄佐久
http://eisaku-sato.jp/blg/

クリックすれば正しい裁判
クリックしないとの裁判
↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164

佐藤栄佐久・前福島県知事有罪 
http://onomar.jugem.jp/?day=20080812
まるで豚 横着横暴 日本の検察 (知事抹殺・1)
http://onomar.jugem.jp/?day=20091212
日本の検察 チンピラヤクザ いちゃもんつけるがメシの種(知事抹殺・2)
http://onomar.jugem.jp/?day=20091214
国策捜査は黒殺捜査(知事抹殺・3)
http://onomar.jugem.jp/?day=20091216
特捜 イコール 特高 イコール・・・(知事抹殺・4)
http://onomar.jugem.jp/?day=20091218
特捜 イコール 特高 (知事抹殺・5)
http://onomar.jugem.jp/?day=20091221
官僚に対してはシツコク反撃することが大事 (知事抹殺・6)
http://onomar.jugem.jp/?day=20091229
反撃するまで時間がかかる (知事抹殺・7)
http://onomar.jugem.jp/?month=200912
ヤメ検・宗像紀夫が弁護人である危うさ (知事抹殺・8)
http://onomar.jugem.jp/?day=20100108
こどもじみている検察およびメディア (知事抹殺・9)
http://onomar.jugem.jp/?day=20100116
鳩山首相は検察の可視化を指示すること (知事抹殺・10)
http://onomar.jugem.jp/?day=20100117
小沢一郎の事情説明(知事抹殺・11)
http://onomar.jugem.jp/?day=20100124
メディアという名の殺人者(知事抹殺・12)
http://onomar.jugem.jp/?day=20100125
小沢一郎の人柄・ガッツが暴くメディアの嘘(知事抹殺・13)
http://onomar.jugem.jp/?day=20100128
なんでためらう鳩山由紀夫(知事抹殺・14)
http://onomar.jugem.jp/?day=20100129
検察拘留を48時間に短縮せよ (知事抹殺・15)
http://onomar.jugem.jp/?day=20100131
民の検事を懲役十年にせよ (知事抹殺・16)
http://onomar.jugem.jp/?day=20100204



| おのまのプロフィール | 知事抹殺 | 07:59 | comments(2) | trackbacks(9) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 07:59 | - | - |
知事がんばれ!
| 県民 | 2010/02/05 9:51 AM |

佐藤栄佐久さんという骨のある人を卑劣な手段でもっと陥れたのは検察の大チョンボでしたね


| おのま | 2010/02/05 4:33 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/2948
共産党がわかる貴重なコメントをいただきました。
 雪らしい雪が、降ってから、寒くなりました。年内は、暖房なしで頑張っていた我が家
| ふじふじのフィルター | 2010/02/05 11:30 AM |
バンクーバー・オリンピックが開催される周辺の街の風景
Vancouver 2010 Olympics (Facebook)から、バンクーバー・オリンピックが開催される周辺の街の風景を紹介しよう。 The Village Square (Whistler) Coral Harb...
| カナダde日本語 | 2010/02/05 4:06 PM |
今回の騒ぎは、西松事件公判維持のためのものw
 ここ二三日、「 一年も、特定の議員(小沢氏)を追いかけて 」という記事や言葉をよく聞く。この言葉は、正しくもあり誤りであると自分は思っている。 ようは、 西松事件(大久保秘書の事件)は、未だに公判中 であるが、 西松本体の事件は「西松建設の全面的な降伏
| 雑感 | 2010/02/05 6:39 PM |
小沢氏「不起訴」と横浜事件「冤罪」
■本日は2つの画期的な出来事が報じられた。 小沢氏の不起訴と横浜事件の冤罪判決である。 しかしながらそこに突然、横綱朝青龍の引退とい...
| 人類猫化計画 | 2010/02/05 6:50 PM |
【下野なう惨経】鳩山政権は予算早期成立と「革命的」変革実現に向け邁進すべきだ!【世迷い言】
 所謂「西松問題」から約1年の長きに渡って続いた民主党小沢幹事長の失脚を狙った東京痴犬特騒部の暴走であるが、4日ついに 小沢幹事長は「不起訴」石川衆院議員等3名が政治資金規正法違反(虚偽記載)で起訴という事で一つの転換点 を迎えた。  国家公務員法違反
| ステイメンの雑記帖  | 2010/02/05 11:03 PM |
【祝!保釈】日本社会の「革命的」変革実現の為に先頭に立って闘って欲しい【犬察ファッショ】
 経済状況が一向に改善しない中、約1年間に渡って継続されてきた民主党小沢幹事長の失脚を謀った東京痴犬特捜部の暴走事件も一応一つの区切りを迎えた。  この間、2度の家宅捜索や水谷建設元会長の証言、さらには情報リークや人権無視の恫喝聴取などありとあらゆる
| ステイメンの雑記帖  | 2010/02/05 11:04 PM |
厚生労働省現役官僚の告発〜専門能力もなく、保身のためにゴマカシを続ける官僚
現役の厚生労働省キャリア技官が、厚生労働省の無能・無策ぶりを追及している。 木村盛世オフィシャルWEB ...
| 日本を守るのに右も左もない | 2010/02/09 12:26 AM |
日本の生産力を支えてきたのは、エリートではなく大衆だった
2010年02月21日「戦前から顕在化していた、詰め込み教育の弊害」から続く。 『るいネット』に「官僚は優秀ではなく、運が良かっただけ その1」「同 その2」という投稿がある。 日本の高度経済成長期には目標が明確だったので、無能でも官僚は務まったということだ。
| 日本を守るのに右も左もない | 2010/02/23 9:53 PM |
6864 嘘でも(作ってでも、想像でも、想像できなば教えたる)いい 聴取されたは 多人数 日常的な 手法蔓延/検察官 意識不明の 妹の 救急車ではなく 迎え呼ぶだけ
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。
| アルデバランの 夢の星 | 2010/04/23 12:49 PM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters