木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 相性のよい植物 | main | ご近所のクリスマス飾り >>
スキー三日目 ボールクラブ
 十二月八日(火)

快晴 

朝八時、グラウスの気温をみると零下十度とあった。日曜日は零下二度でも寒かったので畏れをなし暖かくなるのをまった

いつもより重装備をしてでかけた。十一時、駐車場でことしからボールクラブの会長になった松井さんに会った。九時から滑って帰るところだ、クラブのメンバーは誰もいなかった、こんなスキー日和にもったいないと言った

ボールクラブのボールとは BALL で Be Active Live Long 活発に動き長生きしよう という意味だそうだ

1991年からあるクラブでホームページをつくったり、何十人も列になって滑ったりと活発だったが主要なメンバーが亡くなったり病気をしたりで2000年から不活発になったようである

おのまが北バンクーバーに来たのは2001年の末、スキーを再開したのが2005年の一月。ほとんど一人で滑っていたのだが、2007年の春だったろうか、グラウスで日本人のスキーヤーが数人一緒にいるのをみつけて話をしたり写真を撮ったりした。あとで知ったのだがボールクラブの残党(笑)であった

2008年の春、ボールクラブを復活するから入らないかと誘われた。会費も会則もなく従って拘束されることがないというので入会した

会費や会則のある団体の行事は運営メンバーのキャラのせいでしゃっちょこばったり、窮屈だったりするのが多くできるだけ避けているが、ボールクラブの食事会には四回出席した。毎シーズンの初めと終わりに一回ずつある。

先月おこなわれた食事会で松井さんがあたらしい会長に選ばれた。前会長は発足以来、すなわち二十年のながきに渡って会長をつとめたのだが数年前から体調不良でスキーをやめていた由

松井さんは形式的なことを好まないらしく、会長ではなく世話役という名前にして欲しいと言った。世話役では貫禄がない、顔役ではどうかとからかった。結局会長に落ち着いた

スキー三日目にもどる

ゲレンデの気温は零下六度だったが風がほとんどなく、リフトに乗っているあいだに体が冷えることもなかった。零下二度・強風の日曜日にくらべて断然楽だった。雪質は相変わらず良い。人工雪の滝もなく快適

四本目をすべりおわり、リフト乗り場の近くにきたときに後ろからスキーヤーがつっこんできた。よけようとしたが一瞬の差で間に合わず転倒した。五メートルほど先に中年のアジア人♂が倒れていた

高速道路の出口が狭いのと同じで、リフト乗り場は広いゲレンデから急に狭くなるところだ。速度を落とすのが道理であり、スローダウンというサインもある。それでも速度をおとさずつっこんでくるのが百人に一人くらいいる

むしゃくしゃした気分を振りきろうと五本目、六本目はガンガンとばして滑った。左の股の付け根が痛くなった

この日はあまり写真を撮らなかった。数枚とったなかで一番良かったのがこれ



クリックすれば宙をとぶ

http://blog.with2.net/link.php?310164




| おのまのプロフィール | スキー | 02:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:19 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/2878
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters