木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< シンクロ 2月27日 & 11月8日 | main | 在アフガン米大使が増軍に反対 >>
コメント @ アフガン問題
「アフガンに関するNATOの本音」

http://onomar.jugem.jp/?day=20091030

に寄せられたコメントに対するおのまのコメントを書きたいのですが、書くととても長くなります。しいて短くしようとすると中途半端になります。いずれにせよ、読むに耐えないものになりそうです。

,箸いΔ海箸如コメントを読んでいて印象の強かった個所を赤でハイライトするだけにとどめます。皆様、ご自身のコメントをお考えください。

∩芦鷯匆陲靴燭里魯疋ぅ弔離轡絅圈璽殴觧罎任靴燭、11月10日にはイギリスのガーディアン紙が同じような論説を載せていました。

産経・朝日・NHKだけで世界がわかっちゃう人には参考になるかもしれませんが、木霊の読者にはなんということのない内容です。

論説に寄せられたコメントのいくつかを一部和訳付きで貼ります。ヨーロッパの大衆もこんなことを思っているのだと感じて頂くだけで結構です。

アフガンで戦っている欧米連合軍を欧米の大衆が支持していないことを見ようとしない日本の報道、外交関係者、逝ってよし。

インド洋上給油活動を停止することにした民主党、自信もってよし。


何事も、己が言い始めたこと、やり始めたことに対して、退くタイミングは難しいみたいですね。
自分達にしろ、相手のほうにしろ、何かが交代した(変わった)時期が絶好のチャンスだと思いますが、他人から見たら馬鹿馬鹿しいとしか思えない、妙なプライドや意地だけは引き継いじゃうのでしょうかねえ。
| 美樹 | 2009/10/30 11:56 AM |

イラク戦争の動機はオイルと誰もが知っています。
サダムオイルを仏・独・中から奪い中国がEUに接近するのを米国はイラク戦争によって妨げました。

タリバンの資金源はアヘンだと知っていながらなぜ英米はオピアムをタりバンが2001年にしたように撲滅できないのか?

何故ならタリバンがアヘンを撲滅したことがアフガン戦争の引き金になったらからです。
ヘロインの売り先はイギリスを初めとした欧州・ロシアです。
ヘロイン消費国は違法ヘロインの供給をタリバンに頼っている為タリバンを撲滅出来ないとの理由があります。

米国を攻撃したのはアルカイダでタリバンではない。
そのアルカイダの頭領と目されるオサマ・ラデンはアフガンにいないとされています。
タリバンはアフガンの国内問題でしか過ぎません。
その際タリバンが如何に反米であっても米国はアフガンに駐兵の理由はなく、欧米がヘロインの為にタリバンを必要とするのであれば20年経っても米兵はアフガンに駐兵していることでしょう。
何故なら米国はタリバンのアヘンの取り扱いを信用していないからと思います。
| tomtom | 2009/10/30 1:22 PM |



        10 Nov 2009, 10:06PM
      I worry for the women and children if we leave. 撤退したら女子供が心配

      10 Nov 2009, 10:17PM
      Freedland:
  • And with Afghanistan there is so much we have forgotten. "There is no sense that we sought to crush and dominate this country throughout the 19th and early 20th centuries," says Dan Plesch, director of the Centre for International Studies and Diplomacy at the School of Oriental and African Studies. "We have no memory of that ? but the Afghans do."

    ..as does anyone who's ever watched Carry On Up the Khyber.

    On a more serious note: the public have been told so many conflicting explanations as to why 'we' are in Afghanistan, and that victory (or whatever) is just around the corner, then when faced with Karzai's theft of the election, and the likelihood that the soldiers will die because the Taliban keep attacking them, which is then used to continue their presence in the country in the first place, sparing the blushes of the government (and the opposition) becomes more important than either coming up with a political settlement that works or withdrawing altogether.

    なんで我々がアフガンにいないといけないのかについて大衆はいくつもの矛盾する説明を聞かされてきた、カルザイの不法選挙では勝利が近いと云われた、タリバンによって兵士が殺されるだろうから駐留しつづけないといけないという、政府はメンツにこだわるから(タリバンとの)政治和解をするか全員で撤退するかを決められない

    10 Nov 2009, 10:23PM

  • I worry for the women and children if we leave.

    Well, Most Guarandistas wont worry at all.
    Never mind the fact that the Taliban are a Pashtun centered movement. If there was withdrawal it would be civil war again. North Vs. South. But i suspect even giving arms to the Northern ethnic groups to defend themselves against Pashtun dominance would count as "imperialism" in some peoples estimation. I just think that the West is learning about Pakistan what India has known for the last 60 years.

    部族の長たちは女子供のことなど心配していない。撤退すれば内戦が再開される。西洋が今パキスタンについて学び始めたのはインドが六十年まえから知っていることである

    10 Nov 2009, 10:24PM

  • Did someone forget that the 9/11 terrorists were not Afganis or Iraqis, but Saudis !!! (or most of them anyway). Invading Afganistan was an act of sheer folly. Until the Israel / Palestine tragedy is sorted, which judging by Israel's ongoing aggression is not likely end soon. We are unlikely to see the hatred of the West which breeds terrorism, diminish.

    911のテロリストはアフガン、イラクではなくサウジであった。アフガン侵攻はまったくアホなことであった

    http://onomar.jugem.jp/?day=20091110


    クリックすれば事実がわかる
    クリックしないとブ●になる

    http://blog.with2.net/link.php?310164


    ガーディアン紙の論説とコメント


 http://www.guardian.co.uk/commentisfree/cifamerica/2009/nov/10/coffins-conquer-amnesia-afghanistan

| おのまのプロフィール | 政治経済 | 01:13 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:13 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/2847
核抜き本土並み返還を真剣に考えていたのか
  普天間基地移設に関して、鳩山内閣は明日の米オバマ大統領との会談では踏み込まないとの報道がなされている。もっともシンガポールで行われたクリントン・岡田の日米外相会談では「 普天間の早期決着で一致 」との報道もなされている。 最後は、「私が決めます」 と
| 雑感 | 2009/11/12 9:08 PM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters