木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< コメントコメント@鈴木宗男 | main | 法務委員会での質疑風景 >>
林雨 第五十回 サラ・デービス・ビュークナー
 

林雨 第五十回 サラ・デービス・ビュークナー 小野冬生

http://www.japancanadajournal.com/  


正月から政治経済の話は重たいかなと考えていたところに編集長さんから電話がかかってきて、身辺雑記のようなものを書いてくださいと云われました。五十回もつづくとテレパシーが通じるようです。

 

そういうことなので今年のえとに関する話でもしましょう。

 

トロントにはトロント猛虎会という阪神タイガースのファンクラブがあり「マスコミが書かなかったこと」を連載されている足立誠之さんもメンバーだったそうです。会員数が百五十名といいますから大変なものです。ことしは格別に盛り上がることでしょう。

 

サラ・デービス・ビュークナーというピアニストをご存知でしょうか。チャイコフスキー・ピアノ・コンペで三位、ジーナ・バッカウアー・ピアノ・コンペで優勝するなどの経歴があるアメリカ人ですが、三年まえからバンクーバーに居を構えて活動しています。

 

狭いバンクーバー、筆者はサラと顔なじみになり我が家、知人宅、日本食レストランで一緒に飲む仲になりました。

 

彼女は並みの名演奏家とひと味違うような気がします。ピアノ協奏曲のレパートリーが百あるというだけでも凄いのですが、有名な曲だけを演奏するのではなく、新人の作品や埋もれている名作を探し出して演奏しています。

 

これほど繊細に弾くピアニストも珍しいと感じ入ることがあると思えば、ワオ、この人は合気道でもやっているのだろうかと目を丸くしたこともあります。ラフマニノフを演奏したときにはフルサイズのグランドピアノが床から浮かびあがり、とびはねていました。ピアノをガンガン鳴らすので有名な山下洋輔もマッツァオ。

 

ニューヨークが長かったせいかどうかは分りませんが、サラの弾く「ラプソディ・イン・ブルー」はガーシュインが乗り移ったのではなかろうかという絶品です。

 

昨年から日本に腰をすえて活動しているサラが一月十五日に北バンクーバーから六十キロ北にあるスコーミッシュにやってきて演奏しました。

 

プログラムの中にジャレッド・ミラーという二十一歳の大学生の作品がありました。超絶技巧を要する「インスティンクト」はいずれ有名になるかもしれませんが、初演はサラです。

 

1920年代のポピュラー六曲をサラが編纂、編曲した「シックス・フォックストロッツ」は実に楽しい演奏でした。約百人の客のなかでバンクーバーから押しかけたのは筆者だけ。もったいない。

 

この日のプログラムには日本人の作品もありました。これはユーチューブで聴くことができます。

http://www.youtube.com/watch?v=_mo7gtcF-KI

サイトが見つからない場合は「Sara Davis Bueckner 動画」 でググってください。

 

ここまで読まれてサラと虎と何の関係があるのだと思われた方は注意力抜群。

 

サラは先年甲子園球場で阪神タイガースの試合をみたとかで、そのときの熱気が気に入りタイガースのファンになったのだそうです。

 

プログラムの最後にこうありました:ビュークナーはヤマハピアノの愛好者である。彼女は日本語の読み書きができ、大阪在の阪神タイガースチームの名誉メンバーである。

 

2010年1月17日(日) @ 北バンクーバー

クリックすれば虎になる
クリックしないと豚になる
↓ 
http://blog.with2.net/link.php?310164

昨日は前日の半分千人強の訪問となりました

クリックしたひとは四人にひとり

前日の十人にひとり弱にくらべてグンと増えました

訪問者:  555 2128 1181
クリ人:  96  260 309

昨日は「読者の大半が小沢ニクシ、検察を支持するということかもしれません」と書きましたがそうでもないようです

携帯電話ではクリックできないというコメントをいただきました。そうとは知りませんでした

| おのまのプロフィール | 政治経済 林雨編 2 | 00:54 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:54 | - | - |
あたしの携帯ではクリックできるのですが、何故だか「林雨」だけは、毎回携帯では「未対応です」と見ることができません。
| 美樹 | 2010/01/19 3:45 AM |

サラさんのピアノ、面白いですね。
愉快に聞かせていただきました♪
| ちぎ | 2010/01/20 12:50 AM |

●ブログのサイトは規格がバラバラでここからもアクセスしにくかったり重かったりするのがずいぶんあります。美樹さんのサイトも以前のサイトに比べるととても重くなっています。当方のPCのキャパのせいもあるのでしょうが

●サラは実力の割には知られていないのですが、その辺の事情をいつか書くかもしれません。これからドンドン知名度が高くなっていくことを期待しています


| 魔 | 2010/01/22 10:49 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/2925
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters